キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

研究所の改革

新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
すべての方向け
33,000 (税込)
3時間42分 詳細へ
終了予定なし
ivMLQqxb

イベント概要

[主催]

新社会システム総合研究所(SSK)

https://www.ssk21.co.jp

 

[テーマ]

研究所の戦略を変える

~ 企業の成長エンジンへの変革 ~

 

[開催趣旨]

研究所の最大の使命は企業成長のエンジンとなることです。

しかし、その使命を完遂している研究所は少数派です。

本セミナーでは、研究所変革の設計図ともいえる「戦略の再構築」に向けた、基本的な考え方と、具体的な策定プロセスについて、以下の3つのポイントに重点を置きながら、他社事例を含めて詳説いたします。

1.「研究所に始まり研究所に終わる戦略」ではなく、「企業成長を研究所がリードするための戦略」

2.研究所発の魅力的な新製品・新事業」を継続的に創出するプロセス再構築との同時推進

3.「成果/生産性」と「組織活力(R&D活力)」の同時革新

 

[習得知識]

1.研究所等、R&D部門への期待と戦略再構築の必要性

2. 成長戦略(事業戦略・技術戦略)構想へのR&D部門の貢献の必要性と進め方

3.戦略再構築に向けたR&D組織診断(「生産性」と「活力」)の考え方と進め方

4.R&D戦略再構築の具体的進め方と実践展開への組織的取り組み

 

[受講対象者]

◦ R&D部門(研究所等)の責任者・リーダーの方   

◦ 経営企画・研究企画スタッフの方

 

 

 

カリキュラム/プログラム

1.今求められる研究所戦略とは
(1)研究所に対する経営者の期待と不満           
(2)今求められる研究所戦略のコンセプトと基本要素
(3)研究所戦略策定(再構築)の基本フロー

2.「企業の成長戦略」に研究所が大きく貢献する
(1)技術を核とした持続的な企業成長を目指す
(2)事業の成長戦略構想(新製品・新事業創造を主軸に)
(3)技術戦略構想
(4)事業展開シナリオと技術ロードマップの作成

3.研究所の診断(「生産性」と「活力」)の考え方と進め方 【演習含む】
(1)「R&D生産性」の考え方と測り方
(2)「R&D活力」診断の進め方
(3)生産性と活力の実態によってR&D戦略再構築の基本スタンスを決める

4.研究所戦略を策定する
(1)使命(Mission)
(2)成果目標(Outcome target)
(3)重点領域(Domain)
(4)重要テーマ(Theme)
(5)投資配分(Resource)
(6)組織(Structure)
(7)チーム革新(Team)

5.研究所戦略の再構築に向けた組織的取り組み
(1)戦略策定(再構築)への組織連携
(2)部門改革シナリオの作成
(3)個別改革課題への組織的取り組み

視聴期間/スケジュール

以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2021/09/27 13:00 提供開始、視聴開始から 14日間 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講についての補足
【配信概要】
・資料は、動画視聴ページにてダウンロード可能(PDF)となります。
・視聴期限: 14日
・購入前にインターネット環境をお確かめください。

セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。以下のサンプル動画が閲覧できるか、事前にご確認の上お申し込みください。
https://deliveru.jp/pretest5/
 ID livetest55
 PW livetest55
チャットで質問
できません
配布資料
  • 8.31_「研究所の改革」.pdf
  • 演習シート.pdf
修了証の発行
なし
収録日
2021/08/31

講師のプロフィール

講師名
株式会社日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント
木村 壽男
経歴
1983年 京都大学農学部食品工学科卒業。
企業の研究所における研究開発活動を経て、現在は(株)日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント。
「技術を核とした経営革新」をメインテーマとし、企業ビジョン・戦略の策定とその実現に向けた研究開発革新、新製品開発力強化、事業戦略・技術戦略策定の分野でのコンサルティング、研修、講演を行っている。
・2004~2013年 京都大学 産官学連携本部 産官学連携フェロー。
・2010~2015年 青山学院大学大学院理工学研究科・非常勤講師(研究開発特論)。
代表図書に「研究開発を変える」(同友館、2020年)がある。