キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

<夏季休業のお知らせ>
2022年08月12日(金)~15日(月)の間、セミナー事務局はお休みをいたします。
セミナーのお申込やお問合せは、休業期間中も24時間受け付けておりますが、事務局からの返事・回答等は、休み明けより順次お返しいたします。あらかじめご了承ください。
なお、視聴期間内のセミナーについては、通常通りご視聴を頂く事ができます。 

〜テーマを絞った51の市場を論理立てて未来を予想し、確実な対応ができるよう備える〜

ビジネスモデル・テクノロジーの未来予想2030-2050

新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来26年以上法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
すべての方向け
33,400 (税込)
1時間50分 詳細へ
終了予定なし
ivBRacFu

イベント概要

未来を予想することは、企業の中長期ビジョン、各事業部の将来計画の立案などで必要となるだろう。未来を100%的確に予想することは不可能であるが、未来をある程度論理立てて予想し、検討しておくことは、重要と考えられる。物理的、心理的な準備、備えができ、計画的に行動できる。また、もし様々な理由により今後、事業の方針や計画の見直し、修正が必要となった場合でも軌道修正のためにスピーディー且つ確実な対応ができるだろう。

本講義では、未来を予想することの意味やその考え方、そして2030〜2050年においてテーマを絞った市場がどのような未来になっているのかを登壇者の視点でお伝えする。これらの情報が企業の参考にそしてお役に立つことができたら幸いだ。

カリキュラム/プログラム

0.はじめに

1.未来を予想することの意味
(1)なぜ未来を予想する必要があるのか
(2)未来を予想する考え方

2.未来で予想されるテクノロジーとビジネスモデル
(1)日常生活編        
(2)メタバース編       
(3)環境編          
(4)エネルギー編
(5)安心・安全編
(6)宇宙ビジネス編

3.まとめ

※受講者全員に著書「ビジネスモデルの未来予報図51」(CCCメディアハウス、2022年2月刊)を進呈

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 7日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2022/06/15 10:00 提供開始、視聴開始から 14日間 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講についての補足
資料は、動画視聴ページにてダウンロード可能(PDF)となります。
チャットで質問
できません
配布資料
なし
修了証の発行
なし
収録日
2022/06/01
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
宇宙ビジネスコンサルタント・工学博士
齊田 興哉(さいだ ともや) 氏
経歴
東北大学大学院工学研究科博士課程修了。工学博士。
2004年宇宙航空研究開発機構JAXA入社。人工衛星の開発プロジェクトに従事。
2010年株式会社日本総合研究所入社。官公庁、民間企業の宇宙事業、宇宙ビジネスのコンサルティングに従事。
2020年独立し、現在に至る。