キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
カテゴリーチャンネル
総務/リスクマネジメントセミナー 一覧 件数:83
中国における与信管理、債権回収の実務 ~日系企業としてやるべきことは何か~
3時間0分 ライブ配信: 2022/11/07 14:00~17:00
自社の成長の柱の一つとして、中国市場における事業の成功は重要であると考えている企業は少なくないと思います。そのような中で、与信管理、債権回収の実務を把握し、日系企業としてやるべきことを知っておくことが重要です。本セミナーでは、中国の法律実務、調査実務の経験を数多く有する講師が、単なる法律論だけでなく、現場の実務に基づく具体的で実践可能な対応方策案をわかりやすく紹介いたします。本セミナーで、与信管理、債権回収に関する基礎知識を学び、中国で安心して事業を行い、利益を生み出すためのポイント習得を目指しませんか。
ivOITzwj
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
海外子会社におけるリスクマネジメントへの具体的実践策
4時間0分 ライブ配信: 2022/11/07 13:00~17:00
海外子会社における違法・不正行為のリスクは「機密情報・個人情報の漏えい」「現地子会社における差別的取扱い」「現地公務員との癒着・贈賄」「現地同業者とのカルテル行為」など多岐にわたっており、海外子会社ひいては日本の親会社の利益を守るためには、適用される法規制の要点を押さえたうえでケースに応じた実践的なアプローチを適切に行うことが重要となります。本セミナーでは、グループ・ガバナンスの強化に関する近時の動向を踏まえ、リスクベース・アプローチの考え方を活かして海外子会社管理を維持・向上させ、グループ・ガバナンスを強化するための実践策を、法務面・労務面から豊富な事例を交えて分かりやすく解説致します。
iv4bkxgc
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
-今まで誰も語らなかった- 経営目線で再整理するコンプライアンス
3時間0分 ライブ配信: 2022/10/18 14:00~17:00
<セミナーのゴールと方向性>・経営目線でコンプライアンス戦略を考える 従来のコンプライアンスのアプローチを点検見直し・よくある弁護士・学者が語る単なる法律・ルールの話ではなく経営/組織運営目線からコンプライアンスの実践の効用の確認・今般経営が求められているサステイナブルな企業活動の継続・サステイナブルな組織の創出にプリンシプル・経営理念(M2VP)とシンクロさせて論理展開・セミナーを通じて経営戦略としてのコンプライアンスの重要性・必然性に気付いて頂き、日々の事業活動に役立てて頂く
ivpYttpb
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
“トレードオフ”されるコンプライアンス
4時間0分 ライブ配信: 2022/11/04 13:00~17:00
多くの企業において、コンプライアンスへの取組みに十分な時間や労力をかけているにも関わらず、不祥事の発生が後を絶ちません。企業は、事業を遂行しながら利益を追求していくために、絶えず、必ずしも達成が容易ではない目標(タスク)をどうにかして達成しようとするものですが、何かを達成するためには、必ず何かを犠牲に(=“トレードオフ”)しなければならないのも事実です。本講座では、それら犠牲になっているものが、結局最後は「コンプライアンス」に関するものに行き着くことが多いことに着目し、不祥事が発生してしまうメカニズムを、“トレードオフ”というキーワードをもとに、具体的な事例も挙げながら解明していきます。更に、コンプライアンスがトレードオフされないために、企業として短期・中長期的に意識し、見極め、実践すべきことを検証します。講師(梅林弁護士)が提唱する、『常識のズレ』が引き起こす組織不祥事の考え方に加え、企業不祥事を読み解くもう一つの視点として、今後のコンプライアンスへの取組みにご活用いただきたく存じます。
ivyDmDnc
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
内部統制報告制度への対応の高度化・効率化 ~「このままでよいのだろうか?」と感じた方へ~
3時間0分 ライブ配信: 2022/10/31 14:00~17:00
内部統制報告制度への対応に携わる中で、「このままでよいのだろうか?」と感じたご経験はありませんか。とはいえ、どこを目指して、何から手をつけてよいかわからない方が大半なのではないでしょうか。本講座では、「基礎編」で内部統制の本質を再考し、「理論編」で内部統制報告制度への対応の高度化・効率化について体系的な整理を試みます。そして、「実践編」では、具体的なケースも紹介しながら、どのように高度化・効率化を進めていけばよいかというアプローチを考えていきます。
ivzQ6mw6
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
監査役・内部監査人のための会計監査の基礎知識
4時間0分 ライブ配信: 2022/10/26 13:00~17:00
監査役や内部監査人にとって、会計監査の理解は必須事項です。実際に会計監査を実施しなければならないこともありますが、「経理経験もないのに、どのように監査を行ったらよいかまったくわからない。」という声がよく聞かれます。会計監査である以上、会計や内部統制の知識は当然必要ですが、複雑な会計基準や簿記の知識が今はなくても、実効性のある会計監査を行うことは可能です。本セミナーでは、会計監査を行う上でどのような視点が必要か、また具体的に何を行えばよいのか、等の基礎について学んでいただきます。
ivhaL3qb
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
一流のリーダーがやっているハラスメントの壁
2時間39分 視聴期間: 14日 (7日以内に視聴開始)
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来26年以上法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
ivnbF9Ab
すべての方向け
33,500 (税込)
経営に資する内部監査の指摘と改善提案の進め方
3時間30分 ライブ配信: 2022/10/17 13:30~17:00
経営に資する内部監査の価値は、監査の結果報告と併せて提示される指摘事項・改善提案の出来栄えによって決まる部分が大きいと思われます。この価値を高めるには、こうした個々の指摘・提案事項の捉え方や書き方を工夫することが重要です。但し監査報告書におけるこれら記載項目の位置づけや表し方も留意すべきと考えられます。またリスクベースの監査によって問題を指摘するのは当然としても、海外監査では国内の事業とはリスク環境が異なるため、指摘すべき項目の違いやリスクの大きさにも国内の監査とは違いが出てくることも理解すべきです。更に、伝統的な準拠性監査に比べると合否の判定が難しい経営監査領域の指摘やソフトコントロールを含んだ統制環境における指摘や改善提案の捉え方にも検討が必要です。こうした観点から、内部監査が経営に貢献するために望ましい指摘・提案のあり方と書き方について、標準となる進め方を紹介すると共に、具体的な事例によって実務上の問題やその対応方法を解説いたします。
ivQZpGKF
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
グローバル(欧米・アジア/BRICs)データ保護規制の要点比較と最新実務対応
3時間0分 ライブ配信: 2022/11/09 14:00~17:00
国境を越えて商品・サービスの提供を行う企業にとって、各国のデータ保護法遵守は重要な課題となっていますが、その動きはめまぐるしいものがあり、いかに効率的に対応を進めていくかが課題となっています。欧州のGDPRは近時も海外移転規制が厳格化し、クッキーについても各国当局が執行を本格化される動きが進んでいるなど、当初対応を一旦した企業においても、適用開始以降に出された重要なEDPBの見解・判決・執行事例等に基づくアップデートが必要になっています。米国では、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)を規制強化するCPRAも、2023年1月1日に施行され、B to Bや役職員についての適用除外も廃止されます。他州でも包括的な個人情報保護規制が成立しており、米国連邦法の成立の機運も高まっています。タイやブラジルでGDPR類似の法律が施行済であり、シンガポールやロシアでも改正法が施行され、中国でも厳格な個人情報保護法その他の規制が施行され、現在も、下位規範の整備が進んでおり、インド・インドネシア・ベトナム等でも改正の動きが進むなど、アジア・BRICsでもデータ保護法の立法の動きはめまぐるしいものがあります。本セミナーでは、こうしたアジア/BRICs(タイ・ブラジル・中国・シンガポール・香港・フィリピン・インド・インドネシア・ベトナム・マレーシア・韓国・台湾・ロシア)の個人情報保護規制についても、日本法・GDPR・CCPA/CPRAとの比較をしつつ、ポイント毎に比較しながら整理し、グローバル対応で必要となる視点と具体的な対応を明らかにします。
iv8phQCN
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
監査担当者・監査役のための『内部統制』基礎講座 ~いまさら聞けないJ-SOXってなんだろう?~
4時間0分 ライブ配信: 2022/11/21 13:00~17:00
内部統制は、適切な経営を行うための社内の仕組みであり、企業不祥事の背景には、内部統制の不備があることが指摘されてきました。わが国でも相次ぐ企業不祥事の発生を背景に、2008年4月1日以後に開始する事業年度から、経営者による財務報告に係る内部統制の評価と監査人による監査を義務づける、金融商品取引法による内部統制報告制度(通称J-sox)が適用されています。当セミナーでは、内部統制報告制度について、その概要から各分野の内容まで網羅的に解説致します。
iv1r4JXL
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)