キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
激変する経営環境の下、必要とされるリーダーシップとは

リーダーシップと人材マネジメント

これからのリーダーに求められる要件と人材マネジメントの実践ポイント
すべての方向け
44,000 (税込)
販売終了
12時間13分 詳細へ
終了
pcr8PZuc

イベント概要

【本セミナーはSMBCコンサルティングが提供するライブ&見逃し配信セミナーです】

 激変する経営環境の中、求められるリーダーシップ、そして、人材マネジメントのあり方も大きく変化しています。多くの企業で業績の見通しが不透明となる中、どのようなリーダーが必要とされるのでしょうか?

 本セミナーでは、これからのリーダーシップのあり方と人材マネジメントの方法について、ディスカッションを通じながら、実践的に習得していきます。次世代の経営を担う方々はもちろんのこと、リーダー育成を模索する人事・人材開発担当者の方にもご参加をおすすめします。

カリキュラム/プログラム

<1>人材マネジメント(組織、組織文化、人事システム)
1.人材評価・育成の仕組み
  1)成果主義ということ
  2)多面的人材評価と育成
  3)働き方改革について

2.環境変化に伴う人材マネジメントの変化
  1)組織と社員の関係の変化
    ●企業はどのような人材が必要なのか?
    ●成長し、企業発展を担う人材の要件とは?
  2)個人の自律と組織マネジメント
    ●自律とコミットメント
    ●自律型組織とは
  3)【ワーク】 「人材価値の最大化と組織力強化のためにすべきこととは?」
  4)メンタルモデル
    ●とらわれ、思いこみになっているものとは?
    【ワーク】 「自社のメンタルモデル」

<2>組織行動(リーダーシップ、動機、キャリア)
1.リーダーシップとマネジメント
  1)マネジャーとリーダーの違い
    ●マネジメント機能とリーダーシップ機能
    ●マネジャーとリーダーの仕事
  2)変革のために必要なものとは
    ●変革を起こすために必要な要素
    ●変革のリーダーシップ

2.リーダーシップのタイプ
  1)リーダーシップの変遷
    ●リーダーシップ1.0
     ~「カリスマ」でないとリーダーにはなれないか?~
    ●リーダーシップ2.0
     ~変革のリーダーシップの危機 ~
  2)リーダーシップ3.0とは
    ●支援型リーダー
    【ワーク】 「あなたの組織に必要なリーダーシップは?」

3.部下の動機付け
  1)「部下や自身が動機付けられた例」
  2)動機付けの理論
    ●外発的動機と内発的動機
    ●やる気を引き出す「エンパワーメント」の条件
  3)【ワーク】 「部下の動機付けに関してできることは何か?」

4.自身のなりたいリーダー像を思い描く
  1)人間力
    ●人間力とは何か
    ●部下は上司の背中を見ている
  2)自分自身であること
    ●自分自身であるために必要なこと
  3)ミッション、ビジョン、モットー
    ●リーダーとビジョン
    ●リーダーとなるための3つの源泉
  4)【ワーク】 「私のミッション、ビジョン、アクションプラン」

視聴期間/スケジュール

以下の期間でライブ配信と見逃し配信がスケジュールされています。
ライブ配信:2022/05/20 17:00 に終了
見逃し配信:2022/06/02 00:00 から 2022/06/09 23:59 まで

詳細

受講対象者の職種/職位
経営幹部・管理職、および人事・人材開発担当者
身につく知識/スキル
◎環境変化の下、必要とされるリーダーシップのあり方を理解できる
◎経営視点に立った人材マネジメントの方法を実践レベルで理解できる
受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講についての補足
■1ID、1名様の受講をお願いいたします。複数名での受講はできません。
■セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合がございます。
チャットで質問
できません
配布資料
  • 【テキスト】リーダーシップと人材マネジメント.pdf
修了証の発行
あり
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
慶應義塾大学大学院理工学研究科
特任教授
小杉 俊哉 氏
経歴
早稲田大学法学部卒業。日本電気株式会社入社。マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーインク、ユニデン株式会社人事総務部長、アップルコンピュータ株式会社人事総務本部長を経て独立。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授、立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科客員教授等を経て現職。専門は、人事・組織、キャリア/リーダーシップ開発。組織が活性化し、個人が元気によりよく生きるために、組織と個人の両面から支援している。