キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
2022/11/24(木) 19:00 ON AIR

「イカゲームから見る韓国ドラマの社会風刺」立教大学異文化コミュニケーション学部教授 李 香鎮 氏(撰壇塾2022年度第8回)

国際情勢、社会経済、デジタルの第一人者から学び、激動の時代を生き抜く。
質問OK すべての方向け
3,850 (税込)
1時間30分 詳細へ
2022/11/24 17:00 まで
ivOLjd0Y

イベント概要

「イカゲームから見る韓国ドラマの社会風刺」

人気動画配信サービス「Netflix」で昨年秋の配信開始後、約4週間で1億4200万世帯が視聴し、同サービス史上最大のヒットとなったのが「イカゲーム」である。立教大学の李香鎮教授曰く、このドラマには韓国社会の特徴が反映されているという。

本講演では、同氏が考える韓国ドラマ「イカゲーム」に

隠された社会風刺について、お話をいただく。

 

視聴期間/スケジュール

以下の期間でライブ配信を行ないます。
2022/11/24 19:00 から 2022/11/24 20:30 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
チャットで質問
できます
配布資料
資料配布可能な場合は、事前に資料を配信いたします。
修了証の発行
なし
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
立教大学
異文化コミュニケーション学部
教授
李 香鎮(イ ヒャンジン)
経歴
韓国・釜山生まれ。専門は韓国、北朝鮮、日本を中心とするアジア映像文化研究。英国・シェフィールド大学東アジア学部准教授、立教大学、東京大学、同志社大学客員研究員(2005-07年)を経て、2008年より立教大学異文化コミュニケーション学部教授。2014年ハーバード大学東アジア言語・文明学部キム・クー客員教授。2021年からベルリ自由大学のグローバル・ファカルティー招聘教授。韓国・延世大学で社会学修士号、リーズ大学コミュニケーション学部で博士号を取得。
著書にContemporary Korean Cinema: Identity・Culture・ Politics (Manchester University Press, 2000), 『韓流の社会学』(岩波書店、2008)、『コリアン・シネマ:北朝鮮・韓国・トランスナショナル』(みすず書房、2018)、共著書にDeclaration of Idiot (1983): Cinema of Censorship and an Accidental Masterpiece (Rediscovering Korean Cinema, The University of Michigan University, 2019)、「ソフトパワーとしての韓流と嫌韓流論、そして韓流食客たち」(韓国人研究者フォーラム編集委員会編『国家主義を超える日韓の共生と交流』明石書店、2016)などがある。