キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
2021/07/09(金) 18:30 ON AIR
【慶應丸の内シティキャンパス夕学五十講 『夕学オンライン』】

現代史家 大木 毅 「知られざる惨禍 独ソ戦とロシアの歴史認識」

【慶應丸の内シティキャンパス夕学五十講 『夕学オンライン』】
すべての方向け
5,500 (税込)
この商品は 2021/06/25 00:00 よりご注文いただけます。
2時間0分 詳細へ
2021/06/25 00:00 から
pcvZZdEv

イベント概要

 

『夕学五十講』(せきがくごじゅっこう)とは、慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が主催する定例講演会です。前期(4月~7月)、後期(10月~2月)の期間に各25講演、年間で50講演を開催しています。

『夕学オンライン』では丸ビルホールからの講演映像をリアルタイムでお届けします。

※なお、夕学オンラインは『夕学五十講』とは運営の異なるサービスとなります。

 夕学オンラインで視聴権を購入されても、丸ビルホールでの受講はできませんのでご注意ください。

 

講演内容

 

「知られざる惨禍 独ソ戦とロシアの歴史認識」

独ソ戦は人類史上最大最悪の戦争といえるが、日本では、その実情が充分に知られているとはいえなかった。冷戦下の政治・社会事情ゆえ、また、ヨーロッパの第二次世界大戦に関する情報源の多くが主として英語によるものだったためである。しかし、独ソ戦をいかに解釈し、認識するかは、今日の現実政治においてもアクチュアルな問題だ。本講演では、独ソ戦概史のわかりやすい解説に努め、その現代的理解に資することを心がけたい。

カリキュラム/プログラム

90分間の講演と30分間の質疑応答で構成します。

視聴期間/スケジュール

以下の期間でライブ配信と見逃し配信がスケジュールされています。
ライブ配信 : 2021/07/09 18:30 から2021/07/09 20:30 まで
見逃し配信 : 2021/07/16 00:00 から2021/07/18 23:59 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講についての補足
1ID1名様の受講となります。複数人での受講はできません。
夕学オンラインに関する問い合わせは、ファシオ セミナー事務局までお願いします。
チャットで質問
できません
配布資料
なし
修了証の発行
あり

講師のプロフィール

講師名
現代史家
大木 毅
経歴
1961年、東京生まれ。立教大学大学院博士後期課程単位取得退学。DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてボン大学に留学。千葉大学その他の非常勤講師、防衛省防衛研究所講師、国立昭和館運営専門委員等を経て、著述業。
『独ソ戦』(岩波新書)で新書大賞2020大賞を受賞。
主な著書に『「砂漠の狐」ロンメル』(角川新書)、『ドイツ軍事史』(作品社)、訳書に『「砂漠の狐」回想録』『マンシュタイン元帥自伝』(以上、作品社)など多数。

Twitter : @akagitsuyoshi

主要著書
『ドイツ軍事史 その虚像と実像』作品社、2016年
『第二次大戦の<分岐点>』作品社、2016年
『灰緑色の戦史 ドイツ国防軍の興亡』作品社、2017年
『「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨』KADOKAWA(角川新書)、2019年
『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』岩波書店(岩波新書)、2019年
『戦車将軍グデーリアン 「電撃戦」を演出した男』KADOKAWA(角川新書)、2020年
『帝国軍人 公文書、私文書、オーラルヒストリーからみる』(共著)、KADOKAWA(角川新書)、2020年

(訳書)
『ヒトラーの元帥 マンシュタイン(上・下)』(訳)、マンゴウ・メルヴィン著、白水社、2016年
『「砂漠の狐」回想録 アフリカ戦線1941~43』(訳)、エルヴィン・ロンメル著、作品社、2017年
『マンシュタイン元帥自伝 軍人の生涯より』(訳)、エーリヒ・フォン・マンシュタイン著、作品社、2018年
『ドイツ装甲部隊史 1916-1945』(訳)、ヴァルター・ネーリング著、作品社、2018年
『クルスクの戦い 1943 第二次世界大戦最大の会戦』(訳)、ローマン・テッペル著、中央公論新社、2020年

(監修)
『ドイツ装甲師団』(監修)、加登川幸太郎訳、ケネス・マクセイ著、 並木書房、 2000年