キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
2022/04/08(金) 10:00 ON AIR
早く、正確で、わかりやすいビジネス文書を書けるように指導します!

新入社員研修 ビジネス文書・eメールの書き方とマナー

社内・社外文書のルールとマナーをしっかり解説します!
すべての方向け
31,900 (税込)
7時間0分 詳細へ
2022/04/07 18:00 まで
pc0337kb

イベント概要

社内・社外を問わず、ビジネス文書は重要なコミュニケーションの道具です。特に、最近はeメールの普及によりますます文書を作成する機会が増えています。本セミナーでは、ビジネス文書を早く正確に書くための、形式、構成、表現方法、宛名書きなどの基本的なルールをおさえ、eメールを含め、失礼のない文書の書き方を指導します。空欄埋めや白紙フォームによる作成などさまざまな演習を取り入れ、明日からすぐに実践できるよう指導します。

カリキュラム/プログラム

1.オリエンテーション
 1)セミナーの目的
 2)情報交流の場を活かす
 3)4つのビジネスコミュニケーションと核

2.ビジネス文書の基本
 1)文書と文章の違い
 2)ビジネス文書の種類
 3)ビジネス文書がもつ4つの特徴
 4)ビジネス文書作成の3ステップと情報整理のコツ
 5)ビジネス文書意識度チェックリスト

3.【ステップ1】文書目的を明確にする
 1)仕事のけじめは文書である
 2)文書目的とは何か?
 3)目的と手段は違う
 4)論理的思考の重要性

4.【ステップ2】評価される表現とまとめ方
 1)5W2Hを意識する
 2)結論から書く
 3)1文書1用件主義
 4)件名こそ命!!
 5)句読点を適切に打つ
 6)センテンスは短く!

5.文書作成のルールとマナー
 1)書体と文字の大きさ
 2)会社の品格を保つために注意したいこと
 3)封筒の種類
 4)封筒の表書きと返信ハガキ

6.【ステップ3】社内文書・社外文書のフォームと項目を整える
 1)社内文書のフォームと項目
 2)社内文書作成
 3)社外文書のフォームと項目
 4)社外文書作成

7.eメールの知識と基本マナー
 1)eメールはコミュニケーションツールの主役級!
 2)eメール意識度チェックリスト
 3)eメール本文の構成
 4)宛先・CC・BCCの使い分け
 5)迷惑をかけない添付ファイル
 6)相手が読みやすくなる工夫

視聴期間/スケジュール

以下の期間でライブ配信と見逃し配信がスケジュールされています。
ライブ配信:2022/04/08 10:00 から 2022/04/08 17:00 まで
見逃し配信:2022/04/18 00:00 から 2022/04/25 23:59 まで

詳細

受講対象者の職種/職位
新社会人・第二新卒対象(大学・高卒・男女を問いません)
身につく知識/スキル
* eメールを含めたビジネス文書の基本が理解できる
* 読み手の立場を意識した文書を作成することができる
* 失礼のない文書を書くことにより、周囲からの信頼と安心を得ることができる
受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講についての補足
【受講についての補足】
■1ID、1名様の受講をお願いいたします。複数名での受講はできません。
■セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合がございます。
チャットで質問
できません
配布資料
セミナーのテキスト・資料は、開催日の2日営業日前の13:00までにアップロードいたします。 Deliveru(デリバル)にログイン後、視聴ページ内にある [資料ダウンロード]をクリックの上、事前に印刷していただくか、ライブ配信当日パソコン等の視聴端末上でご覧の上、ご参加ください。
修了証の発行
あり

講師のプロフィール

講師名
Edu.ANNEX
代表 人財育成コンサルタント
池田 稔子 氏
経歴
大学卒業後、大手金融機関に入社。役員秘書として従事するかたわら、営業推進の企画運営・人財育成業務なども手がける。その後、京都大学大学院研究科にて教授秘書として従事した後、研修会社の創業メンバーとして活躍。
現在、Edu.ANNEXを設立し、企業や行政における業務効率化研修・事務改善研修等の実務研修、マネジメント研修・コミュニケーション研修等のヒューマンスキル研修を切り口として、組織活性化コンサルティングを行う。
机上の理論ではなく、秘書業務で培った事務スキルや対人スキルなど、実務に即した内容に重点を置いた研修は高い評価を得ている。顧客に即したオーダーメイド型研修を得意とし、対話の中から課題発見し、問題解決へと導く。講義は受講者との距離感が近く、共創の学びをモットーとする。 自身の体験談を交えた人間的ふれあいと共感の中での講義は企業の教育担当者から厚い信頼を得ている。