キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

自然言語解析AIの応用と戦略

新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
すべての方向け
33,330 (税込)
1時間44分 詳細へ
終了予定なし
ivSK8rln

イベント概要

[主催]

新社会システム総合研究所(SSK)

https://www.ssk21.co.jp

 

[テーマ]

医療・ヘルスケア・創薬分野における

自然言語解析AIの応用と戦略

 

[重点講義内容]

人間だけが抽象的なシンボルを使ってコミュニケーションを行い、複雑な感情や状況を表現し伝えることができる。この言語を人に代わってコンピュータに処理させる試みが、自然言語処理である。自然言語処理は、人間に特有の情報を扱うという点で、実社会における応用が、大きく期待されている。その応用範囲は法律、金融、医療、創薬と多岐にわたり、それぞれの分野で求められる自然言語処理の技術も多様である。

本講演では、特に自然言語処理AIの医療・ヘルスケア・創薬分野における応用とその戦略的な展開について紹介したい。

カリキュラム/プログラム

1.自然言語処理AI
2.自然言語処理AIによる診断支援AI(認知症診断支援)
3.自然言語処理AIによる事象予防AI(転倒転落予測)
4.AI創薬における自然言語処理AI
5.まとめ

視聴期間/スケジュール

以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2021/11/01 17:00 提供開始、視聴開始から 14日間 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講についての補足
【配信概要】
・資料は、動画視聴ページにてダウンロード可能(PDF)となります。
・視聴期限: 14日
・購入前にインターネット環境をお確かめください。

セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。以下のサンプル動画が閲覧できるか、事前にご確認の上お申し込みください。
https://deliveru.jp/pretest5/
 ID livetest55
 PW livetest55
チャットで質問
できません
配布資料
  • 10.28_「自然言語解析AIの応用と戦略」.pdf
修了証の発行
なし
収録日
2021/10/28

講師のプロフィール

講師名
株式会社FRONTEO
執行役員 ライフサイエンスAI CTO・博士(数学)
豊柴 博義
経歴
早稲田大学大学院 理工学研究科数学専攻。理学博士(数学、2000年に博士号取得)課程中の1999年より九州大学医学部附属病院の医療情報部にて医療データの統計解析を担当する。2000年よりアメリカ国立環境健康科学研究所(NIEHS)において、データ解析による発がんプロセスの研究などに参加。2004年からは独立行政法人国立環境研究所にて、毒性データの統計解析・疫学研究のデザインとデータ解析の研究に従事。2006年に武田薬品工業に入社し、バイオインフォマティクス分野の研究員、グローバルデータサイエンス研究所・日本サイトバイオインフォマティクスヘッド、サイエンスフェローを歴任。また、臨床試験データにおける遺伝子発現データ解析やターゲット探索、さらに免疫と癌におけるバイオマーカー探索にも携わる。
2017年よりFRONTEOでライフサイエンスAIの開発に従事。ライフサイエンスの領域に特化したAIエンジン「Concept Encoder」を開発。テキストのベクトル化という特徴を生かし、現在までに論文探索、創薬支援、認知症診断支援、転倒予測などのさまざまなAI製品をこの人工知能をベースに開発している。2019年よりライフサイエンスAI CTO。2021年執行役員就任。AIによる現代の医療課題の解決を目指す。