キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
カテゴリーチャンネル
会計(経理)/財務/税務セミナー 一覧 件数:91
グループ経営におけるロイヤリティ等の有効な徴収方法
3時間30分 ライブ配信: 2022/02/18 13:30~17:00
企業経営において、企業組織再編方法が柔軟になり、自由かつダイナミックにグループ再編ができるようになりました。純粋持株会社への移行も多く見受けられますが、グループ再編を形式的にまたは拙速に進めた結果、親会社は「再編前より効率性が悪くなって子会社がうまく成果を出せない」「子会社のモチベーションを高められない」一方で子会社は「親会社は自分のことばかり考えている」「親会社のロイヤリティや配当の徴収は納得いかない」といったことも現場ではよく耳にします。そこで本セミナーでは、親会社が子会社から徴収するロイヤリティ、経営指導料、ブランド使用料、配当などの各徴収方法の活用方法を説明します。この場合、特に海外子会社がグループにある場合には、税務上の移転価格税制の問題があります。また最近ではBEPSの議論もありますので、そのような状況も踏まえながら、特にロイヤリティをどのように理論的に算定するかを具体例も紹介して説明します。EVAなどの業績評価指標とも関連付けながら、「税務も配慮しながら、グループ経営がより有効に機能するためにはどうロイヤリティ等を活用していくか」の問題意識を共有したいと思います。
ivkFBhzb
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
『常識のズレ』が引き起こす組織不祥事への対応策
4時間0分 ライブ配信: 2022/02/28 13:00~17:00
どのような組織においても、不祥事が発生する温床は存在するものですが、不祥事そのものが発生する根本的な原因を解明することは、事案や組織によっても異なることから、非常に難しい命題であるといえます。 本講座では、これまで過去に発生した組織不祥事の特徴や傾向を分析する中で、共通して浮かび上がってきた「常識のズレ(=組織の常識は、一般常識とはズレている)」というキーワードをもとに、その「常識のズレ」が許容範囲を超えて非常識となり、やがて不祥事に繋がっていくまでのメカニズムを解明します。更に、この新たな視点を踏まえ、不祥事を早期に発見し、防止する為のポイントについても検証していきます。
ivSNDwV9
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
病院未収金回収の法律実務とノウハウ
2時間49分 視聴期間: 14日
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
ivWF80ic
すべての方向け
33,000 (税込)
“ 失敗しない”不動産投資と相続対策
3時間24分 視聴期間: 7日 (5日以内に視聴開始)
ivkDKjpL
35,000 (税込)
法人資産税マスター講座【第1講座】会社設立の税務
2時間36分 視聴期間: 7日 (5日以内に視聴開始)
ivz6ZWSw
30,000 (税込)
人の高齢化と建物の老朽化 二つの“老い”を どう乗り越えるのか?
1時間53分 視聴期間: 7日 (5日以内に視聴開始)
ivdFhdA2
15,000 (税込)
貸地の権利調整
1時間35分 視聴期間: 7日 (5日以内に視聴開始)
ivBYNVfG
15,000 (税込)
総務・法務担当者が知っておきたい税務知識
3時間0分 ライブ配信: 2022/02/15 14:00~17:00
見逃し配信: 2022/02/25 00:00~2022/03/04 23:59
日常業務で自信をもって使える知識に
pcmLNmdb
すべての方向け
28,600 (税込)
新任担当者のための『決算財務・IT統制評価』の基礎実務
7時間0分 ライブ配信: 2022/02/04 10:00~17:00
内部統制評価の実務担当者におかれましては、「簿記」や「会計」に対する苦手意識から、「決算・財務報告プロセス」の評価業務についてハードルを高く感じることが多いのではないでしょうか。また「システム」に対する苦手意識から、IT統制、特にIT全般統制についてハードルを高く感じることが多いのではないでしょうか。当セミナーでは、簿記の知識や経理・決算業務の経験が乏しい方でも決算・財務報告プロセスの評価を実施することができるように、また、システム部門での業務経験がない方でも、IT全般統制を中心としたIT統制の評価を実施することができるように、最低限必要なノウハウを、実務レベルの観点で解説致します。
iv1x1U3b
質問OK 初~中級者向け
46,200 (税込)