キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
カテゴリーチャンネル
法務/契約/知財
法務、契約、知財に関連するWEBセミナーをご紹介。ビジネスが多様化する昨今、法務に関わる業務の重要性は益々高くなっています。法務に関わる方々が押さえておきたい法律の知識について、オンラインのセミナーで学習ができます。AI、ビッグデータ、IoT、GDPR等の個人情報保護に関するテーマが人気です。
ご利用ガイド
はじめての方/よくある質問
法務/契約/知財セミナー 一覧 件数:52
取締役の責任とコンプライアンス・法律知識(A日程)
7時間0分 ライブ配信: 2021/07/16 10:00~17:00
見逃し配信: 2021/07/26 00:00~2021/08/02 23:59
~会社法が求める義務・責任とコンプライアンスのための最新法律知識~
pc8AVSk5
すべての方向け
39,600 (税込)
M&Aの実務とリスク対応
3時間0分 ライブ配信: 2021/06/03 14:00~17:00
見逃し配信: 2021/06/13 00:00~2021/06/20 23:59
~実例を踏まえM&Aの実務をプロセスを追って解説~
pcbKZPlg
すべての方向け
28,600 (税込)
取引基本契約審査の実務
3時間0分 ライブ配信: 2021/06/03 10:00~13:00
見逃し配信: 2021/06/13 00:00~2021/06/20 23:59
~契約審査担当者が知っておくべき「法務ノウハウ」~
pczQwyXp
すべての方向け
28,600 (税込)
【オンライン】具体的事例で学ぶ債権管理における契約リスクマネジメント
4時間0分 ライブ配信: 2021/05/26 13:00~17:00
新型コロナの影響による不況に備え、債権管理・回収業務の重要性は増しています。取引先の信用不安に備えた債権保全・回収の現場の知識は十分でしょうか。本セミナーでは,まずは具体的事例を挙げて取引先の支払いが滞った場合どのような対応をとることができるのかを実践的に説明します。そのうえで,有事に備えて平常時からどのような法的準備をしておくことが有効であるかを説明します。特に,令和2年4月1日施行の民法改正につき,債権管理回収業務に関わる重要事項について説明します。また,民事執行法改正による金融機関からの債務者預貯金債権等の情報取得手続や,財産開示手続の実行性確保のための見直しについて説明します。
ivoKr71Y
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
【オンライン】元公取委審査官が解説する!ケース・スタディで学ぶ下請法対応実務のポイント
4時間0分 ライブ配信: 2021/05/20 13:00~17:00
公取委の指導件数が毎年のように最多を更新するなど,下請法の運用は明確に強化されつつあります。また,買いたたきに対する公取委の指導件数が数年で15倍以上に激増したり,量産期間終了後の型の無償保管の問題が注目されたりするなど,当局の運用姿勢に大きな変化もみられます。しかし,下請法の規制内容は複雑であり,「この取引は製造委託に当たるのか?」,「どこまで安く発注すると買いたたきなのか?」,「不良品の納品への対処はどうすればよいか?」など,悩みは尽きません。このような状況の中,下請法を遵守し,社名公表等の事態を回避するには,ビジネスパーソンの常識からはうかがい知れない「落とし穴」的な部分を含めて,当局の下請法運用を深く理解し,悩みを解消することが必要不可欠です。そこで,本セミナーでは,公正取引委員会勤務経験をもつ講師が,下請法の実務において特に注意すべき点を解説しつつ,60件以上の仮想事例を用いたケース・スタディにより深い理解を得ていただくことを目指します。下請法に携わるご担当者様に広くご参加をお勧めいたします。
iv9xDPnb
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
【オンライン】中国における特許侵害の攻防、証拠収集の実務
4時間0分 ライブ配信: 2021/05/19 13:00~17:00
本セミナーでは、調査会社において多数のイ号製品や関連証拠収集の実績を、弁護士として多数の中国特許権侵害訴訟、審判、行政摘発に関与した実績を有する講師により、単なる法律論だけでなく、現場の実務に基づく具体的な対応方策案を紹介します。中国と日本とでは訴訟実務やベースとなる経験則、文化等に大きな違いがあり、最善の結果を得るためには中国の実態にあわせた戦略が必要不可欠です。本セミナーでは、中国特許に関して攻撃側・防御側で最善の結果を得る必要十分な備えができることを目的とします。
ivmp3Y6b
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
【オンライン】海外関連会社のガバナンス・コンプライアンス・管理の進め方
3時間0分 ライブ配信: 2021/05/17 14:00~17:00
言語や文化の壁を超えて海外関連会社の現場にコンプライアンスを浸透させるためには,「何を」(what)整備すべきかのみならず,「誰が」(who)「どうやって」(how) 現場に伝えるべきか,までを考慮しなければいけません。本社-現地間の「距離感」は案外大きいからです。ところが,人材不足もあり,会計の見地から現地の往査をしていても,ガバナンス・コンプライアンスの見地から現地の往査をしている企業はほとんどありません。このため,多くの企業が,現地のコンプライアンスの実態・実情を把握できていません。これはリスクを放置しているに等しいといえます。そこで,昨年は20回(計90日)もの海外出張をして,最も「現場」に密着し,海外コンプライアンスの問題点を最もよく知る国際弁護士が,極めて実務的な視点から,「誰が」「どのような」役割分担をして海外コンプライアンスを実施すべきかにつき,大胆に提言します。
ivyXzedE
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
実は危ない契約書チェック解説講座
4時間0分 ライブ配信: 2021/04/21 13:00~17:00 (終了)
私は、毎日のように契約書のリーガルチェックのご相談(監修、作成等)を受けておりますが、同じような箇所で同じような間違いをしている契約書があまりに多いことにいつも驚いています。そこで、本セミナーでは、「必ずこれだけはチェックして欲しい!」「これをチェックしておけば大怪我はしない!」という最低限押さえておかなければならない必須チェックポイントについて、わかりやすく解説します。また「定型書式だから修正できない」といわれた場合の対策など、私の経験に基づく基本的かつ実践的なアドバイスもご紹介したいと思います。<受講者特典:当日、テキストとして講師著「新版 弁護士が教える実は危ない契約書」(清文社)を進呈します。>
ivNN34Qb
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
販売終了
IoT・AI・データ関連ビジネスの新法務・知財アライアンス戦略
3時間0分 ライブ配信: 2021/04/19 14:00~17:00 (終了)
もはや一般名称ともなった「IoT」「AI」。これらの技術を使ってデータを取り扱う様々な事業が展開されています。これらのビジネスは単独でおこなうことが難しく、一つ又は複数の事業者によるアライアンスを通じて進められるのが実情です。ただし、新規の技術を使った新たなビジネスモデルであるがゆえ、既存の事業提携などの枠組みでは整理ができない、あるいは潜在的な問題が残ることも多く、実際競合当事者間でトラブルになる事例も散見されます。一方近時、大手企業とスタートアップ企業の連携に関するトラブルについて、各種ガイドラインの制定等を通じ、行政においても一定の関与を示そうとするアプローチが見られます。そこで本セミナーでは、データビジネスの推進に必要な法務・知財の留意点について、先行事例や行政の取り組みなどの具体的な事例を引き合いに出しつつ、とるべきアライアンス戦略についてわかりやすく解説します。
ivgoV9I6
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
販売終了
デジタル・プラットフォーム事業者が留意するべき法規制
3時間0分 ライブ配信: 2021/04/19 10:00~13:00 (終了)
GoogleやYahooなどの検索サービスを利用して検索を行ったり、FacebookやInstagramなどのSNSを通じて様々な人と交流をしたり、YouTubeやSpotifyなどで動画や音楽を楽しんだり、デジタル・プラットフォームの利用は、ありふれた日常の一部となり、その存在感を高めています。他方で、デジタル・プラットフォーム事業者が一方的に不利益な内容を含む規約に変更する等の問題が指摘され、デジタル・プラットフォーム事業者への規制の在り方に関する議論が活発になっております。もっとも、デジタル・プラットフォーム事業者に対する規制に関しては、単一の法分野の規制を意識するのみでは足りず、独占禁止法、個人情報保護法など様々な法分野に目配りすることが重要です。そこで、本セミナーでは、デジタル・プラットフォーム事業者が留意すべき法分野の概要につきご説明させて頂いた上で、特に、独占禁止法と個人情報保護法を中心にご説明させて頂きます。独占禁止法では、近時、デジタル・プラットフォーム事業者に対する公取委の執行事例が増加しているだけではなく、特に問題点の指摘が多い業界を中心に、取引に係る独占禁止法・競争政策上問題となるおそれのある取引慣行等の有無やデータの取扱状況等を明らかにするため、公取委が様々な実態調査を実施しております。また、デジタル・プラットフォームによる市場取引の透明性を高め環境を整備するために、「デジタル・プラットフォーマー取引透明化法」が制定されました。そこで、本セミナーでは、このような近時の動きについて解説するとともに、個人情報保護法の分野との交錯領域として、公取委が公表した個人情報等の取得・利用に関する優越的地位の濫用に関する指針についても解説させて頂くとともに、対応のチェックシートもご提供させていただきます。また、個人情報保護法では、本年6月に改正個人情報保護法が成立しました。同改正法では、個人の開示請求権等が強化されたり、これまで個人情報として整理されなかったcookieデータ等の情報について個人関連情報という新しい概念の下で規制されることとなるなど、デジタル・プラットフォーム事業者に影響のある改正を含んでいます。本セミナーでは、これらの改正法のうち、重要と考えられるものについて、解説させていただきます。
ivOxjRCb
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
販売終了