キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
すべてセミナー 一覧 件数:1286
改正公益通報者保護法に基づく体制整備と従事者業務の実践方法
2時間0分 ライブ配信: 2023/01/12 14:00~16:00
改正公益通報者保護法が2022年6月1より施行され、事業者に内部通報に適切に対応するために必要な体制の整備が義務付けられた(従業員300名以下の事業者については努力義務)ほか、公益通報への対応に従事する者に対して守秘義務が課され、違反した場合には刑罰も課されることとなりました。これらの法改正が施行されたことにより、事業者としてどのような体制整備が必要となったかを再確認するとともに、公益通報対応業務従事者として必要となる業務の実践方法など、法改正に基づいて整備された社内体制の運用に当たってどのようなことが必要となるかについて確認しておくことが重要となります。そこで、本セミナーでは、多数の企業において内部通報窓口の構築・運用を担当し、改正公益通報者保護法を含む企業のコンプライアンス体制の構築運用に精通している戸田弁護士と多くの企業の内部通報窓口を担当している近藤弁護士が、改正公益通報者保護法を遵守した実効性のある窓口の構築方法とハラスメントなどの相談が来た際の具体的な相談対応の実務について解説します。また、講義では、時間の許す限りで、海外子会社を含めたグローバルでの内部通報制度の構築に関するお話をさせて頂く予定です。
ivVIx4lb
質問OK 初~中級者向け
29,700 (税込)
事業会社のための『ベンチャー投資』の基本と実践 ~講師との相互コミュニケーションで学ぶ~
3時間0分 ライブ配信: 2023/01/19 14:00~17:00
オープンイノベーションの大きな潮流の中、事業会社からベンチャー企業への投資額が年々増加しています。本セミナーでは、ベンチャー企業へ出資する際のポイントを、ベンチャー投資のトレンドや企業価値のバリュエーション方法、投資契約における各主要項目と優先株式の設計まで、基本的な内容から具体的な事例や数値例も交えて解説。ベンチャー投資における基本的な考え方と押さえておくべき実務慣行を体系的にお伝えしていきます。また、講義ばかりではなく、双方向でのコミュニケーションを通じて、実践的に学べます。※お手数でございますが、zoomのミュートを外して、ご発言ください。
ivEfWuos
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
状況や周りに振り回されず、当初の目的を実現するための「プロジェクト企画構想&マネジメント術」
3時間0分 ライブ配信: 2023/01/11 10:00~13:00
たとえば「今でも使われるずっと昔に作った社内の仕組み、システム」、「ロングセラーの商品」、「自然と発展拡大していく製品、プロジェクト」・・・いわゆる「長続きするプロジェクト成果物」が生まれる過程を紐解くと、最初の企画者が、しっかり深く考察したビジョンや目的のもと、他の人ならそこまで想いをよせなかったであろうことまで、微に細に目や気を配り、仕掛けを張り巡らせているものです。そして残念な結果に終わった企画やプロジェクトを紐解けば、その逆のことがみえてきます。・いっときの成功ではなく、長続きする確実な成功、・状況や周りに振り回されず当初目的を実現する着実な巻き込み・ブレない、後出しジャンケンの外部意見に振り回されない意思決定を、実現するために、何をどう考え整理すればよいのか、語られるようで語られてこなかった、企画、プロジェクト・マネジメントの真髄について解説します。
ivZgaL1b
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
第4回 4つの革命から求められる「トップ営業コミュニケーション」(アーカイブ)
2時間19分 視聴期間: 14日 (7日以内に視聴開始)
VUCA時代を乗り越えていく経営陣に向けた研修シリーズの第4回です。
ivAyoOEb
すべての方向け
3,000 (税込)
この商品は 2022/12/02 10:00 よりご注文いただけます。
大企業のための『オープンイノベーション』の導入戦略と具体的戦術 ~講師との双方向コミュニケーションで学ぶ ~
3時間0分 ライブ配信: 2023/01/19 10:00~13:00
本セミナーでは、近年注目が高まっているオープンイノベーションをテーマに取り上げ、その基本と全体像から実際の最新事例について、大企業からみた導入戦略と具体的戦術についてお伝えしていきます。オープンイノベーションの定義と分類、また、協業プロジェクト・企業アクセラレーター・コーポレートVC・企業買収などの具体的戦術とメリットデメリットについても詳細に解説します。そして、戦術選択のための考慮事項や各戦術のステップと評価方法、合わせて、必要となる思考フレームワークと具体的マネジメント手法について余すところなくお伝えしていきます。大企業のオープンイノベーションの導入にすぐさま役立てることができる、実践的な内容となっております。双方向コミュニケーションを活用して、より習熟度を高めて参ります。※ご発言の際はミュートを外して、発言くださいませ。
ivbKrA5b
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
近時の公取委の運用を踏まえた下請法対策 ~下請法運用強化の動きとそれを踏まえた対応ポイントを徹底解説~
3時間0分 ライブ配信: 2023/01/26 14:00~17:00
コロナ禍においても、令和3年度の指導件数は7900件を超えるなど、公正取引委員会(以下「公取委」といいます。)による下請代金支払遅延等防止法(以下「下請法」といいます。)の積極的な運用姿勢に変化はありません。むしろ、令和4年1月26日になされた下請法運用基準の改正、同年3月30日に出された令和4年中小事業者等取引公正化推進アクションプランにおいて下請法の執行強化が明示されていることなどに鑑みますと、公取委は、今まで以上に、下請法違反被疑事実等に係る情報収集の取組を強化し、下請法違反行為等に対しては厳正な対処をしていくものと思われます。そこで、本講演では、当職が日常的に受けている競争法分野の相談も踏まえ、下請法の基本事項を総ざらいすると共に、見落としがちなポイントをご説明します。さらに、上記アクションプランの内容のご説明など、近時注目すべき下請法に関する公取委等の動きを取り上げ、下請法遵守体制の構築のあり方を皆様と一緒に考えていきたいと思います。
ivtLMEHU
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
内部統制上の不備の原因と対策の考え方
4時間0分 ライブ配信: 2023/01/25 13:30~17:30
内部統制報告制度(通称J-SOX)が施行されて10年以上経過しました。しかし最近でも不祥事が相ついでいるため、各企業とも類似事件発生の防止の為、統制が強化されていることと思われます。ところが、統制強化を施しつつも実態の統制は不祥事防止とは無関係の過剰統制と思われるものが散見されます。承認権者が違っていた、証跡が不十分、ルールと異なる処理をしている等々。そこで、本セミナーでは、このようなエラーが発覚したときの根本原因や効果的な改善策をご紹介します。また2018年4月6日、日本公認会計士協会より「監査・保証実務委員会研究報告第32 号内部統制報告制度の運用の実効性の確保について」が公表されました。その報告書では、内部統制報告制度に関して所期の目的を達成するような運用が定着しているのかどうかについて検討し、その結果が取り纏められています。本セミナーではその報告書の内容を踏まえ、実際に公表された「重要な不備」の開示例を分析し、その原因や対処についても考察いたします。
ivrUOu7b
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
日本企業も留意すべき米国OFAC規制の域外適用と経済制裁コンプライアンス
3時間30分 ライブ配信: 2023/01/23 13:30~17:00
米国財務省OFAC(外国資産管理室)による経済制裁規制の域外適用や二次的制裁が積極化している。米国に拠点を有しない日本企業であっても、巨額の制裁金や米国市場へのアクセス制限を課せられるリスクに対処するために、日本企業もコンプライアンス対応に迫られている。2014年にBNPパリバ銀行が約9100億円という史上最高額の制裁金が科された事件は衝撃を与えた。その後、金融機関のみならず事業会社にも幅広く域外適用や制裁が科されるようになっている。特に近年、ロシアのウクライナ侵攻や米中対立の激化など国際秩序が不安定化し、世界各地で紛争が発生する中で、各国への制裁内容も急展開している。ウクライナ危機の結果、欧米日のロシアに対する制裁が劇的に拡大している。また、米国は、中国に対しても、安全保障・人権の観点から、OFAC規制その他貿易規制を強化している。これに対して、ロシア・中国も対抗制裁をとっており、日本企業はその両規制の間に挟まれ、厳しい対応を迫られている。本セミナーでは、経済制裁をはじめグローバルコンプライアンスの実務を率先してきた講師において、米国OFAC規制の域外適用を含め、制裁規制の最新動向・実務影響を解説する。また、米国EARなど輸出管理規制と比較しながら、規制に対応するためのコンプライアンス態勢強化や制裁スクリーニング・デューディリジェンスの実践方法についても議論する。
ivQ4Nk1n
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
クロスボーダーM&Aの最新動向とその実践 ~インドネシアにおけるM&Aの事例紹介とケーススタディで現地独自の手続き・対応を習得~
3時間0分 ライブ配信: 2023/01/26 14:00~17:00
M&Aと聞くと難しく思えるかもしれませんが、実は、最終的にはポイントは2つしかありません。1つ目はその会社の値段が高いか、安いか、2つ目は買うか買わないかです。但し、インドネシアを始めとする東南アジアの国々の会社を買収する場合には、外資規制の慎重な調査や現地独自の手続の正しい履践が必要となります。本講座を聞き、「全然わからない。見当もつかない」という状態から、「なんとなく分かった。インドネシア進出ができるかもしれない。」「M&Aを使って事業の幅を広げられるかもしれない」という状態に変わるように、具体的に、分かりやすくお話ししたいと思います。また、直近の法改正もフォローいたしますので、「インドネシア?よく知っていますよ」というベテランの企業戦士の方々にも満足して頂ける内容にさせて頂きます。本講座をコロナ後の海外展開の第一歩として頂けますと幸いです。
ivRe37nQ
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
秘密保持契約書(NDA)の基礎知識、交渉のポイント、最近の傾向と戦略的活用
4時間0分 ライブ配信: 2023/01/13 13:00~17:00
日頃、見慣れたNDAですが、実は多くの落とし穴があります。またNDAは万能ではなく、その法的効力には限界があります。これらを正確に押さえた上で有利なNDAの締結と管理を行うべきです。 また最近では、外国企業と英文のNDAを締結するケースが増えています。本講座では、NDAの基本的な理解を押さえた上で、日本語NDAの一般的なサンプル書式を説明し、主要条項のポイント、交渉の留意点を押さえます。つぎに、NDA神話の崩壊、NDAの落とし穴や限界と対応を検討します。講義の後半は、英文契約書のNDAへ話しを移しますが、まずは、英文契約書の基本的な考え方や基本的な言い回しについて説明して初学者にも分かりやすい解説をします。法務・知財部門、事業部などを始め、経営者や管理職の方々も知っておくべき内容をカバーします。(※日本語・英語の契約書を対象とします)
ivgzmOjb
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)