キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
2023/02/27(月) 10:00 ON AIR
「報・連・相」の質と量が仕事の成果に大きな影響を与える!

新入・若手社員のコミュニケーションとホウレンソウ(報告・連絡・相談)

職場のコミュニケーションと報告・連絡・相談の基本をワークや事例を交えて解説!
質問OK すべての方向け
35,200 (税込)
7時間0分 詳細へ
2023/02/26 18:00 まで
pczqk8ac

イベント概要

【本セミナーはSMBCコンサルティングが提供するライブ&見逃し配信セミナーです】

周囲と良好な関係を築き、仕事を円滑に進めるためには、自ら積極的にコミュニケーションをとることが求められます。中でも職場コミュニケーションの基本である「報・連・相」は、新入・若手社員が身につけておくべき基本事項と言えます。
本セミナーでは、ビジネスの場におけるコミュニケーションの重要性を理解するとともに職場コミュニケーションの基本である「報・連・相」について、その重要性と具体策を解説いたします。相手の立場に立った「報告」「連絡」の仕方や自身の成長につながる「相談」の仕方をワークや事例を交えて理解を深めます。明日から即使える実践的な内容となっておりますので、ぜひご参加ください。

※新型コロナウイルス感染症の影響によりセミナー内容が一部変更になる場合があります。

カリキュラム/プログラム

1.今、新入・若手社員に期待されていること
 1)私たちを取り巻く環境を理解する
 2)会社・上司は私たちに何を期待しているか
 3)あなたのコミュニケーション現状チェック

2.新入・若手社員に求められるコミュニケーション
 1)新入・若手社員が身につけるべきコミュニケーションとは
 2)コミュニケーションのベースとなる力を高める
 3)自分から積極的に周囲に働きかける力
 4)常に問題意識をもって考える力
 5)自ら積極的にコミュニケーションをとろう

3.コミュニケーションの基本スキルを伸ばす
 1)コミュニケーションとは何か
 2)情報を的確に伝達し合うには  
 3)必要な情報を聞き出すスキル
 4)相手にわかりやすく伝えるスキル

4.「報・連・相」は大事な仕事と心得る
 1)「報・連・相」不足が招く負の影響
 2)あなたの「報・連・相」実践度チェック
 3)「報・連・相」とは何か
 4)新入・若手社員に求められる「報・連・相」 
 5)「指示・命令」の受け方で結果が決まる 

5.「報告」の徹底で安心・信頼を得る
 1)効果的な「報告」のポイント
 2)相手の立場に立った「報告」の仕方
 3)いつ、どんな時に「報告」が必要なのか
 4)上司の期待する「報告」で信頼を得よう

6.「連絡」で周囲との連携力を強化する
 1)効果的な「連絡」のポイント
 2)信頼感を高める「連絡」の仕方
 3)お役立ち精神が周囲とのつながりを強化する
 4)こまめな「連絡」に必要なこと

7.「相談」は自分を成長させるチャンスの場
 1)効果的な「相談」のポイント
 2)問題や悩みは一人で抱え込まない
 3)成長につながる「相談」の仕方
 4)明日から取り組む「報・連・相」実行宣言

視聴期間/スケジュール

以下の期間でライブ配信と見逃し配信がスケジュールされています。
ライブ配信:2023/02/27 10:00 から 2023/02/27 17:00 まで
見逃し配信:2023/03/09 00:00 から 2023/03/16 23:59 まで

詳細

受講対象者の職種/職位
新入社員・若手社員の方
身につく知識/スキル
・自ら積極的にコミュニケーションをとる姿勢が身につく
・いつ、誰に、どのように「報・連・相」するのか理解できる
・相手の立場に立った「報・連・相」ができるようになる
受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講についての補足
■1ID、1名様の受講をお願いいたします。複数名での受講はできません。
■セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合がございます。
チャットで質問
できます(一部)
配布資料
セミナーのテキスト・資料は、開催日の2日営業日前の13:00までにアップロードいたします。Deliveru(デリバル)にログイン後、視聴ページ内にある [資料ダウンロード]をクリックの上、事前に印刷していただくか、ライブ配信当日パソコン等の視聴端末上でご覧の上、ご参加ください。
修了証の発行
あり
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
ALive
代表 キャリアコンサルタント
川北 麻紀 氏
経歴
大学卒業後、インテリア関係の企業にて営業に従事した後、地方自治体の人事課・人材育成課において、業務運営管理システムを開発し業務の効率化を図る傍ら人材育成業務に携わる。その後、人材育成会社の研修講師を経て独立。企業・団体における人材育成の他、女性社員の能力開発研修やビジネススキル研修を実施している。スキルや知識を伝えるだけでなく、それらを真に活用するために必要なマインド面の指導にも重点を置く研修は、自主的な行動変革を促す研修として定評がある。