キーワード
動画種別


質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


研修の提供

カテゴリー
閉じる
カテゴリーチャンネル
総務/リスクマネジメントセミナー 一覧 件数:183
2024/09/04(水) 10:00 ON AIR
海外子会社における不祥事の初動対応の実務ポイント
2時間0分 ライブ配信: 2024/09/04 10:00~12:00
【開催にあたって】 海外子会社における賄賂、横領、会計不正、カルテル、税務調査、労働問題といった不祥事は、海外の当局による制裁やレピュテーションの棄損等のリスクがあり、海外子会社だけでなく、本社にも甚大な影響を及ぼす可能性があります。 そして、昨今の国際的な人の往来活発化により、新型コロナウイルスの影響による海外との往来の制約によって表面化してこなかった海外子会社における不祥事が明るみに出てきています。このような海外子会社における不祥事については、平時において海外ガバナンスを構築・運用をするとともに、不祥事が発生した際の初動対応が肝となります。 そこで、本セミナーでは、海外子会社における不祥事の傾向と背景事情を整理の上、海外贈賄のケーススタディも交えつつ初動対応のポイントを具体的に解説します。また、海外子会社における不祥事の予防を見据えた海外ガバナンス構築の留意点も紹介します。
ivYrHXeb
質問OK 初~中級者向け [N]
29,700 (税込)
2024/09/05(木) 14:00 ON AIR
優越的地位の濫用規制・下請法のコンプライアンス
3時間0分 ライブ配信: 2024/09/05 14:00~17:00
【開催にあたって】 近時の原料価格の高騰や労務費の上昇を受けて、内閣官房を中心に「パートナーシップによる価値創造のための転嫁円滑化施策パッケージ」が取りまとめられ、そのなかでも独禁法上の優越的地位の濫用規制や下請法の運用を強化していくことが明記されています。公正取引委員会は令和5年12月27日に「独占禁止法上の「優越的地位の濫用」に係るコスト上昇分の価格転嫁円滑化の取組に関する特別調査の結果について」を、中小企業庁も令和6年1月12日に「価格交渉促進月間(2023 年 9 月)フォローアップ調査結果」を公表していますが、価格交渉等への対応や価格転嫁が不十分とされた発注側の企業はその旨が社名を含めて公表されています。 優越的地位の濫用に関しては、違反事件の調査のほか、様々な業界に対する実態調査報告書のなかで優越的地位の濫用として問題となる行為が指摘されています。下請法違反事例への指導件数は減ることはなく、有名企業による大規模な違反事例が勧告の対象となり大きく報道される等、今後も積極的な法執行がなされることが見込まれます。 本セミナーでは、公正取引委員会での勤務経験を有する講師が、これらの規制の近時の動向を踏まえて、違反の未然予防や調査対応において、企業において特に留意を要する点について解説します。
ivzDKJVA
質問OK 初~中級者向け [N]
41,800 (税込)
2024/08/28(水) 13:00 ON AIR
中国個人情報保護法、GDPR、その他各国法における個人データの海外移転
4時間0分 ライブ配信: 2024/08/28 13:00~17:00
【開催にあたって】 ベトナム、インドネシア、インドで個人情報保護法が制定し、韓国では改正法が成立するなど、各国で個人情報保護法の制定・改正の動きが相次いでいます。また、中国やベトナムでは、越境移転についてのアセスメント(PIA)や当局への届出が必要になるなど、規制が強化されつつあります。 本セミナーでは、中国、アジア諸国、日本、GDPR(EU)、米国各州の法制度を前提に、日本本社と各国の取引先、現地法人との個人データのやりとりに関する実務のポイントを解説します。
ivyYFBWb
質問OK 初~中級者向け [N]
41,800 (税込)
2024/10/16(水) 13:00 ON AIR
内部監査の実効を上げる『内部監査インタビュースキル』養成基礎講座
4時間0分 ライブ配信: 2024/10/16 13:00~17:00
【開催にあたって】 内部監査インタビューは、内部監査担当者が必要とする情報を適切に入手するという目標を達成するために行うコミュニケーションの一形態です。 本講座では、その目標達成のために、心理学、カウンセリング、組織開発等における各種コミュニケーション専門技法を学び、また実際の内部監査インタビューを想定したロールプレイを体感することにより、今後の内部監査活動に活かすことを目指します。
ivBdQGTd
質問OK 初~中級者向け [N]
41,800 (税込)
2024/08/07(水) 14:00 ON AIR
営業秘密と競業避止義務にまつわる実務
3時間0分 ライブ配信: 2024/08/07 14:00~17:00
【開催にあたって】 会社にとって重要な情報やノウハウに相当する営業秘密ですが、近年では転職が当たり前となり、転職者により営業秘密が他社に漏れてしまうリスクも少なくありません。営業秘密を守るために何も対策を打たなければ、会社に大きな損害がもたらされかねません。 営業秘密を守るための有効な対策の一つが、退職者へ競合他社への転職に一定の制限を設ける競業避止義務となります。一方で、従業員には職業選択の自由があり、際限無く転職を制限すると無効となってしまうため、退職者との間に新たなトラブルが生じかねません。 本セミナーでは、営業秘密の第一線で活動し、精通している弁護士が、営業秘密関連法令から、営業秘密を守るための競業避止義務の設定等の実務、実際に起きた最新事例を解説していきます。
iviOeuyZ
質問OK 初~中級者向け [N]
41,800 (税込)
2024/09/03(火) 14:00 ON AIR
DX時代の企業不祥事におけるフォレンジック調査の最前線 ~フォレンジック調査の活用について、不祥事類型に応じた解説をいたします~
3時間0分 ライブ配信: 2024/09/03 14:00~17:00
【開催にあたって】 昨今のビジネス環境におけるDX化は著しいものがあります。以前は会社貸与PCと社内ファイルサーバが企業不祥事発生時のフォレンジック調査対象になることが一般的でしたが、現在ではテレワークの普及に伴う様々なクラウドサービスの導入や、企業が把握できていないシャドウITや個人アカウントによる無断クラウドサービスの利用、私用スマートフォン等の個人端末が利用されているケースも増えており、企業不祥事発生時のフォレンジック調査対象範囲の広まりやデータ量の増加という傾向があります。そのため平時からの予防策の導入や、多種多様なデータに対するフォレンジック調査技術を活用することが重要になっています。 そこで本セミナーでは、大井哲也弁護士、戸田謙太郎弁護士が最近の企業不祥事の実情やその防止策について解説します。またフォレンジック・エンジニアで公認不正検査士である安島健太氏が様々なユースケースを用いて調査におけるフォレンジック調査技術の活用についても解説します。
ivml33T5
質問OK 初~中級者向け [N]
41,800 (税込)
2024/09/11(水) 13:30 ON AIR
中国「商業賄賂」を発見する監査とコンプライアンス体制構築のポイント
3時間30分 ライブ配信: 2024/09/11 13:30~17:00
【開催にあたって】 中国市場でビジネスを優位に展開したい日系企業にとって、現地取引先へのリベートや、帳簿に未記載の値引き行為などが「商業賄賂」と見なされ、摘発されるリスクが高まっています。 特に近年、中国当局は汚職腐敗に対する取締りの強化・厳罰化を進めており、外国企業の摘発事例も増加していることから、今後はより一層の注意が必要です。 本講座では、中国「商業賄賂」をめぐる動向・法規制の概要を整理した上で、賄賂行為の発見に有効な現地法人への監査の具体的な進め方(書類調査・ヒアリング調査)について、実際に発見された違反事実の例なども挙げつつ解説していきます。 更には、行動規範基準(マニュアル)の制定や内部通報制度の構築・活用など、賄賂行為の防止・発見策として整備すべきコンプライアンス体制のポイントや、万が一当局の立入調査を受けた際の有事対応についても、併せて検証していきます。
iv05qb6b
質問OK 初~中級者向け [N]
41,800 (税込)
2024/08/21(水) 13:00 ON AIR
改訂内部統制基準におけるIT統制評価 ~システム管理基準の活用とサイバーセキュリティ対策~
4時間0分 ライブ配信: 2024/08/21 13:00~17:00
【開催にあたって】 昨年4月7日、金融庁の企業会計審議会総会の決定を受けて、「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準(内部統制基準)」並びに「財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準(内部統制実施基準)」の改訂が公表されました。その後8月4日、日本公認会計士協会より「財務報告内部統制監査基準報告書第1号 財務報告に係る内部統制の監査」の改正が公表されました。一方、4月26日、経済産業省公表の「システム監査基準」及び「システム管理基準」が改訂され、8月10日、日本システム監査人協会より「システム監査基準ガイドライン」及び「システム管理基準ガイドライン」が公表されました。 そこで、本セミナーでは、改訂された内部統制基準・内部統制実施基準及び日本公認会計士協会の監査基準報告書・実務指針を踏まえて、IT統制の整備・運用とその評価の方法について解説するとともに、IT全社的統制及びIT全般統制における改訂「システム管理基準」の活用方法について説明し、サイバーセキュリティ対策との関係についても重点的に取り上げます。是非この機会に関係各位の積極的ご参加をおすすめいたします。
ivoDEhqb
質問OK 初~中級者向け [N]
41,800 (税込)
2024/09/09(月) 13:00 ON AIR
監査スタッフのための『データ分析を活用した不正発見』入門
4時間0分 ライブ配信: 2024/09/09 13:00~17:00
【開催にあたって】 内部統制の整備、コンプライアンス研修の実施等、各企業において様々な施策が行われて久しいですが、一方で、毎日のように経営者、管理職、一般社員など各階層における不正が発覚し報道されています。 本セミナーでは、不正が行われてしまった際の早期発見にフォーカスし、『経営者・役職者による不正』、『従業員による不正』それぞれの特徴、発見方法について、IT活用、データ分析の視点も取り入れ、平易に解説いたします。 また、セミナー後半では、実務にお役立て頂けるようにワークを挟みます。その際に、講師とコミュニケーションを取る機会がございます。オンライン受講の方はお手数でございますが、ミュートを外してご参加くださいませ。
ivmMGNfc
質問OK 初~中級者向け [N]
41,800 (税込)
2024/07/22(月) 14:00 ON AIR
下請法の最新事情を徹底解説!~公取委発表や最新事例を中心に対応の勘所を解説~
2時間0分 ライブ配信: 2024/07/22 14:00~16:00
【開催にあたって】 近年、公正取引委員会は、中小事業者の取引公正化に向けた取組の一環として、下請法の執行を強化しています。 その結果、公正取引委員会の発した勧告の件数は令和5年度がここ5年で最も多く、令和6年度もハイペースで勧告がなされています。 そこで、令和6年6月5日に公取委が公表したばかりの令和5年度の下請法の運用状況を分析し、近時の下請法執行の傾向を明らかにしていきたいと思います。また、令和5年度の勧告事例には、違反行為の概要を極めて詳細に公表された事件や関連する業界団体に対する周知・啓発活動に波及した事件もあるため、最新の事例解説も行います。
ivQbARDr
質問OK 初~中級者向け [N]
29,700 (税込)