キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

「非財産相続承継」の「見える化」を指導する国内唯一の検定

「経営承継戦略アドバイザー検定  オンライン習得コース」

「非財産相続承継」の「見える化」を指導する国内唯一の検定
すべての方向け
22,000 (税込)
1時間42分 詳細へ
終了予定なし
pchXFjvc

イベント概要

今多くの事業承継関連サービスは、「相続税対策」「株価対策」「財産相続対策」そして後継者難での「M&A対策」が中心である。しかし、実際の事業承継には、

●後継者時代の独自の経営戦略をどうするか

●古参役員幹部の処遇や職務責任範囲をどうするか

●現経営者と後継者の職務権限移譲計画をどうするか

●後継者へ、経営指針や価値観の承継をどうするか  等々

現実的な「経営課題」が必須である。

この「経営承継戦略アドバイザー検定」は、これらの「経営承継に関する内部」の問題を「文書化」「図形化」「文字化」する「非財産相続承継」のノウハウを習得して貰うものです。

既にリアルセミナー同検定の終日研修である「初級コース」は、毎回40名のコンサルタント、会計事務所、社労士、生保営業の方が受講している。

講師は、コンサルタント会社㈱RE-経営 代表 嶋田利広。34年のコンサルタント経験で、10年以上の経営承継顧問を25社以上実施。360社の中小企業、会計事務所、病院・介護施設をコンサルティング。更に後継者時代の経営戦略を立案するメソッド「SWOT分析」の第一人者として、グループで300事業所の経営戦略立案を支援。

これまでの「経営承継の『見える化』コンサルティングの実績を公表した 2019年出版の「経営承継可視化戦略」で「非財産相続承継の『見える化』」という分野を開拓。

本検定は、一般的な事業承継にまつわる税法、民法に沿ったものではなく、各企業独自の「アナログ部分」の経営内部の課題の「経営承継」を支援するノウハウ習得に絞っている。

 

■セミナーの概要

本来はリアルセミナーである集合型の「経営承継戦略アドバイザー検定 初級コース」(終日研修)のエキスを2時間弱に集約して専用に収録。

「経営承継の『見える化』の具体的な知識と、実際の進め方を分かりやすく、オンライン講義8講義110分で解説。

習得できる6つのノウハウ

⑴ 経営者の本音を聴きだす「経営承継25のチェックリスト」

⑵ A3 1枚で10か年の役員構成、経営戦略、職務権限、組織人事配置、承継準備作業が分かる「経営承継10か年カレンダー」作成ノウハウ

⑶ 後継者時代の「独自の経営戦略」を立案するSWOT分析を使った中期経営戦略・計画を指導ノウハウ

⑷ 後継者時代の会長、社長、同族、非同族役員幹部の職務役割責任・コミットメントの文書化ノウハウ

⑸ 適切な院政をコントロールする経営者から後継者への職務権限移譲計画の明文化ノウハウ

⑹ 最高の後継者教育になる「現経営者の経験、経営判断基準の具体的明文化」作成ノウハウ

これら6つの「経営承継『見える化』ノウハウ」の理論と知識が分かる。

 

■セミナーの目的

「経営承継戦略アドバイザー検定 オンライン習得コース」は、中小企業の経営承継に必要な「経営戦略」「職務権限」「組織人事戦略」「後継者育成具体策」などの「中長期計画づくりに具体的に貢献できるノウハウスキル習得を目的のプログラム。

こんな方に学習して欲しいプログラムです。

●中小企業の経営承継に興味があり、コンサルティングを予定している方

●「財産相続承継」とは違った角度の経営承継コンサルティングや提案をしたい方

●相続税だけでなく、経営承継関連の周辺業務で、差別化をしたい税理士・会計事務所

●相続資金や経営者退職金の保険を提案する為に、ソリューション提案の幅を拡げたい生保営業の方

●事業承継の資金需要だけでなく、優良企業の経営面にまで深入りしたい金融機関担当者

 

こんな方に、「理論だけではない、本物の経営承継の『見える化』ノウハウ」を提供するのが本講座です。

 

カリキュラム/プログラム

※テキストは第1講(概要)からダウンロードしてください。
※動画を最後までご視聴いただくと、修了証発行がWEB上で可能となります。
※受講期間中、メールにて質問対応いたします(ただし、各講義2回まで)
コンテンツ内容についてのお問い合わせは、
(株)アールイー経営 お問合せフォーム(表題の冒頭に「デリバル」とお書きください)
https://re-keiei.com/contact.html

カリキュラム/プログラム
第1講
⑴ 「同族経営承継」で起こった5つのトラブル事例
⑵ 25社経営承継顧問で経験した「同族経営承継」の課題
⑶ 事業承継サービス各機関の支援の現状
⑷ 現経営者の不安・後継者の不安
⑸ 経営承継の「可視化」とは
⑹ 【経営承継可視化】をサポートする人とは?
⑺ 経営承継「可視化」戦略の6つの実施項目

第2講
⑴ 経営承継前にオーナー社長がやるべき7/21
⑵ 経営承継前にオーナー社長がやるべき14/21
⑶ 経営承継前にオーナー社長がやるべき21/21

第3講
⑴ 経営承継10年カレンダーの内容
⑵ 経営承継10年カレンダーの必要性
⑶ 経営承継10か年カレンダーの実例紹介

第4講
⑴ SWOT分析による中期経営計画で生み出されるもの
⑵ SWOT分析を絵にすると
⑶ SWOT分析のメリット
⑷ SWOT分析の進め方
⑸ SWOT分析の実例解説
⑹ 中期ビジョンの実例解説

第5講
⑴ 会長、社長、取締役(同族、非同族)の役割責任の明文化のポイント
⑵ 取締役・経営幹部役割責任一覧表(実例)解説

第6講
⑴ 社長から後継者への職務権限移譲計画
⑵ 職務権限移譲計画(事例)解説

第7講
⑴ 会社沿革、経営判断基準の文書化のポイント
⑵ 経営判断・決断基準の文書化の段取り
⑶ 経営判断基準参考カテゴリー
⑷ 経営判断基準(事例)解説

第8講
⑴ 経営承継戦略アドバイザー検定 ステップアップ
⑵ 【経営承継戦略アドバイザー検定 初級コース】開催要項、カリキュラム、教材等
⑶ 【経営承継戦略アドバイザー検定 シニアコース】開催要項、カリキュラム、教材等

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 30日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2020/03/09 08:45 提供開始、視聴開始から 30日間 まで

詳細

受講対象者の職種/職位
中小企業経営者、後継者、コンサルタント 会計事務所 各士業 生保営業 金融機関
受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
チャットで質問
できません
配布資料
  • 「経営承継戦略アドバイザー検定 オンライン講義」研修テキスト43ページ.pdf
修了証の発行
あり
収録日
2020/01/24

講師のプロフィール

講師名
(株)アールイー経営
代表取締役
嶋田利広
経歴
(株)アールイー経営 代表取締役 嶋田利広
本社は熊本市。経営コンサルタント歴34年(2020年現在)、九州を中心に中小中堅企業、病院、介護施設、会計事務所のコンサルティングと経営顧問を実施。これまで360社のコンサルティング、25社に対して10年以上の「経営承継顧問」。220事業所以上のSWOT分析を実施。2018年から「SWOT分析スキル検定」「経営承継戦略アドバイザー検定」を主宰。これまで両検定で300名超のコンサルタント、会計事務所職員、税理士、公認会計士、生保営業、社労士、ビジネスパーソンが受講。
SWOT分析シリーズ6部作は累計5万部を超え、「中小企業のSWOT分析の第一人者」と呼ばれる。北海道・九州財務局からの要請で「SWOT分析を使った経営計画書ノウハウ」を金融庁職員、地域金融機関幹部に対して講義。
また、経営承継の「見える化」に実例を紹介した「経営承継可視化戦略」を2019年に出版。経営承継で必要な「経営戦略承継」「組織人事承継」「職務権限承継「理念・価値観承継」の「見える化」を始めて体系化。
他著書には、「経営承継を成功させる実践SWOT分析」「SWOT分析を活用した根拠ある経営計画書事例集」「パーソナルSWOT分析」「SWOT分析コーチングメソッド」「SWOT分析による経営改善計画書作成ノウハウマニュアル」等、延12冊を刊行。