キーワード
動画種別


質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


研修の提供

カテゴリー
閉じる
内容の考え方から緊張対策まで、技術者・研究者のためのプレゼン基礎講座

プレゼンレベルアップ講座【初級】for 技術者・研究者

技術者や研究者には成果を出すことはもちろん、その成果をキッチリ伝えられる能力も求められている
質問OK 初級者向け [N]
15,400 (税込)
2時間57分 詳細へ
終了予定なし
pcQjwqcb

イベント概要

「とにかく緊張して上手く話せない」
「スライド作成がよくわからず、時間ばかりかかる」
「うまく話がまとめられない」…etc

このように苦手な人が多いプレゼンですが大丈夫!「基本」をしっかり身につければ誰でも上手くなります。

そこで、ビジネス必須スキル「プレゼンテーション」の基本、「内容構成」から「スライド作成」「話し方」そして「正しい練習方法」を身につけて、今度のプレゼンを成功させましょう!

さらに技術者・研究者の皆さんは「発表」や「説明」の機会も多いのではないでしょうか。そこで、研究開発業務に長く従事してきた工学博士の講師に、技術者・研究者として行う発表や説明時に押さえておきたいポイントを解説していただきます。

プレゼンスキルの証明となる資格も取得できる

さらに受講して終わりではありません。プレゼン能力を客観的に証明できる「プレゼンテーション技能検定3級」に挑戦できます。合格すれば仕事にはもちろん、就職・転職にも大きく役立ちます。

※「プレゼンテーション技能検定」は、一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会が実施する資格認定試験です。

 

日本プレゼンテーション教育協会の「eラーニング講座」とは

■オンラインで「ビデオ講義」と「演習」を通じてプレゼンスキルを学べる

■好きな時間と場所で受講できる

セミナー開催日時に拘束されたり、会場に移動する手間がありません

■ライブ感のある講義ビデオ

「ビデオ講義は講師が一方的に話すだけで、つまらない……」
「原稿棒読みで、全く話が耳に入ってこない……」

録画講義にはこのような心配をされる方も多いですが、大丈夫です!講師は関西人なので「楽しく学ぶのが最も効果的である」をモットーに、今、目の前で話しているかのように講義しています。ぜひプレビュー動画でご確認ください。

■1講義10分以内。倍速再生も可能。スキマ時間を有効活用

長〜い講義ビデオは集中力が持ちません。だから本講座は基本1講義10分以内(特別講義は除く)。さらに倍速再生も可能なので、早起きして、または寝る前の時間を有効活用できます。もちろんスマホ対応だから移動中のスキマ時間活用もできます。

■忙しくても大丈夫!受講可能期間はたっぷり「30日間」

毎日1講義ずつでも、週末にまとめてでもOK。自分のペースで受講できます。

 

豊富なテキストと演習問題でしっかり身につく

■テキストは各章毎にダウンロード可能(PDF)

■検定試験対策としてしっかり読み込みたい方向けに「書籍版」もご用意

■テスト式、記述式など講義毎に演習問題に取り組むことで、学んだことをしっかり身につけられます。

■回答後には講師の解説だけではなく、他受講生の回答も読むことができます。比較することで、更なる気づきを得ることができます。

 

プレゼンスキルの証明となる資格も取得できる

■受講修了後にはプレゼン能力を客観的に証明できる「プレゼンテーション技能検定3級」のオンライン受験に、追加受験料など不要で挑戦できます。

■仕事にはもちろん、就職や転職にも役立ちますので、さらにプレゼンスキルをレベルアップさせたい方は、ぜひお申し込みください!

※「プレゼンテーション技能検定」は一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会が実施する資格認定試験です。

 

受講者アンケートより

・「プレゼン」の目的や、良い「プレゼン」とはこういうことなのかということを学ぶことができました。またプレゼンはしっかりと準備・練習することが大事だとわかりました。ありがとうございました。(印刷 S.K様)

・視線の配り方、話し方を仕事で意識していきたいと考えています。(交通 K.T様)

・資料の作り方がとても参考になりました。それと最初の3分がいかに重要か知ったので、よく練習して臨みたいと思います。やはり練習は大切だとわかりました。(教員 S.A様)

・プレゼンテーションの組み立て方のヒントになりました。聞き手が何を欲しているのかを考え、プレゼンテーションに活用したいと思います。(内装・インテリア K.O様)

・「聞き手の立場で考える」と言う大事な部分に気付けました。また、プレゼンを行うまでの一連の流れがわかったので、何から手をつけてよいかわからなかった部分が解消されました。様々な場面で活用できそうです。(イベント企画制作 T.F様)

・「聞き手にして欲しいことをしてもらうこと」がプレゼンの目的ということで、今まで言いたい言葉から詰め込んでいたので、今後は気をつけます。(コンサルティング T.S様)

・とにかく「準備と練習」ということを教えていただきました。今後は準備と練習を完璧にしてプレゼンに臨みたいと思います。(サービス H.F様)

 

カリキュラム/プログラム

1.プレゼンテーションの基本
・なぜプレゼンが必要か?
・目的は何か
・相手はなぜプレゼンを聞くのか
【オンライン】プレゼンが上手くなるには
【Ex-1】技術者・研究者のプレゼンポイント ー内容・構成ー
2.ビジネスマナーと説明力
・第一印象を良くする
・わかりやすく説明するには
【オンライン】カメラ映りを良くして好印象に
3.内容構成の基本
・詰め込みすぎは記憶に残らない
・ビジネスは「結論」が先、「理由・詳細」は後
4.資料作成の基本
・スライドと配布資料の役割の違い
・スライドデザインの基本
【Ex-2】技術者・研究者のプレゼンポイント ープレゼン資料ー
5.話し方の基本
・話し方・伝え方 8つの基本
・あなたが「どう話すか」を見られている
【オンライン】クリアな『声』を届けよう
・結果を出したければ、何度も練習すること!
・矛盾や説明不足をなくし、質疑応答に備える
【Ex-3】技術者・研究者のプレゼンポイント ー説明方法ー

まとめ・オンライン受験のご案内

視聴期間/スケジュール

以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2023/04/01 10:00 提供開始、視聴開始から 30日間 まで

詳細

受講対象者の職種/職位
・技術者、研究者の方
・プレゼンや研究発表、説明することが苦手な方
・プレゼン経験が数回程度と少ない方
身につく知識/スキル
・プレゼンを実施する目的が明確になる
・内容構成の基本が理解できる
・スライドを見せながら話す方法が身につく
受講レベル
受講についての補足
本講座はプレゼンレベルアップ講座【初級】に、技術者・研究者の方向けの特別講義を追加したカリキュラムです。
質問方法
メールで質問できます
配布資料
  • eラーニング受講の進め方.pdf
  • text-技術者・研究者向けのポイント.pdf
  • プレゼンテーション技能検定のご案内(初級)202407.pdf
  • 初級テキストvol1.pdf
  • 初級テキストvol2.pdf
  • 初級テキストvol3.pdf
  • 初級テキストvol4.pdf
  • 初級テキストvol5.pdf
  • 初級ワークシート.pdf
※資料がある場合、動画の視聴ページからダウンロードができます。
※視聴期間の終了後はダウンロードできなくなります。
修了証の発行
あり
※「あり」の場合、動画の視聴ページからダウンロードができます。
※視聴期間の終了後はダウンロードできなくなります。
収録日
2024/05/01
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
日本プレゼンテーション教育協会
マスタープレゼン・トレーナー
西原 猛
日本プレゼンテーション教育協会
認定プレゼン・トレーナー
工学博士
越石 正人
経歴
西原 猛
企業のPRイベント企画・制作や、新製品発表会や決算説明会、株主総会等のPR・IR・プレゼン支援に携わる。この時「プレゼンテーションには、人生や世界を変える力がある」と痛感。同時に、多くの人がプレゼンについて悩んでいること、苦手意識を持っていることを知る。そこで企業の社員研修を中心に、大学での講演会、執筆活動を通じて、伝えて動かすためのプレゼン教育を全国各地で行なっている。京都府出身。
ーー
越石正人
東北大学卒業後、株式会社日立製作所に勤務し、原子力発電の研究開発業務に長く従事する。その中で、国家プロジェクトを含め、数多くの研究開発プロジェクトのマネジメント経験も持つ。50歳を過ぎてから、マネジメントのみならず自ら研究を行うべく工学博士の資格を取得し、論理的思考に磨きをかける。さらに、人としての感受性を磨くべく、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの資格を取得。マネジメント、論理的思考、心理学といった幅広い分野の経験と専門知識を持っている。