キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

データを売上増加に繋げるためのあるべき基盤構築方法

新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来26年以上法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
すべての方向け
33,400 (税込)
2時間2分 詳細へ
2022/09/30 23:59 まで
ivEeJbY9

イベント概要

現在、国内においては約1.5兆円規模と言われ、年々増加傾向で推移しているデータ活用市場。
大手企業をはじめとし、事業推進、売上成長のためにデータの活用に力を入れる企業は増えていっております。
しかし、実際には企業全体の4分の1程度しか成果の上がるデータ活用が出来ていないのが実情です。
本講義では、何故多くの企業がデータ活用を推進しようにもやり切れていないのか、どうすればデータドリブンな経営を推進できるのか、弊社支援先の事例を踏まえてご説明します。

カリキュラム/プログラム

0.はじめに

1.データ活用市場の現状

2.あるべきデータ活用方法
 (1)データ活用の進め方、重要なポイント
 (2)日本企業に多いデータ活用が出来ない理由
    (事例:不動産企業、サービス企業、メーカー)
 (3)データ活用 (収集・整理・編集・分析・可視化)の方法

3.データドリブン経営の推進方法
 (1)データドリブン経営の推進プロセス
    (事例:インフラ企業)
 (2)データ基盤PDCAの進め方

4.さいごに
 (1)KUROCOについて

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 7日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2022/04/08 10:00 提供開始、視聴開始から 14日間 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講における必須条件
【配信概要】
・資料は、動画視聴ページにてダウンロード可能(PDF)となります。
・視聴期限: 14日
・購入前にインターネット環境をお確かめください。

セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。以下のサンプル動画が閲覧できるか、事前にご確認の上お申し込みください。
https://deliveru.jp/pretest5/
 ID livetest55
 PW livetest55
チャットで質問
できません
配布資料
  • 3.29_「データドリブン経営最前線」.pdf
修了証の発行
なし
収録日
2022/03/29
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
UROCO株式会社
代表取締役
齋藤 健太(さいとう けんた) 氏
経歴
2006年に株式会社船井総合研究所に入社。主に中堅規模(数百億)以上の企業をメインクライアントとしたプロジェクトに従事。化粧品メーカや卸・リテール業界など、幅広い業種において、中期経営計画策定やマーケティング戦略の構築、M&Aにおけるビジネスデューデリジェンス等の実績を有する。
2012年に独立後も製造業や小売業、サービス業に至るまで大小様々な企業の課題発見に従事、成果を上げる。特にデータ分析においては、複数のコンサルファームにもアサインされる実力を有する。その他、AI関連スタートアップや教育関連企業からもデータ分析支援の依頼を数多く受けている。
2020年、KUROCO株式会社を設立。
著書に、『問題解決のためのデータ分析』、『会社の問題発見、課題設定、問題解決』。
大手教育プラットフォームでは、2022年には10,000名を超える受講者を抱える。
https://kuroco.team/