キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

経営品質協議会
Deliveruの公式企業チャンネルとしてWEBセミナーを提供しています。

こちらは日本生産性本部のページです。「おもてなし規格認証」に関連した資格取得試験や、経営品質関連の講座情報などを順次UPしていきますので、ぜひご覧ください!

Director's EYE ~Deliveruチームから~
この主催会社/講師の特徴や、おすすめポイント
Coming soon
このチャンネルのセミナー一覧 件数:30
会員月例研究会「心理的観点から組織の“強さ”を問う」(アーカイブ)
1時間26分 視聴期間: 30日 (10日以内に視聴開始)
経済のグローバル化や少子・高齢化の進展、そして収束の見通せない新型コロナウイルス感染拡大など今日において社会・経済を取り巻く環境は大きく変化をしています。このような状況下に立たされた企業は、経営資源として社員をどう位置付けるか、雇用形態をどう転換するか、その問題を直視することを余儀なくされており、ひいては組織と個人がともに労働のあり方を見直さなくてはならない状況に置かれています。本研究会では今回『人間理解』の視点から、企業の成長の条件、持続可能性のカギとは何かをテーマに据えます。これまで震災をはじめとする天変地異や、不測の事態に直面した企業に実際に関わってきた講師が、メンタル・ヘルス研究の視点から『人』を活かした強い組織づくりとより良き職場づくりのための人材マネジメントのあり方について検討を行います。
ivBS822k
すべての方向け
16,500 (税込)
会員月例研究会「副業の可能性 ~多様化する働き方~」(アーカイブ)
1時間30分 視聴期間: 30日 (10日以内に視聴開始)
今日、副業・兼業はビジネスパーソンにとって本業のスキルアップや資格の活用、十分な収入の確保などへの期待や、コロナ禍におけるテレワークなど制約の少ない働き方の増加により、関心の高まりを見せています。また、企業側も、自社の情報漏洩のリスクや就業時間の把握、健康管理など課題や懸念はあるものの、副業・兼業を認める割合は増加傾向にあります。本研究会では、政府が「働き方改革実行計画」(2017年3月)において副業・兼業は、新たな技術の開発、オープンイノベーションや起業の手段、そして第2の人生の準備として有効であるとの提唱を踏まえ、副業・兼業の多様性や動機などの現状分析とコロナ禍以降におけるその可能性や変化の態様についてお話を伺います。
ivVvFzdb
すべての方向け
16,500 (税込)
会員月例研究会「しなやかで強い組織のつくりかた」(アーカイブ)
1時間28分 視聴期間: 30日 (10日以内に視聴開始)
先行き不透明で予測困難な時代における経営や組織マネジメントにおいては、危機に強く、回復力のあるしなやかで強い人間集団~レジリエント・カンパニー~作りが求められます。今日、日本企業に最も必要とされるのは、技術や製品のイノベーションのみではなく、マネジメントのあり方や組織運営そのものに革新を起こす「マネジメント・イノベーション」です。本研究会では、日本的組織の強みと課題を踏まえ、時代の変化に柔軟に対応しつつ、環境に適応した最強な組織作りについての原理原則や実践方法についてお話をいただきます。さらに組織と個人、企業と社会、そして仕事と家族・暮らしが健全に持続するトレード・オンによる変革の本質についても伺います。
ivB4Cq9o
すべての方向け
16,500 (税込)
会員月例研究会「人が育つ・人を育てる会議」(アーカイブ)
1時間33分 視聴期間: 30日 (10日以内に視聴開始)
課題解決や意思決定をするための会議が、単なる「業績報告」や「業務連絡」で終わったり、また、積極的に発言する人がなく「気まずい沈黙」や「発言する人に偏り」が見られたり、ファシリテーターにとって会議運営の悩みはつきません。本研究会では、ファシリテーターにとって会議が問題解決だけに終わるのではなく、参加者と共に「解決」「貢献」「学習」の「喜びを分かち合える共感される会議」の進め方について、今年出版された「1分で共感される会議」(生産性出版)の著者である寺沢俊哉よりお話します。さらに、単なる会議の進行術にとどまらず、「チームビルディング」や「組織開発」といった風土改革につなげていくためのコツもお伺いします。
ivVgCJlX
すべての方向け
16,500 (税込)
会員月例研究会「受注増・生産性向上を実現する営業人材の能力向上策」(アーカイブ)
1時間31分 視聴期間: 30日 (10日以内に視聴開始)
世界を凌駕する経済成長を遂げてきた日本、それを支えたのは「第二次産業のモノづくり」です。製造部門では「TQM(Total Quality Management)」に真摯に勤勉に取り組んできましたが、これからの日本は「第三次産業の顧客づくり」で世界経済をけん引していかなければなりません。今までの営業部門は「気合や根性、カンやセンス、資質や経験」など属人的な暗黙知が中心でした。その結果、能力開発による人材の成長や組織強化が実現されず、次世代へ継承できない状態に陥っています。本研究会では、「営業実績の向上」と「顧客満足度・従業員満足度の向上」を実現する、「強い営業人材と営業組織」を創造する考え方・具体的方法・各業種事例を含めてご紹介します。
ivjO233b
すべての方向け
16,500 (税込)
ジョブ型人事システムの作り方と事例(アーカイブ)
5時間25分 視聴期間: 30日 (10日以内に視聴開始)
ジョブ型雇用は、今次春季労使交渉でも議論の俎上にのぼりました。コロナ禍によるテレワークの広まりや副業・兼業の推進といった働き方の多様化、同一労働同一賃金の流れや定年延長と相まって、既存の終身雇用や年功序列の考え方が薄まっています。専門人材の育成や採用という面からも、年齢や勤続年数ではなく働く人のスキルや専門性、仕事の内容や成果を重視することが必要になっています。また、必要とする優秀な人材を確保するため、納得性のある魅力ある人事制度は、日本企業の競争力維持のために必要です。本セミナーでは、ジョブ型の議論の次のステップとして、ジョブ型人事システムの実際の制度設計について具体的に解説し、作り方と設計事例を紹介します。
iv1ZjQdb
すべての方向け
35,200 (税込)
会員月例研究会「ジョブ型雇用やテレワークは普及・定着するのか」(アーカイブ)
1時間26分 視聴期間: 30日 (10日以内に視聴開始)
~ コロナ禍で見えてきた働く人の意識の変化:「働く人の意識調査」(日本生産性本部実施)から ~
ivhbZThc
すべての方向け
16,500 (税込)
!春闘直前!労使交渉と統計活用セミナー2022(アーカイブ)
5時間13分 視聴期間: 30日 (10日以内に視聴開始)
我が国の賃金が先進各国と比べ低迷しており、成長と分配の議論が高まる中で、2022年春の賃金交渉がはじまりました。本セミナーでは、2022年春闘を取り巻く社会経済環境を、生産性・賃金・物価・雇用・労組・労使関係などの関連統計集である「2022年版 活用労働統計」を参考に、今年度のポイントについて解説していきます。
ivLW33gc
すべての方向け
35,200 (税込)
はじめて学ぶ「組織開発」
1時間8分 視聴期間: 30日 (30日以内に視聴開始)
~組織開発の基礎的な理解から、組織変革の道筋や最近の潮流を学ぶ~
ivQxT1Gf
すべての方向け
5,500 (税込)
【無料】「活用労働統計“活用”セミナー」(アーカイブ)
48分 視聴期間: 10日 (5日以内に視聴開始)
ハンディで包括的な労働経済関連統計集:活用労働統計~企業経営・労働組合活動、お手元に1冊あると便利です~
ivOQ9Chq
すべての方向け
無料