キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


研修の提供

カテゴリー
閉じる
2024/03/06(水) 13:30 ON AIR

脱炭素経営の進め方

~自社のカーボンニュートラルを本気で考える~
質問OK すべての方向け [N]
16,000 (税込)
販売終了
6時間15分 詳細へ
終了
pcgqyGqc
10

イベント概要

温室効果ガスの「排出量」と「吸収量」をバランスさせることで、温室効果ガスを実質的にゼロにする取り組みであるカーボンニュートラルは、グローバルに展開する企業を中心に取り組みが急速に広がっています。中小企業においても、今後はサプライチェーン全体でのカーボンニュートラル達成に向け、本格的に対応を求められることが想定されます。

本研修では、脱炭素の考え方・進め方や最新の動向を学び、また、インターバル期間中の専門家への個別相談も活用しながら、自社における脱炭素の対応方針を検討します。

カリキュラム/プログラム

<1日目> 

13:15~13:30(15分間) 事務連絡

13:30~16:30(3時間)

■企業における脱炭素化の取り組み方
脱炭素化、カーボンニュートラルが求められる背景を学び、“脱”炭素経営に取り組む必要性を理解します。
・気候変動と脱炭素化における持続可能な社会実現
・脱炭素化検討の考え方・進め方
・国際的なイニシアチブ SBT、TCFD、RE100など

■自社のカーボンニュートラルを考える①(演習)
“脱”炭素経営を進めるにあたっての自社の現状把握、課題整理を行い、エネルギー削減目標の達成に向けた今後の方向性を検討します。
・自社の現状把握(CO2排出量の算出方法)
・CO2削減目標の算出
・CO2を削減するための3つの観点と6つのポイント


【インターバル期間】
豊富な実務経験・ノウハウを持つ専門家との個別相談を行い(オンライン)、自社のCO2排出状況、削減目標を明確にします。また、削減対策の検討も行い、自社のCN達成に関する課題を明確にします。


<2日目>

13:30~16:30(3時間)

■1日目振り返り
研修1日目およびインターバル期間の取り組みを各社で発表して共有します。

■自社のカーボンニュートラルを考える②
これまでの研修内容を踏まえて自社のカーボンニュートラル達成に向けた中長期的な課題の明確化と、効果的な情報発信の方法について検討します。
・事例紹介(他社の削減方法やロードマップの事例)
・中小企業SBTなどの活用検討

※3時間×2日間=6時間(事務連絡時間等を除く) 研修中は適宜休憩を入れます。

視聴期間/スケジュール

以下の期間でライブ配信を行ないます。
ライブ配信1:2024/02/14 16:30 に終了
ライブ配信2:2024/03/06 13:30 から 2024/03/06 16:30 まで

詳細

受講対象者の職種/職位
経営幹部、管理者
・自社の脱炭素化について検討している方
・企業価値の高め方を学びたい方
身につく知識/スキル
・カーボンニュートラルが求められているグローバルな背景が理解できます。
・カーボンニュートラル達成に向けた、自社の中・長期的な課題を明確にします。
・専門家の個別相談がセットになっており、自社の実情にあった“脱”炭素経営を検討できます。
受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講における必須条件
オンライン研修受講に際して、必ず以下をご確認ください。

■推奨環境は、以下をご確認ください。
https://deliveru.jp/faq/#Q8

・お申し込みの前に視聴テストサイトを必ずご確認ください。
・視聴できない場合は、ファシオセミナー事務局(03-6304-0550 平日9:30から17:00)までご連絡ください。

-------
https://deliveru.jp/pretests/discussionroom_top?rtlive=1
ID livetest55
パスワード livetest55

※特に「ディスカッションルームへの参加」のテスト(WEBカメラ・マイク・スピーカー)について、忘れずに実行いただきたくお願い申し上げます。
※ご利用の環境等が原因で当日講義を受講いただけなかった場合は、キャンセルとなりご返金もいたしかねますので、ご了承の程何卒よろしくお願い申し上げます。
-------

■必要機材は、以下の通りです。
・WEBカメラ(パソコン内蔵型も可)
・ヘッドセット(もしくはマイク付きイヤホン)
・インターネット環境が整い、雑音の入りにくい、研修に集中できる環境
 Wi-Fi等の無線接続は通信が安定しない場合がございますので、有線接続を推奨いたします。
・安定したインターネット接続が可能なことを確認ください。(目安として、上り50Mbps 下り50Mbps以上)
・Free Wi-Fiはセキュリティの観点からご使用されないようにお願いします。

■留意事項
・講師への質問は原則、講義中に行ってください。
・事務局に対する事前の質問や連絡はメールにて行ってください。講義中はチャットにて、利用できない場合には電話にてご連絡ください。
・PC等の機材導入にかかる費用、インターネット回線の導入や通信費等研修に必要となる受講者のみが利用するものは受講者でご負担ください。
・受講者側のパソコン、ネットワーク回線等の状況によっては受講できないあるいは映像や音声が途切れる等の不具合が発生することがあります。予めご了承ください。
・インターネット回線への接続、WEB会議システムの操作については受講者でご対応をお願いします。ご不明な点については、事前にお渡しさせていただく手引きを参照してください。その他分からないことがありましたら事務局にご連絡ください。
・次のような場合、予告なしに講義を中断もしくは中止する場合があります。
・停電、設備故障、外部からの不正アクセス等による通信障害またはその恐れがある場合
・研修を提供するスタジオのある地域での大規模な災害等が発生した場合
・その他研修の運営に支障が生じると判断した場合
・受講者の言動あるいは受講環境からの影響により、研修の継続に支障をきたすと判断した場合、一方的に利用を制限、中断または中止することがあります。
・配信する映像、画像、テキスト、音声または関連資料などのコンテンツの全てまたは一部に関する著作権は、講師、中小機構、その他著作権者に帰属します。
受講についての補足
■キャンセルポリシー
・開講1ヶ月前の翌日から開講日の前日17時迄(前日が土曜・日曜・祝祭日の場合はその前営業日):受講料の8割返還。それ以降:返還いたしません。
・キャンセルは研修の始まる前日(前日が土曜・日曜・祝祭日の場合はその前営業日)の17時まで可能です。必ずお電話及びメールでもご連絡ください。

■お問い合わせ先
中小企業基盤整備機構 人材支援部 人材支援企画課 和田
03-5470-1560 jinzai-kikaku@smrj.go.jp

本プログラムは、独立行政法人中小企業基盤整備機構・株式会社ファシオ共催となっております。
チャットで質問
できます
配布資料
  • ①脱炭素経営の進め方_配布レジュメ_20240214_機密性2 .pdf
  • ②R6_算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧_機密性2.pdf
  • ③R6_電気事業者別排出係数(特定排出者の温室効果ガス排出量算定用)_機密性2.pdf
  • ④簡易診断用_診断シート_20240214Ver_機密性2.xlsx
  • ⑤簡易診断用_診断シート_20240214Ver_事例_機密性2.xlsx
  • ⑥データシート_機密性2.xlsx
  • ⑦エネルギー使用データ_入力シート_機密性2.xlsx
  • ⑧保有設備一覧表_入力シート_機密性2.xlsx
  • 受講の手引き(脱炭素経営の進め方)_機密性2.pdf
※資料がある場合、動画の視聴ページからダウンロードができます。
※視聴期間の終了後はダウンロードできなくなります。
修了証の発行
なし
※「あり」の場合、動画の視聴ページからダウンロードができます。
※視聴期間の終了後はダウンロードできなくなります。
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
合同会社サカタ経営
代表社員
坂田 卓也(さかた たくや)
経歴
合同会社サカタ経営 代表社員
大日本印刷株式会社の生産総合研究所やエリーパワー株式会社の生産技術部を経て、経営コンサルタントとして独立し、現在の合同会社サカタ経営を設立。経営工学(IE)を活用した生産性の改善、品質管理(QC)や品質改善、新工場計画、生産ラインの自動化などの支援を行っている。支援実績は印刷関連、金属加工、食品加工、繊維と多岐にわたる業界の実績がある。中小企業診断士、技術士(機械部門)、エネルギー管理士(熱部門)、第3種電気主任技術者等を保有。