キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

平成26年2月に公表された「経営者保証ガイドライン」をご存知でしょうか?

このガイドラインは抽象的過ぎて、「何をしたらよいかわからない」との声が多くあることから、具体的なガイドライン攻略法を解説しました。

 

「経営者」と「後継者」を守るために知っておくべき経営者保証ガイドライン攻略法【金融税理士アドバイザー講座】(約114分)

平成26年2月に公表された「経営者保証ガイドライン」をご存知でしょうか?このガイドラインは抽象的過ぎて、「何をしたらよいかわからない」との声が多くあることから、具体的なガイドライン攻略法を解説しました。
すべての方向け
10,780 (税込)
クーポンをお持ちの方
1時間55分 詳細へ
終了予定なし
iv8Z3h7M

イベント概要

中小企業が金融機関等から資金調達する際の慣行として、経営者保証が求められるのは常でした。

そうした状況を改善する目的で策定されたのが経営者保証に関するガイドラインです。

ですが、いまだに全国の経営者の多くはこの制度を知らず、具体的に何をすればよいのかについても、ほとんどの経営者はわかりません。

今、大きなテーマとなっている「事業承継」についても、「自社株評価」「事業資産譲渡方法」などが注目されていますが、根本的な問題である「保証債務問題」をいかに解決するかが重要なポイントです。

そこで、金融機関が求める経営者保証を提供しないでよい条件は何かを知り、

具体的な対策について解説しました。

経営者は、経営者保証を外すことに大変メリットがあると感じ、外して欲しいと要望しています。

「事業承継」において「後継者」が承継をためらう一番の理由は「保証人になりたくない」 と言われており、それが原因でせっかくの事業の継続を「保証人問題」で終わらせるわけにはいきません。

結論、ガイドラインの活用法は二つあります。

 

●「現役経営者」を守るために「債務保証」の金額を減らし、「債務保証」を外す

●将来の「事業承継」に備えて、「後継者」のために今の「債務保証」を外す

 

このふたつの観点から経営者が理解し実際に行動に移すことが必要です。

そのためには、会計事務所がこの制度をきちんと理解することが必須になります。

この講座では、ガイドラインの3原則をより「具体化」させ「事例」に基づき解説しました。

さらに、顧問先に対して何を分析し、何を解決したらよいのかの「ヒント」も盛り込みました。

顧問先の経営者を守るためにも、是非この内容を実践に活かしてください。

 

 

【セミナーの内容】

1.「 経営者保証ガイドライン」の内容と過去の取り扱い実績

2.「 人的保証」の形態について

3. 金融庁の「経営者保証ガイドライン」参考10事例を解説

4.「 保証金額の軽減」・「無保証人化」への具体的な動き方はこうする!

5.「 事業承継」からの観点からの注意点

6. 会計事務所が気を付けるべきポイントとは

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 30日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2020/03/04 00:00 提供開始、視聴開始から 30日間 まで

詳細

受講対象者の職種/職位
税理士 公認会計士
会計事務所及び税理士法人職員
受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
チャットで質問
できません
配布資料
  • 経営者保証ガイドラインセミナー_添付資料.pdf
  • 経営者保証ガイドラインチェックリスト.pdf
修了証の発行
なし
収録日
2019/05/17

講師のプロフィール

講師名
株式会社 スペースワン
代表取締役
金融税理士アドバイザー専任講師
徳永 貴則
経歴
大和銀行(現りそな銀行)にて、都内を中心に主に法人融資の新規開拓業務を行う。その後、本店融資部・審査部門を歴任。2,000社以上の融資に携わる。これらの経験を活かし㈱スペースワンを創設。銀行融資のコンサルをはじめ、事業再生や経営改善のアドバイスも行っている。
また、金融税理士アドバイザーの専任講師としても活躍中。