キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

<夏季休業のお知らせ>
2022年08月12日(金)~15日(月)の間、セミナー事務局はお休みをいたします。
セミナーのお申込やお問合せは、休業期間中も24時間受け付けておりますが、事務局からの返事・回答等は、休み明けより順次お返しいたします。あらかじめご了承ください。
なお、視聴期間内のセミナーについては、通常通りご視聴を頂く事ができます。 

新任看護部長の取り組むべき病院経営改善

新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
すべての方向け
27,500 (税込)
1時間19分 詳細へ
終了予定なし
ivFudSCh

イベント概要

[主催]

新社会システム総合研究所(SSK)

https://www.ssk21.co.jp

 

[テーマ]

松阪市民病院の11年連続黒字の秘訣を開示

新任看護部長及び看護部の意識改革と  

                  病院経営改善のポイント

 

[重点講義内容]

松阪市民病院は地方公営企業法一部適用の自治体病院で、2007年単年度、約10億円の赤字であった。2008年度よりDPCを導入し、医師数はそれまでの最少で、3年間医師の増員もなしで、2019年度まで11年連続黒字、8年連続で医業収支率100%超を維持してきた。これには医師のみならず、病院内で最多職員数の看護部の意識改革が、大きく関係している。看護部の経営改善のポイントは、①自院の経営状況を経年的に把握しているか? ②DPCを正しく理解しているか? ③診療報酬制度を正しく理解し、実践し、継続しているか? ④自分たちの病院職員が「最高の医療、良質の医療を提供している」と勘違いしていないか? ⑤他の病院より遅れている点を見つけ、謙虚に反省し改善しているか?

これらについて松阪市民病院での経験を基に解説する。

 

 

 

 

カリキュラム/プログラム

1.新人看護師でも知っておくべきDPCの基本

2.看護師の意識改革による経営改善―具体的な項目
 (1)DPCに関連した項目
     ①予定入院手術、予定検査患者の外来にての検査完璧化
     ②術後予防的抗生剤の使用の検討
 (2)診療報酬制度に関連した項目
     ①クリティカルパスの再検討
     ②入院患者の外泊についての再認識
     ③肺血栓塞栓症予防管理料の算定
     ④入退院支援加算の算定
     ⑤認知症ケア加算の算定
     ⑥せん妄ハイリスク加算の算定
     ⑦周術期口腔機能管理の検討(口腔ケアの実践)

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 7日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2021/10/08 11:00 提供開始、視聴開始から 14日間 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講についての補足
【配信概要】
・資料は、動画視聴ページにてダウンロード可能(PDF)となります。
・視聴期限: 14日
・購入前にインターネット環境をお確かめください。

セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。以下のサンプル動画が閲覧できるか、事前にご確認の上お申し込みください。
https://deliveru.jp/pretest5/
 ID livetest55
 PW livetest55
チャットで質問
できません
配布資料
  • 10.6_「新任看護部長の取り組むべき病院経営改善」.pdf
修了証の発行
なし
収録日
2021/10/06
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
松阪市民病院
総合企画室
副室長
世古口 務
経歴
1972年 三重県立大学医学部卒業/1974年 三重大学医学部付属病院勤務、医局長、兼講師/1986年 市立伊勢総合病院 外科医長/1994年 市立伊勢総合病院 副院長/1997年 市立伊勢総合病院 院長(49歳)/2004年 伊勢市病院事業管理者兼院長/2008年 同 退職(任期途中)/同年 松阪市民病院 診療部経営担当/2009年 東海コンソーシアム代表世話人/2010年 松阪市民病院 総合企画室 副室長
【講演会】
2020年末までに主な講演会(北海道~沖縄県):317回
【著書】
『DPC/PDPS導入を契機にした自治体病院の経営改善』(日本医学出版)
『「ジョン・P・コッターの8つの変革ステップ」からみた、松阪市民病院経営改善の検証』(日本医学出版)
『意識改革とチーム医療による病院経営改善』(経営書院)
『必ず役に立つ病院人事評価制度導入の手引き-あの松阪市民病院の実践例』(マスブレイン社)