キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

<夏季休業のお知らせ>
2022年08月12日(金)~15日(月)の間、セミナー事務局はお休みをいたします。
セミナーのお申込やお問合せは、休業期間中も24時間受け付けておりますが、事務局からの返事・回答等は、休み明けより順次お返しいたします。あらかじめご了承ください。
なお、視聴期間内のセミナーについては、通常通りご視聴を頂く事ができます。 

アドバンス広報実務スキルコース 速習コース(PRエキスパート上級)

アドバンス広報実務スキルコース(速習コース)とは広報の現場で基本業務をこなしている方(広報歴おおむね1年以上3年未満)で、さらなる広報スキルを習得したい広報パーソンを対象とした講座です。広報の現場に立ち、なかなか時間が取れない広報パーソンのために、多忙な業務の合間にどこにいても受講でき短時間で効率的に実践で役立つスキル、ノウハウなどを習得できます。メディアで高掲載を勝ち取るためには基本を身につけた上に、さらに応用といえる広報実務が必要となります。一流広報パーソンの使う、高い成果を発揮するための広報応用実務スキルを学ぶことができます。広報部でないが、広報業務を経営やマーケティングに取り入れたいビジネスパーソンにも短時間で広報業務内容が把握できます。なお、この講座は「PRエキスパート上級」資格付与対象講座となります。
中~上級者向け
49,500 (税込)
5時間56分 詳細へ
2023/12/01 23:45 まで
ivfbaibc

イベント概要

アドバンス広報実務スキルコース 速習コースとは?
(「PRエキスパート上級」資格付与対象講座)


広報の現場で基本業務をこなしている方(広報歴おおむね1年以上3年未満)でさらなる広報スキルを習得したい広報パーソンを対象とした講座です。広報の現場に立ち、なかなか時間が取れない広報パーソンのために、多忙な業務の合間にどこにいても受講でき短時間で効率的に習得できます。
メディアで高掲載を勝ち取るためには一流広報パーソンの使う広報応用実務スキルが必要です。この広報の高い成果を発揮させるために、基本を身につけた上に必要な応用といえる広報実務を約5時間の速習で習得できます。
広報部ではないが、広報業務を経営やマーケティングに取り入れたいビジネスパーソンも短時間で広報業務内容の把握ができます。

広報で成果が出ず、悶々としている方へ
成果が出ないのは、基本業務にプラスαで必要な応用スキルがないからかもしれません。広報パーソンとしての飛躍、もしくは業務の改善や見直しを検討している方に受講価値のある内容になっています。

 

<あなたの広報スキルをチェックしてみてください!>

 ▶この講座では、こんな応用スキルを学ぶことができます!

□リリースで訴求力がアップする表現は?
□知らないとメディアに笑われてしまう表現や表記を知っていますか?
□一流広報企業がよく使う「調査リリース」という手法を知っていますか?
□「調査リリース」の発信するポイントは?
□メディアによく出る企業の基本ツール「達成リリース」を知っていますか?
□「達成リリース」の活用方法は?
□「誘導リリース」すら使いこなせないで広報をやっていませんか?
□ブームを巻き起こす「メディア通信」という手法を知っていますか?
□広報で成果が出ないことをコンテンツが少ないと会社のせいにしていませんか?
□どの企業も潤沢に広報のコンテンツがないことを自覚していますか?
□メディア頻出企業はコンテンツを創出する方法を駆使していることを知っていますか?
□定番コンテンツをまとめないで広報をしていませんか?
□企業や団体とのタイアップは有効と知っていますか?
□販売記念日や企業記念日を広報の武器にしていますか?
□広報コンテンツを生み出す広報に必要不可欠な発想法があることを知っていますか?
□刺激法、切口思考法を知っていますか?
□広報をリリースの配信だけで終わりにしていませんか?
□リリース配信だけではほとんど効果が出ないことも知っていますか?
□リリース配信プラスαでメディアアタックの効果が数倍になることを知っていますか?
□記者会見を年に4回以上、実行していますか?
□記者会見が一部の大企業だけが用いる難しい手法だと思い込んでいませんか?
□小企業でも広報上手な企業は記者会見を使いこなしていることを知っていますか?
□記者会見はテレビメディアに有効であることを知っていますか?

≪講師について≫
講師は、広報業界でナンバーワンと呼び声高いPRコンサルタントの井上岳久氏(井上戦略PRコンサルティング事務所代表)を招聘し担当していただいております。井上氏は広報業界で企業研修や公開講座で年間100以上を担当し著書は20冊を超える売れっ子で、説明がわかりやすいと高く評価されているの人気講師でもあります。

<講座内容に関して>
内容は、リリースのレベルアップ&応用リリースとして、ニュース(プレス)リリースの採用率を高める方法と表現技法、調査リリース、達成リリース、誘導リリース、メディア通信(応用ニュースレター)、広報定番コンテンツ創出&広報企画の発想法として、企業活動における定番コンテンツ創出法、企業等タイアップ企画法、国民的イベント日企画法、企業記念日企画法、販売達成記念日法、外部刺激法、切口思考法、井上戦略PR式コンテンツ創出チェックリスト、井上戦略PR式ニュースバリュー発想法、応用メディア交渉法&記者会見の開催法として、メディア交渉法1/プッシュ作戦「メディアアタック」、メディア交渉法2/プル作戦「広報コンテンツサイト」、記者会見の開催方法、記者会見の種類、記者会見の開催フロー、記者会見の企画立案、テーマ設定、目標の設定、戦略の設定、記者会見の企画のポイント、記者会見の準備の仕方及び当日の進め方、記者会見の成功事例の紹介、と広報の応用スキルとして必要な実務知識を網羅したものになっています。

広報業務は近年、たいへん注目されています。テレビや新聞、Webなどのメディアに頻出する企業の成長が著しいことからわかるとおり、広報は経営に必要不可欠な機能となりつつあります。

この企業の基幹機能ともいえる「広報」を担う人材として、広報の基礎を習得し、企業の発展に貢献できる人材を目指しましょう!
広報の成果を出せるようになれば、仕事が楽しくなります。
広報パーソンとしてキャリアアップすることも可能です。
ご受講を心からお待ちしております。


<講座の目的>
広報実務者の業務遂行上、成果が出ない障壁となる3つの課題があると考えています。
 ①広報の武器がリリースしかない!
  →基本リリースの一辺倒で他の打つ手を知らない。
 ②広報コンテンツの量が極端に少ない!
  →ネタ欠乏症で、ネタを創り出せない。
 ③メディアへ交渉していない! 
  →リリース配信するだけで、その後はただ待つだけ!


これらの課題を解決することを目的としております。
そして、一流広報パーソンへ飛躍することを目指します。

カリキュラム/プログラム

第1部:リリースのレベルアップ&応用リリース
    ニュース(プレス)リリースの採用率を高める方法と表現技法
    調査リリース
    達成リリース
    誘導リリース
    メディア通信(応用ニュースレター)
第2部:広報定番コンテンツ創出&広報企画の発想法 
    企業活動における定番コンテンツ創出法
    企業等タイアップ企画法
    国民的イベント日企画法
    企業記念日企画法
    販売達成記念日法
    外部刺激法
    切口思考法
    井上戦略PR式コンテンツ創出チェックリスト
    井上戦略PR式ニュースバリュー発想法
第3部:応用メディア交渉法&記者会見の開催法 
    メディア交渉法1/プッシュ作戦「メディアアタック」
    メディア交渉法2/プル作戦「広報コンテンツサイト」  
    記者会見の開催方法
    記者会見の種類
    記者会見の開催フロー
    記者会見の企画立案
    テーマ設定
    目標の設定
    戦略の設定
    記者会見の企画のポイント
    記者会見の準備の仕方及び当日の進め方
    記者会見の成功事例の紹介

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 7日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2022/04/01 22:00 提供開始、視聴開始から 7日間 まで

詳細

受講レベル
中~上級者向け
※受講レベルについて
チャットで質問
できません
配布資料
  • 「アドバンス広報実務スキルコース(PRエキスパート上級)」 補助資料 ワーク1.pdf
  • 「アドバンス広報実務スキルコース(PRエキスパート上級)」 補助資料 ワーク2.pdf
  • 基本レジュメ「アドバンス広報実務スキルコース(PRエキスパート上級)」 .pdf
修了証の発行
なし
収録日
2022/03/30
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
井上戦略PRコンサルティング事務所
代表取締役
井上岳久
経歴
戦略広報及び戦略PRコンサルタント、PRプランナー 。最先端の経営戦略「戦略広報経営」研究及び実践の第一人者。事業創造大学院大学客員教授。中小企業診断士。
1968年生まれ。慶應義塾大学経済学部、法政大学法学部卒業。商社などに勤務後、横濱カレーミュージアム・プロデューサーを経て現職に至る。横濱カレーミュージアムの立ち上げから携わり、2002年11月に代表に就任し、入館者数減少に悩む同館をわずか1年で復活に導く。年100回以上のイベントを実施し週2~3回のリリースを配信するという独自のPR理論に基づいて実施し大成功を収める。 06年11月に退任。以降、戦略広報及びマーケティングPR手法を講演やコンサルティングで企業や官公庁に指導している。現在は戦略広報に特化した日本で数少ないコンサルタント及びマーケティングプランナーとして活躍。広報PRを核に経営を遂行する次世代にふさわしい最新の広報「戦略広報」を核とした経営法を構築し実践している。 
 また、カレー研究の第一人者としても知られ、カレーの文化や歴史、栄養学、地域的特色、レトルトカレーなどカレー全般に精通しており、カレー業界全体のPRするため「株式会社カレー総合研究所」を設立し、代表取締役を務めている。 
 主な著書に、『新プレスリリース完全版』『最強のビジネス文書 ニュースリリースの書き方・使い方』『広報入門』(宣伝会議)、『広報・PRの実務 組織づくり、計画立案から戦略実行まで』(日本能率協会マネジメントセンター)、『マスコミがおもわず取り上げたくなるPRマル秘戦略』(インデックス・コミュニケーションズ)、『無料で一億人に知らせる門外不出のPR戦術』(明日香出版)、『一億人の大好物 カレーの作り方』、『国民食カレーで学ぶもっともわかりやすいマーケティング入門』、『男に捧げるこだわりのカレーレシピ』(日東書院本社)、『マンガで学ぼうマーケティング』(中央経済社)、『人生を変えるプレゼン術』(朝日新書)など多数。