キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
ハラスメントを正しく理解し、部下とコミュニケーションを取る方法

一流のリーダーがやっているハラスメントの壁

新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来26年以上法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
すべての方向け
33,500 (税込)
2時間39分 詳細へ
終了予定なし
ivnbF9Ab

イベント概要

2020年6月からパワーハラスメントの防止を企業に義務付ける「改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)」が施行されました。それに伴い、ハラスメント防止対策を強化している企業も増えてきています。その一方で現場のビジネスマンの方からは、「必要以上にハラスメントを恐れてしまって、部下を叱れない」「最低限のコミュニケーションにとどまっていて職場がギスギスしている」「ハラスメントを盾にして行動改善しない部下がいる」といった悩む声も多く出ています。

本講座では、正しくハラスメントの意味を把握し、ハラスメントを過度に恐れることなく、部下とコミュニケーションをとっていく方法を現場のリーダーの目線でお伝えしていきます。

カリキュラム/プログラム

1.ハラスメントへの問題がよりクローズアップされている
 (1)法律によりハラスメントに厳しい時代が到来
 (2)良かれと思ってやっている行動が危険なことも
 (3)ハラスメントが起きる主な3つの要因

2.ハラスメントにならない「信頼関係」のつくり方
 (1)「心理的安全性」を高める
 (2)平常心を保つための感情コントロール術
 (3)「境界線」の保ち方

3.ハラスメントになる「言葉」に注意する
 (1)やってはいけない褒め方
 (2)ハラスメントにつながりやすい3つのワード
 (3)傾聴力を高める3つの原則

4.ハラスメントになる「内容」に注意する
 (1)仕事を頼むときの注意点
 (2)業務以外の話題をする場合の注意点

5.ハラスメントにならない「叱り方」をマスターする
 (1)叱らないことがハラスメントにつながることも
 (2)叱る前にやっておきたい3つの事前準備
 (3)叱る時の注意点
 (4)叱った後の「事後フォロー」はこうする

6.新しいハラスメントにはこう対応しよう
 (1)逆ハラスメントにはこう対応する
 (2)セカンドハラスメントに注意する
 (3)最近話題の3つのハラスメントもここを注意すれば大丈夫

※受講者全員に著書「一流の人は知っている ハラスメントの壁」(ロング新書)を進呈

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 7日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2022/09/20 10:00 提供開始、視聴開始から 14日間 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講についての補足
資料は、動画視聴ページにてダウンロード可能(PDF)となります。
チャットで質問
できません
配布資料
  • 8.18 「一流のリーダーがやっているハラスメントの壁」.pdf
修了証の発行
なし
収録日
2022/08/18
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
リフレッシュコミュニケーションズ
コミュニケーションデザイナー
吉田 幸弘(よしだ ゆきひろ) 氏
経歴
人財育成コンサルタント。1970年生まれ。大学卒業後、大手旅行会社、外資系企業などを経て2011年1月に独立。
現在は全国の企業、官公庁などで講演・研修に登壇しており、わかりやすく実践的ですぐに行動に移せる内容と評判を得ており、累計の受講者数は3万人を超えている。
著書は「どう伝えればわかってもらえるのか? 部下に届く 言葉がけの正解」(ダイヤモンド社)、「リーダーの一流、二流、三流」(明日香出版社)、「部下に9割任せる!」(フォレスト出版)など13冊。世界累計33万部。
NHK、日本経済新聞、日経ビジネス、プレジデント、東洋経済オンラインなどメディア掲載も多数あり。