キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

問題社員・クレーマーへの対処法

新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
すべての方向け
33,880 (税込)
1時間52分 詳細へ
終了予定なし
iv4bI0pb

イベント概要

[主催] 

新社会システム総合研究所(SSK)

https://www.ssk21.co.jp

[テーマ]

クレーマー対応と労働問題に精通する島田弁護士が伝授

「問題社員」「クレーマー」への具体的な対処法と抜本的解決指針

[重点講義内容]

 本講義の目的は、「いかにして医師が目の前の患者に集中するか」に尽きます。医療の現場では医師が「診察ではないところ」で頭を抱えることがあまりにも多いです。その最たるものが「ひとの問題」といえるでしょう。ここでいうひとの問題とは、問題社員とクレーマーへの対応ということになります。一見すると別個独立のようなふたつの問題にも実際には共通項があるものです。そういった共通項から逆算的に問題をとらえ直すことで医療におけるひとの問題を抜本的に解決することができます。

 誰もが安心できる職場を実現するために空理空論ではない具体的な解決の指針をお伝えします。

 

 

カリキュラム/プログラム

1.医師は問題社員とクレーマーで疲弊する
2.「なんとなく」という無手勝流から体系的な解決方法へ指向する
3.ひとの問題は共通項から逆算して整理するとわかりやすい
4.ひとりの問題社員で職場が凍る。だからこそ医師がやるべきことがある
5.事務長(配偶者)とスタッフに軋轢が生じたときに求められる姿勢とは
6.クレーマーには「もはや患者ではない」という姿勢で臨む
7.応召義務は医師に犠牲を強いるものであってはならない
8.執拗な電話と面会要求はこうやって断っていく
9.説明と納得は異なる。説明責任という言葉でたじろがない
10.医師とはなにか。なぜあなたは医師なのか

※受講者全員に著書『院長、クレーマー&問題職員で悩んでいませんか?』(日本法令2021.6.1刊)を進呈

視聴期間/スケジュール

以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2021/09/24 17:00 提供開始、視聴開始から 14日間 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講についての補足
【配信概要】
・資料は、動画視聴ページにてダウンロード可能(PDF)となります。
・視聴期限: 14日
・購入前にインターネット環境をお確かめください。

セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。以下のサンプル動画が閲覧できるか、事前にご確認の上お申し込みください。
https://deliveru.jp/pretest5/
 ID livetest55
 PW livetest55
チャットで質問
できません
配布資料
  • 8.24_「問題社員・クレーマーへの対処法」.pdf
修了証の発行
なし
収録日
2021/08/24

講師のプロフィール

講師名
島田法律事務所
代表弁護士
島田 直行
経歴
京都大学法学部卒。山口県弁護士会所属。
経営者をあらゆる方向から支援することをテーマに“社長法務”と称する独自のリーガルサービスを提供する。
労働事件、悪質クレーマー対応及び相続を含めた事業承継をメインに、経営者のあらゆる悩みに耳を傾ける。
基本的な姿勢は、交渉による柔軟かつ早期の解決。一方の見解をひたすら突き通すのではなく相手の心情にまで踏み込んだ交渉を展開することで、双方にとってバランスのとれた着地点を見いだすことを旨としている。
顧問先はサービス業から医療法人まで多岐にわたる。
著書に『社長、辞めた社員から内容証明が届いています』『社長、クレーマーから「誠意を見せろ」と電話がきています』『社長、その事業承継のプランでは、会社がつぶれます』(いずれもプレジデント社)、『院長、クレーマー&問題職員で悩んでいませんか?』(日本法令)がある。