キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
カテゴリーチャンネル
法務/契約/知財
法務、契約、知財に関連するWEBセミナーをご紹介。ビジネスが多様化する昨今、法務に関わる業務の重要性は益々高くなっています。法務に関わる方々が押さえておきたい法律の知識について、オンラインのセミナーで学習ができます。AI、ビッグデータ、IoT、GDPR等の個人情報保護に関するテーマが人気です。
ご利用ガイド
はじめての方/よくある質問
法務/契約/知財セミナー 一覧 件数:71
秘密保持契約書(NDA)の基礎知識、交渉のポイント、最近の傾向と戦略的活用
4時間0分 ライブ配信: 2023/01/13 13:00~17:00
日頃、見慣れたNDAですが、実は多くの落とし穴があります。またNDAは万能ではなく、その法的効力には限界があります。これらを正確に押さえた上で有利なNDAの締結と管理を行うべきです。 また最近では、外国企業と英文のNDAを締結するケースが増えています。本講座では、NDAの基本的な理解を押さえた上で、日本語NDAの一般的なサンプル書式を説明し、主要条項のポイント、交渉の留意点を押さえます。つぎに、NDA神話の崩壊、NDAの落とし穴や限界と対応を検討します。講義の後半は、英文契約書のNDAへ話しを移しますが、まずは、英文契約書の基本的な考え方や基本的な言い回しについて説明して初学者にも分かりやすい解説をします。法務・知財部門、事業部などを始め、経営者や管理職の方々も知っておくべき内容をカバーします。(※日本語・英語の契約書を対象とします)
ivgzmOjb
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
研究開発促進のための特許情報の見える化・構造化
7時間0分 ライブ配信: 2023/01/12 10:00~17:00
特許は、技術の詳細に加え、顧客のニーズも含まれており、世界最大のイノベーション&マーケティングデータベースです。特許情報を戦略的に活用できるか否かは、ものづくり企業の成長を大きく左右します。特許の情報量は膨大であるため、表形式の整理、パテントマップツールを用いた可視化などの方法で処理されていますが、多くの場合、整理するだけに終わり、知恵として活用できておりません。そこで、本セミナーでは、『情報の見える化・構造化思考技術』による知恵の創出の考え方を学んでいただいた上で、次の2つのタイプのパテントマップの実践的な作成方法について、事例を交えて解説します。①内容解析型パテントマップ:技術の構成や進化などを見える化することで、テーマ創出や課題解決などを行う。②統計解析型パテントマップ:特許件数を見える化することで、開発方向性などを判断する。
ivCPlvqc
質問OK 初~中級者向け
46,200 (税込)
知財戦略とIPランドスケープ®
3時間0分 ライブ配信: 2023/02/07 10:00~13:00
2002年の知的財産立国宣言以来、知財の経営活用が叫ばれて20年が経過しました。組織上も、知財部はR&D寄りの立場から、三位一体として経営や事業部門の橋渡しが求められています。とりわけ、大きなポテンシャルとリスクが隣り合わせのスタートアップや大企業の新事業開発においては、必ずしも潤沢ではないリソースを有効に使い、短期間に成果を生み出すために、オープンイノベーションとして外部のリソースを活用することも日常となっています。ところが、実務の世界を眺めてみると、知財部門はまだまだ経営や事業部門との対話が十分とは言えず、知財の経営活用も道半ばといったところが多いのではないでしょうか。本講座では、主として知的財産部門や経営企画部門の皆さんに、知財の経営活用の前提となる「知財戦略」について、事例を交えて解説を加えていきます。さらに、経営に様々なインパクトを与え得ると期待されている「IPランドスケープ®」について、具体例を示しながら解説をしていきます。また、新事業開発やオープンイノベーションで使われている経営デザインシートやローカルベンチマーク等の経営分析ツールとの関係にも言及します。さらに、AIやIoTといったソフトウェア関連発明に焦点を当ててバリューチェーン全体をデザインするための知財戦略や、究極の知財活用としての標準化戦略についてもカバーします。
ivHu1LkZ
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
契約類型別の修正実例に学ぶ英文契約書レビューの実践
3時間30分 ライブ配信: 2023/01/24 13:30~17:00
英文契約書の実務においては、交渉の経緯や相手方との力関係等により、相手方作成の契約書案をベースに交渉せざる得ないケースが珍しくありません。このようなケースにおいては、相手方作成の契約書案に隠された様々な問題点を的確に見抜いた上で、最小限の修正でそれを解消する技術が求められ、自社で契約書案を作成するケースとは異なった難しさがあります。そこで、本セミナーでは、英文契約書の実務に携わる方がこのようなケースへの対応力を向上させるため、講師が最近相談を受けた数十件の英文契約書から抽出した修正前・修正後の条項例(ただし社名等は変更)を用いて、 契約類型別のレビューのポイントを解説します。なお、本セミナーは、英文契約書の基礎知識をお持ちの方を主に想定しており、実戦的なノウハウの解説にフォーカスします。
ivs6cWzb
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
中国における特許侵害の攻防、証拠収集の実務 ~日系企業が中国特許について備えておくべき事は何か~
4時間0分 ライブ配信: 2023/01/10 13:00~17:00
本セミナーでは、調査会社において多数のイ号製品や関連証拠収集の実績を、弁護士として多数の中国特許権侵害訴訟、審判、行政摘発に関与した実績を有する講師により、単なる法律論だけでなく、現場の実務に基づく具体的な対応方策案を紹介します。中国と日本とでは訴訟実務やベースとなる経験則、文化等に大きな違いがあり、最善の結果を得るためには中国の実態にあわせた戦略が必要不可欠です。本セミナーでは、中国特許に関して攻撃側・防御側で最善の結果を得る必要十分な備えができることを目的とします。
ivNnZWrc
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
《取引・交渉の現場で役立つ》英文契約書の読み方 入門講座
3時間0分 ライブ配信: 2023/01/06 13:30~16:30
国際取引において契約を結ぶ際には英語の知識はもちろん、それ以上に「どのようなリスクがあり、どのようなポイントに気をつければいいのか」という“ビジネス上のリスクを避ける知識”が必要不可欠であるといえます。特に、英米契約法の概念を知らないと、いくら英語が読めても解釈を間違えて、トラブルが発生しかねません。そこで本講座では豊富な実務経験をもつ弁護士を講師にお招きし、基本となる英米契約法の概念をお話ししていただきながら、特に注意しなければならない条項について詳しく解説していただきます。また、実際の英文契約書を読み進めながら、その裏側にある相手の意図を的確に把握するためのポイントについて学んでいただきます。英文契約書の「読解力」の向上とともに英文契約の総合的な力の底上げにお役立ていただけるプログラムとなっております。
ivy4mLpn
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
ビジネス契約の基礎知識と契約書作成の実務ポイント
7時間0分 ライブ配信: 2023/02/15 10:00~17:00
見逃し配信: 2023/02/24 00:00~2023/03/03 23:59
契約書の基本、収入印紙、署名押印、実務スキルの習得
pcvS7rKb
すべての方向け
35,200 (税込)
~システム開発委託契約・保守契約等をめぐるトラブル発生時に求められる~  システム開発の「契約書レビュー」と「トラブルシュート」のポイント
4時間0分 ライブ配信: 2022/12/13 13:00~17:00
システム開発をめぐるユーザ企業(発注者)とベンダの責任範囲をめぐるトラブルが後を絶ちません。契約の実務に携わる企業の法務・総務部門にとっては、万が一紛争になった場合の対応の判断材料として、これまで蓄積された裁判例を十分に理解した上での適切な交渉が求められます。本講座では、システム開発委託契約、保守契約等における契約書レビューのポイントを分かりやすく解説すると共にトラブル発生時に確認すべき書類やプロジェクトの中止をめぐる留意点など、トラブルシュートの実務について、近時の重要裁判例も含む様々な裁判例や、民法改正の影響も踏まえて検証していきます。
ivkmE9Db
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
英文契約書が楽に読めるようになる「英文契約書の基本表現」マスター入門講座 ~ 重要基本表現から英文契約書をマスターする新入門講座メソッド、交渉に必須な基本表現もカバー ~
4時間0分 ライブ配信: 2022/12/22 13:00~17:00
本セミナーは、特に重要と思われる基本表現を交渉の対案としての活用を含めて解説していくセミナーです。基本表現をマスターすることで英文契約書をマスターする講師開発のメソッドを活用します。初学者のご参加を強くお勧めします。【※ご受講者様には、講師著『英文契約書の基本表現』(日本加除出版)をテキストとして送付致します。お申し込みの際は、お申込みフォーム内「通信欄」に、書籍ご送付先住所をご記載いただきますようお願いいたします。】
ivjNodCh
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
ユーザ側から見たシステム開発契約の実務
3時間0分 ライブ配信: 2022/12/23 14:00~17:00
システム開発における紛争を経験した企業は多く、そのような紛争が生じた場合に生じるユーザ側の損失も大きなものとなります。近時では新型コロナウイルス感染症の蔓延によってシステム開発の遅延が生じ、その中で様々な法的な問題も生じました。本セミナーでは、紛争の未然防止や問題が起こったときに対処できるシステム開発契約に必要な条項について、近時の裁判例、民法改正及び新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い発生した問題を踏まえて、実際の契約交渉において問題となる条項を中心に、契約条項例を踏まえたポイントの解説と交渉術についても解説をしていきます。
ivZOuKab
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)