キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
SDGs、DX化など迫り来る経営環境の変化にどう対応するべきか?

経営企画室・社長室に求められる役割と実務

激変する経営環境下で勝ち抜く「経営参謀」の重点実務を解説します!
すべての方向け
35,200 (税込)
2時間49分 詳細へ
2023/03/31 23:59 まで
iv5RKAoc

イベント概要

【本セミナーはSMBCコンサルティングが提供するアーカイブ配信セミナーです】

経営企画室・社長室の仕事は、市場や競合他社・自社についてのデータを収集・分析し、「経営戦略」を立案し、全社で実施する際の管理を行うことです。本セミナーでは、国内外における経営環境の変化が激しい現代において、経営企画担当者として、DX化を自社の戦略としてどう捉えるのか、SDGsと自社の中期経営計画とをどう結び付けて、社員に落とし込むのか等々、自社が勝ち抜くために必要な戦略立案のフレームワークや事例について、解説します。自社の未来を左右する経営課題へ取り組む皆さまの積極的なご視聴をお待ちしております。

カリキュラム/プログラム

<前編>
1.自社の歴史を知り理念を落とし込む
 1)わが社のミッション・バリュー・目標はなにか?
 2)経営企画部長の心
 3)経営企画スタッフの心構え

2.長期計画立案からヒントを得る
 1)長期目標の意義と作成手順
 2)長期計画の立案
 3)ドラッカー流 8つの経営目標(ビジョン)の設定

3.戦略立案のフレームワークを確立する
 1)戦略立案フレームワークその1
   SWOT分析 需要と業界構造をおさえ脅威と機会を考える
 2)戦略立案フレームワークその2
   バリューチェーン分析 持続的競争優位性を築くヒント
 3)戦略立案フレームワークその3
   3C分析による市場機会の発見 競争せずに選ばれるヒントはココにあり

<後編>
1.経営環境変化を読み解くキーは国策にあり
 1)国内最大のシンクタンクは政府
 2)中小企業がSDGsに取り組む5つの魅力
 3)取り組み事例

2.組織の課題を考える
 1)部門間(事業部間)コミュニケーションチェック表
 2)機能別組織と事業部組織との違い
 3)M&Aによる組織拡大の注意点

3.変革する文化を醸成する
 1)「ビジョンの浸透」に関する評価・分析の視点
 2)新規事業開発に臨む目線
 3)企画セオリー20カ条

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 14日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2021/12/20 00:00 提供開始、視聴開始から 14日間 まで

詳細

受講対象者の職種/職位
経営企画、社長室、各事業管理部門ならびに戦略・企画に携わる担当者
身につく知識/スキル
●激変する経営環境を勝ち抜くためのポイントが理解できる
●経営企画室の役割が理解できる
●自社の経営課題を知るためのフレームワークがわかる
受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
チャットで質問
できません
配布資料
  • 【テキスト】経営企画室・社長室に求められる役割と実務(前編).pdf
  • 【テキスト】経営企画室・社長室に求められる役割と実務(後編).pdf
修了証の発行
あり
収録日
2021/11/30
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
御堂筋税理士法人 代表社員
株式会社組織デザイン研究所 代表取締役
才木 正之 氏
経歴
大阪府立大学経済学部卒業、平成6年税理士小笠原士郎事務所入所(現御堂筋税理士法人)。財務管理を背景に、経営計画の策定と実行推進、企業変革や会議のコーディネート、後継者・管理者の育成を中心にコンサルティング、社外役員、セミナー等で幅広く活動。銀行・商工会議所などでの講演が多い。