キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

オンデマンド講座『オペラびとの時間』第6回~折江忠道(バリトン/藤原歌劇団総監督)

~オペラに人生を捧げる、オペラが大好きな「オペラびと」から番組を視聴するオペラびとへ様々メッセージ 。貴重な記録と共に~
すべての方向け
3,000 (税込)
57分 詳細へ
2022/02/23 00:00 まで
iv6SGRac

イベント概要

こんな時間が欲しかった!

ご家庭に居ながらにして、とっておきのオペラトークが楽しめます。

第一線で活躍する「オペラびと」が披露する、あんな話、こんな想い出、とっておきのエピソード。

貴重な写真や歌の映像も交えて、オペラの魅力を縦横無尽に語る60分。

オペラ好きはもちろん、これからオペラの世界を知りたい方にもおススメのトーク型講座全10回。

毎回コンサート・ソムリエの朝岡聡がご案内します。

沢山の皆様と、さぁ御一緒に!

カリキュラム/プログラム

第6回 折江忠道:だから面白い!『フィガロの結婚』その真の魅力

85年を越える歴史を持つイタリアオペラの殿堂、藤原歌劇団の折江忠道総監督が登場。その魅力を語ると同時に、2021年新春に上演する「フィガロの結婚」を採り上げます。天才モーツァルトが台本作家ダ・ポンテと組んで仕掛けた面白さの秘密は何なのか?!名作オペラを一層楽しめるヒントがいっぱい。

《講座内容》
・オペラの洗礼
・バリトンの魅力
・人生を重ねる声
・藤原歌劇団の意義
・ここが面白い!「フィガロの結婚」
・登場人物、誰に注目?
・アンサンブルの面白さ
・レチタティーヴォが大切 …他

【企画・構成】朝岡 聡/公益財団法人日本オペラ振興会
【撮影・編集】朝岡 周
【協力】
〔撮影協力〕有限会社オフィスモーニング/株式会社プレルーディオ
〔会場提供〕サロン・ド・東京/ラ・サーラ・スカラ
〔装花協力〕J.D.CROSS
〔助成〕  マグカル

 JASRAC許諾番号:9026017001Y45037

視聴期間/スケジュール

以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2020/12/15 10:00 から2021/05/31 23:59 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
チャットで質問
できません
配布資料
なし
修了証の発行
なし
収録日
2020/10/18

講師のプロフィール

講師名
藤原歌劇団総監督/バリトン
折江 忠道 氏
経歴
《折江忠道/Tadamichi ORIE》
バリトン/藤原歌劇団総監督

東京藝術大学卒業、同大学大学院修了。イタリアに渡り、ミラノ・ヴェルディ音楽院で学ぶ。1982年・83年アレッサンドリア国際コンクール優勝。1982年ヴィオッティ国際コンクール第2位。
82年のコンクールの優勝により、アレッサンドリア劇場「ドン・ジョヴァンニ」タイトルロールでオペラデビュー。以降、欧州各地の歌劇場で「ラ・ボエーム」「蝶々夫人」「リゴレット」などの主要な役で活躍。また、フェニーチェ劇場主催でロッシーニの「小荘厳ミサ」、フォーレの「レクイエム」などのコンサート、音楽祭、テレビ、ラジオに多数出演した。92年にはミラノでRAI(イタリア国営放送)にてオーケストラとコンチェルトで共演。
藤原歌劇団には、88年「ラ・トラヴィアータ」のジェルモンで大成功を収め、同役は持ち役の一つとして度々歌っている他、「マクベス」「清教徒」「ドン・カルロ」「トスカ」「カルメン」「ラ・ボエーム」「ルチア」「愛の妙薬」「ランスへの旅」「カルメル会修道女の対話」「ファルスタッフ」「ドン・パスクワーレ」などで好評を博している。
新国立劇場、びわ湖ホール、愛知県立芸術劇場のオペラの他、「第九」、NHKニューイヤーオペラコンサートをはじめとする各種コンサートに出演するなど、日本を代表するプリモ・バリトンとして活躍を続けている。16年より藤原歌劇団第五代総監督就任。
第16回ジロー・オペラ賞受賞。
藤原歌劇団団員。昭和音楽大学特任教授。東京都出身。