キーワード
動画種別


質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


研修の提供

カテゴリー
閉じる

広報実務マスター講座「B to B企業 広報戦略的展開法」

本講座は、B to B企業で広報を担当している方を対象としています。B to B企業における広報で成功するための効果的な戦略と、具体的な実施方法をわかりやすく解説しています。B to B企業でもB to C企業同様に成功するノウハウを確実に身につけることができます。 B to B企業において、広報に本格的に取り組む企業はまだ少ないのが現状です。まして本格的に戦略的に広報を実践している企業はほとんど見当たりません。広報が注目されるようになったのはここ数年のことで、いまだ多くの企業が基礎的な広報活動に追われているのが現状です。 しかし、B to B企業で高度な広報スキルを持ち、戦略的な広報を実行し着実に成果を上げる企業がいます。広報を効果的に活用することで競争力を高め、ブランド価値の向上、新規顧客の獲得など様々な成果を得ています。まだ本格的に広報に取り組んでいる企業が少ない今だからこそ、広報の本格的展開に取り組むチャンスと言えるでしょう。「B to B企業広報」においても多数の指導実績のある一流広報コンサルタントがマル秘ともいえるそのノウハウを余すことなくレクチャーし、そのメソッドを約5時間(2倍速で2.5時間)の速習で習得できる貴重な講座です。この講座を受講することで、明日からB to B企業でも成果を上げることが可能となります。
初~中級者向け [N]
49,500 (税込)
5時間38分 詳細へ
終了予定なし
ivmvqgKP

イベント概要

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

広報実務マスター講座「B to B企業 広報戦略的展開法」とは?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

B to B企業で広報を担当している方、広報で成果が上がらないことに悩んでいませんか?

B to B企業の広報は難しいと諦めていませんか?

 

実はB to B企業でも広報は確実に成果を上げることができます。

あまり知られていないかもしれませんが、着実に成果を上げ、成功している企業は決して少なくありません。

彼らは密かに成功を積み上げ、確実に成果を上げてます。

 

その理由は簡単で、B to B企業に適した正しい戦略を一つひとつ実践しているからです。

成功しているB to B企業はB to C企業の広報の取り組むべき戦略は異なることを熟知しています。

異なる点を知り、学び、適切な展開方法を実践することで確実に成果を上げることができるのです。

 

本講座は、B to B企業で広報を担当している方々を対象に、B to B企業における広報で成功するための効果的な戦略と、具体的な実施方法をわかりやすく解説しています。

 

 

<B to B企業においても広報の成果で企業の命運が決まる!>

近年、B to C企業だけでなく、B to B企業においても広報活動の重要性が高まっています。

現代のビジネスが複雑化専門化することで取引先などのニーズが多様化しインターネットやSNSの普及によって情報の拡散が格段に速まり、そして幅広い層に対してメッセージを伝える必要性が生じています。B to B企業企業も的確に取引先に情報を伝えることが必須となっています。

特に、B to B企業は一般消費者向けのB to C企業とは異なり、ターゲットとなる顧客層が特定の業界やビジネス向けであるため、情報発信の精度や効果が重要になります。

顧客との信頼関係を築き、自社製品やサービスの付加価値をアピールするためには、戦略的な広報の展開が不可欠です。

社内広報にも着目が集まっています。従業員が企業のビジョンや方針を理解し、共感し、自らの仕事に活かすことは、企業全体の生産性や士気向上に直結します。社内の情報共有やコミュニケーションが円滑に行われることで、チームワークや組織の連携が強化されるとともに、企業文化の形成にも寄与します。

 

さらに、広報活動を戦略的に実行することで、企業のブランドイメージの向上や市場での差別化が図れます。競合他社との差を示すためには、商品やサービスの優位性だけでなく、企業の価値観や社会的な貢献活動など、広報を通じて顧客との共感を生み出すことが重要です。

 

このような状況の中、効果的な広報活動を行っているB to B企業は競争力を強化し、市場での存在感を高めることに成功しています。広報活動に積極的に取り組むことで、顧客や従業員、社会とのつながりを強化し、持続的な成長を遂げることが期待されています。

今こそ、B to B企業において、戦略的な広報へ取り組みと担当する広報パーソンのスキルアップが不可欠なのです。

 

講師の井上岳久氏は自ら代表を務める株式会社カレー総合研究所はB to B企業で、最先端の広報を実践し、業界ではオンリーワン企業として成功しております。最先端の広報手法を実践し、様々な広報活動を展開し試行錯誤を重ね、独自のスキルとノウハウを築き上げてきました。この長年の経験と、コンサルティング先のB to B企業との豊富な実績を基に、彼が「B to B企業広報」の成功事例に共通する要素を体系化し、独自のメソッドとしてまとめたのが本講座です。

 

―――――――――――――――――――――――――

 

<講座の具体的内容>

本講座は、B to B企業の取るべき広報の戦略とその展開手法をわかりやすく解説し、すぐに実践できるようにした講座となります。

1、 B to B企業と B to C企業の広報戦略の違いとは?

  ➤B to B企業の広報の課題とは?

2、B to B企業の広報戦略とは?

  ➤B to B企業の取るべき王道戦略とは?

  ➤その基本的展開方法とは?

  ➤その実践して成功している企業とは?その具体的な方法は?成功事例

3、B to B企業の王道戦略に加え有効な3つの手法とは?

4、もう一つの戦略「B to B to C戦略」とは?

  ➤実施方法とは?

  ➤成功事例とは?

5、B to B広報の戦術とは?

  ➤戦略に基づき実施する戦術事例とは?

 

 

<対象>

B to B企業で広報を担当する広報パーソン

 

<講師は一流の実績豊富な先生を起用!>

講師は、広報業界でナンバーワンと呼び声高いマーケティングPRプランナーでありひとり広報でも多数の実績を有する広報コンサルタントの井上岳久氏(井上戦略PRコンサルティング事務所代表)を招聘し担当いただいております。井上氏は企業研修や公開講座で年間100以上を担当し著書は20冊を超える売れっ子で、説明がわかりやすいと高評価の人気講師でもあります。

 

<講座内容に関して>

B to B企業とB to C企業の広報の違いを丁寧に解説した上で、B to B企業の広報の戦略の展開方法を具体的に紹介しています。また広報戦略の方向性について数パターンを紹介し、それぞれのパターンにおける自社の施策を提案していきます。広報業界では知られていない貴重な成功事例を紹介し実例を学びながら、自社に応用できるヒントを見つけ出します。ワークショップを多数、用意しておりすぐに実行できるようにしています。

 

 

<講座の目的>

1、B to B企業の広報の展開方法の基本を知る。

2、B to B企業の広報の特性を理解し、正しい戦略を展開することで確実に成果を上げる。

3、B to B企業でも、広報で成果を上げている企業が多い。

  事例として学ぶことでヒントを得る。

 

<カリュキュラム>

 序 章:B to B企業/広報戦略 考え方

 第1部:B to B企業/広報戦略 基本理論  

 第2部:「B to B王道戦略」基本展開法

 第3部:「B to B企業王道戦略」事例

 第4部:「B to B王道戦略」応用と事例

 第5部:「B to B to C戦略」理論と事例

 第6部:B to B企業/広報戦術ケーススタディ

 まとめ

カリキュラム/プログラム

序 章:B to B企業/広報戦略及び考え方、第1部:B to B企業/広報戦略/基本理論、第2部:「B to B王道戦略」基本展開法、第3部:「B to B企業王道戦略」事例、第4部:「B to B王道戦略」応用と事例、第5部:「B to B to C戦略」理論と事例、第6部:B to B企業/広報戦術ケーススタディ、まとめ

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 7日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2023/07/31 00:00 提供開始、視聴開始から 30日間 まで

詳細

受講対象者の職種/職位
B to B企業で広報を担当する広報パーソン
身につく知識/スキル
B to B企業の広報の戦略立案法、B to B企業の広報の年間計画書の作成スキル、B to B企業の広報戦術の具体的実施方法、B to B企業とB to C企業の広報の違い、B to B企業の課題の抽出法、B to B企業の広報の成功事例
受講レベル
初~中級者向け
※受講レベルについて
質問方法
できません
配布資料
  • delete_icon.png
  • 広報実務マスター講座「BtoB企業広報戦略的展開法」 レジュメ(出力用).pdf
  • 広報実務マスター講座「BtoB企業広報戦略的展開法」 ワークシート.ppt
※資料がある場合、動画の視聴ページからダウンロードができます。
※視聴期間の終了後はダウンロードできなくなります。
修了証の発行
なし
※「あり」の場合、動画の視聴ページからダウンロードができます。
※視聴期間の終了後はダウンロードできなくなります。
収録日
2023/07/28
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
井上戦略PRコンサルティング事務所
代表取締役
井上岳久
経歴
戦略広報及び戦略PRコンサルタント、PRプランナー 。最先端の経営戦略「戦略広報経営」研究及び実践の第一人者。事業創造大学院大学客員教授。中小企業診断士。 1968年生まれ。慶應義塾大学経済学部、法政大学法学部卒業。商社などに勤務後、横濱カレーミュージアムで「ひとり広報」を経てプロデューサーに就任し現職に至る。横濱カレーミュージアムの立ち上げから携わり、2002年11月に代表に就任し、入館者数減少に悩む同館をわずか1年で復活に導く。年100回以上のイベントを実施し週2~3回のリリースを配信するという独自のPR理論に基づいて実施し大成功を収める。 06年11月に退任。以降、戦略広報及びマーケティングPR手法を講演やコンサルティングで企業や官公庁に指導している。現在は戦略広報に特化した日本で数少ないコンサルタント及びマーケティングプランナーとして活躍。広報PRを核に経営を遂行する次世代にふさわしい最新の広報「戦略広報」を核とした経営法を構築し実践している。また、カレー研究の第一人者としても知られ、カレーの文化や歴史、栄養学、地域的特色、レトルトカレーなどカレー全般に精通しており、カレー業界全体のPRするため「株式会社カレー総合研究所」を設立し、代表取締役を務めている。   主な著書に、『新プレスリリース完全版』『最強のビジネス文書 ニュースリリースの書き方・使い方』『広報入門』(宣伝会議)、『広報・PRの実務 組織づくり、計画立案から戦略実行まで』(日本能率協会マネジメントセンター)、『マスコミがおもわず取り上げたくなるPRマル秘戦略』(インデックス・コミュニケーションズ)、『無料で一億人に知らせる門外不出のPR戦術』(明日香出版)、『一億人の大好物 カレーの作り方』、『国民食カレーで学ぶもっともわかりやすいマーケティング入門』、『男に捧げるこだわりのカレーレシピ』(日東書院本社)、『マンガで学ぼうマーケティング』(中央経済社)、『人生を変えるプレゼン術』(朝日新書)など多数。