キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
コンプライアンスセミナー 一覧 件数:36
中国における与信管理、債権回収の実務 ~日系企業としてやるべきことは何か~
3時間0分 ライブ配信: 2022/11/07 14:00~17:00
自社の成長の柱の一つとして、中国市場における事業の成功は重要であると考えている企業は少なくないと思います。そのような中で、与信管理、債権回収の実務を把握し、日系企業としてやるべきことを知っておくことが重要です。本セミナーでは、中国の法律実務、調査実務の経験を数多く有する講師が、単なる法律論だけでなく、現場の実務に基づく具体的で実践可能な対応方策案をわかりやすく紹介いたします。本セミナーで、与信管理、債権回収に関する基礎知識を学び、中国で安心して事業を行い、利益を生み出すためのポイント習得を目指しませんか。
ivOITzwj
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
海外子会社におけるリスクマネジメントへの具体的実践策
4時間0分 ライブ配信: 2022/11/07 13:00~17:00
海外子会社における違法・不正行為のリスクは「機密情報・個人情報の漏えい」「現地子会社における差別的取扱い」「現地公務員との癒着・贈賄」「現地同業者とのカルテル行為」など多岐にわたっており、海外子会社ひいては日本の親会社の利益を守るためには、適用される法規制の要点を押さえたうえでケースに応じた実践的なアプローチを適切に行うことが重要となります。本セミナーでは、グループ・ガバナンスの強化に関する近時の動向を踏まえ、リスクベース・アプローチの考え方を活かして海外子会社管理を維持・向上させ、グループ・ガバナンスを強化するための実践策を、法務面・労務面から豊富な事例を交えて分かりやすく解説致します。
iv4bkxgc
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
-今まで誰も語らなかった- 経営目線で再整理するコンプライアンス
3時間0分 ライブ配信: 2022/10/18 14:00~17:00
<セミナーのゴールと方向性>・経営目線でコンプライアンス戦略を考える 従来のコンプライアンスのアプローチを点検見直し・よくある弁護士・学者が語る単なる法律・ルールの話ではなく経営/組織運営目線からコンプライアンスの実践の効用の確認・今般経営が求められているサステイナブルな企業活動の継続・サステイナブルな組織の創出にプリンシプル・経営理念(M2VP)とシンクロさせて論理展開・セミナーを通じて経営戦略としてのコンプライアンスの重要性・必然性に気付いて頂き、日々の事業活動に役立てて頂く
ivpYttpb
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
“トレードオフ”されるコンプライアンス
4時間0分 ライブ配信: 2022/11/04 13:00~17:00
多くの企業において、コンプライアンスへの取組みに十分な時間や労力をかけているにも関わらず、不祥事の発生が後を絶ちません。企業は、事業を遂行しながら利益を追求していくために、絶えず、必ずしも達成が容易ではない目標(タスク)をどうにかして達成しようとするものですが、何かを達成するためには、必ず何かを犠牲に(=“トレードオフ”)しなければならないのも事実です。本講座では、それら犠牲になっているものが、結局最後は「コンプライアンス」に関するものに行き着くことが多いことに着目し、不祥事が発生してしまうメカニズムを、“トレードオフ”というキーワードをもとに、具体的な事例も挙げながら解明していきます。更に、コンプライアンスがトレードオフされないために、企業として短期・中長期的に意識し、見極め、実践すべきことを検証します。講師(梅林弁護士)が提唱する、『常識のズレ』が引き起こす組織不祥事の考え方に加え、企業不祥事を読み解くもう一つの視点として、今後のコンプライアンスへの取組みにご活用いただきたく存じます。
ivyDmDnc
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
インドビジネスにおけるコンプライアンスの実務
3時間0分 ライブ配信: 2022/10/27 14:00~17:00
インドの人口は来年には中国を抜き、経済でも数年以内には日本を抜き世界第3位の経済大国になるといわれています。このような中、大企業はもちろんのこと、中小企業においても幅広い業種において、インドでのビジネス展開を模索する日本企業が増えています。一方、汚職や不正が蔓延していた一昔前のインドからは状況が一変し、現首相であるモディ氏の下、贈収賄の撲滅や企業のガバナンス強化に関する様々な法規制が導入され、厳格に運用されています。昨今、海外現地子会社のコンプライアンス違反等の不祥事により足元をすくわれる事例が後を絶たない中、インドも例外ではない状況にあります。これまで、現地で優秀なインド人マネージャーに採用を任せておけば良かったケースにおいても、日本の本社の効果的な関与が重要になってきているといえます。本セミナーでは、特に日本の本社が押さえておくべきポイントをじっくり解説します。また、当日は10年以上にわたり日本企業のインド進出のサポートをしてきたインド人弁護士が参加し、日本語での座談会形式のセッションも織り込んで実施いたします。
ivDUberZ
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
従業員の自動車・自転車事故対応へのポイント
4時間0分 ライブ配信: 2022/11/07 13:00~17:00
かつて飲酒運転撲滅ブームがありましたが、その後も、自転車に対する改正道路交通法の施行、あおり運転に関する規制など、企業の車両管理に注目が集まっています。会社が常日頃から、いかに車両の使用に関する教育を行い、車両事故による責任を回避する措置をとっているか、人的管理一般も含めた車両管理に関し具体的対応策を打っているかが問われます。事故が現実に発生した場合には、適切な初期対応を行い、話をこじらせて紛争を長期化させない対応が要求されます。本セミナーでは係る場合の現実的な対応上の注意点、話法についても解説いたします。
ivvNP9Ao
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
インテグリティ理論によるコンプライアンスの拡充 -「コンプライアンスの限界」を補う新理論-
3時間0分 ライブ配信: 2022/11/02 14:00~17:00
SGDsの要請でコンプライアンスの要請が高まっているが,大手企業の不祥事は後を絶たない。「コンプラ疲れ」などのコンプライアンスの限界を感じ,企業理念との一体化を目指して「インテグリティ」を導入する企業も多い。しかし,インテグリティの内実や導入の具体的工夫はあまり認識されていない。そこで,インテグリティの第一人者である国際弁護士が,インテグリティを個人及び組織にどのように導入するか等につき,精緻な理論と多くの企業研修・ワークショップ・コーチングの経験を踏まえて丁寧に解説する。
ivdXdR4b
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
Q&Aで学ぶ中国「反外国制裁法」の影響と実務解説 ~ウクライナ情勢・米中対立のポイントを踏まえた日本企業の対応とは~
2時間0分 ライブ配信: 2022/10/28 14:00~16:00
ここ数年、米国を含む欧米諸国と中国との対立が激化する中で、ウクライナ危機により欧米・日本がロシアに対し強い制裁措置を講じるなど、各国は法制度を武器にした制裁の応酬を演じています。中国は、米国を含む諸外国の制裁措置に対抗すべく様々な法令を制定し、特に2021年6月の「反外国制裁法」によって、広く外国への対抗措置を可能とする法整備を行いました。欧米の対中制裁と中国の対抗措置のはざまで、日本企業はいわば「踏み絵」を迫られている状況であり、ロシアに対する制裁とそれに対する中国の態度によって、状況はより混迷を極めています。本セミナーでは、中国・香港法務に従事してきた講師が、米国その他欧米諸国・日本の法令・動向と、中国のこれまでの法令・動向を幅広に押さえつつ、また近時のウクライナ危機にも目配せしつつ、反外国制裁法をわかりやすく理解するためのポイントをQ&A形式で緊急解説します。
ivLr0y33
質問OK 初~中級者向け
29,700 (税込)
執行の強化が予想される『優越的地位の濫用』と『下請法』への実務対応
3時間0分 ライブ配信: 2022/10/12 14:00~17:00
近年、優越的地位の濫用及び下請法の当局による執行がますます盛んになっています。優越的地位の濫用は、従来型のバイイングパワー濫用行為やメーカーによる販売店への濫用行為の摘発に加え、スタートアップやフリーランスとの取引、IPO時の新規上場会社と証券会社との取引、プラットフォーム事業等にも適用が想定されるなど、当局が幅広く執行する姿勢を鮮明にしています。また、賃金引上げ等が重要な政策課題となる中で、昨年来、公正取引委員会が「中小事業者等取引公正化推進アクションプラン」を、また内閣官房、公正取引委員会等が「パートナーシップによる価値創造のための転嫁円滑化施策パッケージ」を取りまとめ、中小企業等が労務費、原材料費、エネルギーコストの上昇分を適切に転嫁できるように、優越的地位の濫用や下請法の執行強化を打ち出しています。本セミナーでは、講師が、公正取引委員会での勤務経験と豊富な実務経験を踏まえ、優越的地位の濫用及び下請法の規制内容と執行強化の動向に加えて、当局調査への対応・コンプライアンス上の注意点につき解説いたします。
ivhU3sOb
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
景表法の不当表示規制の基礎
3時間0分 ライブ配信: 2022/10/13 10:00~13:00
景表法の不当表示規制については近年消費者庁の執行が極めて厳格化、多様化しており、「いかにして顧客への訴求力を落とさず消費者庁に刺されないギリギリの広告を目指すか」という時代遅れの発想では対応不可能となっています。本プログラムでは、景表法に初めて携わる参加者を想定し、どのような表示が不当表示となりやすいのか、また、どのようにすれば不当表示を防ぐことができるのかを具体例を中心に解説します。
ivPjv2Gb
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)