キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


研修の提供

カテゴリー
閉じる
特許/知的財産セミナー 一覧 件数:5
2024/04/09(火) 10:00 ON AIR
基礎から応用にかけて学ぶ パテントマップの考え方・作り方・戦略活動への展開
7時間0分 ライブ配信: 2024/04/09 10:00~17:00
【開催にあたって】 特許情報解析は、これまで特許マップを使った手法を中心に解析が行われてきており、業界の技術トレンドや各社の特徴を見つけ出すため、有効に活用されてきました。そして、昨今もIPランドスケープ等に見られるように、その活用法は益々発展したものとなってきています。 本セミナーでは、基本となる特許マップ作成とその活用ノウハウを具体的実例を交えてご紹介いたします。さらに研究・開発等に携わる皆様に役立つよう、ミクロマップの作製方法を通じて、研究テーマの創出、事業戦略に整合した知財戦略の策定、楽なマップ更新の仕方そして関係部署を巻き込んだ活動体制の作り方など具体的事例を用いて習得していただく予定です。 【ご参加者様の声】 ・作成すべきマップと作成時間が明確になった。 ・特許検索まではできるが、データベース作成・マップ作成を体系たてて行えていなかったので、どのようにすれば新規テーマ発掘・事業に役立てられるか分かった。 ・ミクロマップの作り方・活用の仕方が参考になった。 ・パテントマップの種類や意味、作成後の流れ、知財部やその他部署とのディスカッションの重要性が参考になった。
ivAoKwLb
質問OK 初~中級者向け [N]
48,400 (税込)
2024/04/11(木) 14:00 ON AIR
AIの自然言語処理技術の基礎理解と特許文書データの分析
2時間30分 ライブ配信: 2024/04/11 14:00~16:30
本講演では、AIの自然言語処理技術を応用して特許文書データからインサイトを導き出す新たな分析手法とその事例を紹介します。 本講演は、理論編、実践編、応用編の3部構成となり、理論編では、特許文書の分析で用いられるテキストマイニングと自然言語処理技術の基礎について、トピックモデルやChatGPTに代表される大規模言語モデルなど、各種技術を体系立てて解説します。 さらに、従来のテキストマイニングに加え、トピックモデルのPLSAと確率的因果モデルのベイジアンネットワークという2つのAI技術を応用して開発した、Nomolyticsという新しい分析手法を紹介します。 実践編では、そのNomolyticsを特許文書データに適用した分析事例を2つ紹介します。応用編では、トピックモデルのPLSAを更に進化させ、より深いインサイトの獲得を狙って開発したPCSAとdifferential PLSAという手法についても紹介します。
ivfcuqBb
質問OK 初~中級者向け [N]
41,800 (税込)
2024/03/27(水) 10:00 ON AIR
知財・調査分析担当者/サーチャーによる研究開発促進 ~生成AIと特許情報の活用法~
7時間0分 ライブ配信: 2024/03/27 10:00~17:00
2017年のIPランドスケープ導入以降、知財・情報調査分析部門は、権利観点と事業観点の両方からの情報活用を求められています。生成AIは、この要求に応えるための大きな武器となりますが、効果的に活用するための知識・スキルが必要です。 本セミナーでは、知財・調査分析担当者/サーチャーが、研究開発促進や新テーマ創出を進める技術者や事業担当者に対して、事業観点で効果的に支援・貢献していくために必要な、基本的な考え方と具体的な手法、スキルの習得方法について、以下の観点から解説します。 ・知財・情報調査分析における基本・実践情報リテラシー ・事業観点で価値を創出するためのフレームワーク(問題・課題分析、技術の構造化) ・生成AIと特許情報の実践的な活用方法 また、これらを踏まえて、用途探索、課題解決(発明創出)の実践事例を紹介します。最終セッションでは、サーチャーの実際の声をもとに、将来の調査分析業務の新たな可能性について展望します。
ivE9Yddn
質問OK 初~中級者向け [N]
46,200 (税込)
2024/02/28(水) 10:00 ON AIR
特許情報の見える化:知財担当者が推進するR&D戦略
7時間0分 ライブ配信: 2024/02/28 10:00~17:00
知財・調査や企画部門にとって、技術動向や市場ニーズを反映したパテントマップは、R&D部門の戦略策定や新規事業開発などを支援するための重要なツールです。 しかし、実際には、パテントマップが役立たないという声が多く聞かれます。その主な原因は、目的と仮説が不明確であること、そして、分析の基本的な考え方を十分理解していないことにあります。 このセミナーでは、これらの問題を解決するために、「情報の見える化・構造化」という情報分析の基本を理解することから始めます。これにより、分析思考力を習得し、パテントマップの実用性を高めことができます。次に、統計解析型と内容解析型の二種類のパテントマップの具体的な活用方法を学びます。統計解析型パテントマップは、特許の件数を可視化して技術開発の方向性判断に役立てるものです。内容解析型パテントマップは、技術や市場ニーズなどの内容を可視化し、新しいテーマや課題の発見に活用します。最後に、ChatGPT等の生成AIを活用したスキル向上方法についても解説します。
ivOxuVQq
質問OK 初~中級者向け [N]
46,200 (税込)
AI関連特許の動向
2時間48分 視聴期間: 14日 (7日以内に視聴開始)
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
iv0DfkZG
すべての方向け []
33,000 (税込)