キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






カテゴリー
閉じる
2019/11/20(水) 15:00 ON AIR

ノーベル平和賞受賞ムハマド・ユヌス博士 生出演!

『女性のためのソーシャルビジネスForum』

ノーベル平和賞受賞ムハマド・ユヌス博士と考える 私たちの未来は私たちで創る!日本最大級のSDGs・ソーシャル・ビジネスが集合
すべての方向け
3,500 (税込)
6時間30分 詳細へ
2019/11/20 14:30 まで
pciW3T0y

イベント概要

毎年、約400名の女性起業家が一同に集まる都内最大級の女性限定イベント「女性のための文化祭」の10周年を記念して、ノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス博士を招き『女性のためのソーシャル・ビジネスForum』を開催いたします。

女性の起業動機は、自身の経験をもとに「大切な人や、世の中のために」というのが一番多く、社会性が高いのが特徴です。

小さなビジネスで得た利益も「家族」や「子ども」へ還元するケースが多く女性の起業そのものが「ソーシャル・ビジネス」かもしれません。

一方で、貧困の被害を最も受けるのは「女性」と子ども。

「貧困のない世界を創る」という理念でノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス博士を招いて、世界の新しいエコシステムについて考えます。

今回の『女性のためのソーシャル・ビジネスForum』では、すでに社会起業家として活躍中の若手起業家が集まり、「SDGs」の最前線や「ソーシャル・ビジネス」という概念について具体的な事例とともに熱いディスカッションを体験できます。

さらに、「ソーシャル・ビジネス」を提唱したユヌス博士や「田坂塾」の田坂先生から直接学ぶことが出来る絶好の機会です。

 

<ソーシャル・ビジネスとは?>

ソーシャル・ビジネスとは、ビジネスを手段として社会問題を解決しようとする取り組みのことです。言い換えると、収益事業を行いながら社会貢献に取り組むこととも言えます。

そして、その主体となる事業体(組織)を「社会的企業」、「ソーシャルベンチャー」、「ソーシャルエンタープライズ」と呼びます。また、ソーシャル・ビジネスに挑戦する起業家のことを「社会起業家」と呼びます。

2007年に発足された、経済産業省のソーシャル・ビジネス研究会によると、ソーシャル・ビジネスの定義は以下の3点を満たすこととされています。

① 解決が求められる社会的課題に取り組むこと
② ビジネスとして継続的に事業活動を進めていくこと
③ 新しい仕組みを開発・活用し、新しい社会的価値を創出すること

すなわち、社会問題への取り組みを「ビジネス」という手段で行い、それを通して新たな社会的価値を創出すること、それが「ソーシャル・ビジネス」なのです。

 

カリキュラム/プログラム

**************************************
 Forum第一部   
**************************************

14:00 ●受付開始

15:00 ●オープニングスピーチ
    - Trust Inc. CEO 小野 祐紀香(主催)

15:05 ●ゲストスピーチ①「ソーシャル・ビジネスの可能性」
    - 株式会社ボーダレスジャパン代表取締役社長 田口 一成 氏
   
15:40 ●パネルディスカッション「未来の社会を描く」
    - 一般社団法人グラミン日本 理事 兒玉 久実 氏(ファシリテーター)
    - 株式会社LORANS 代表取締役 福寿 満希 氏
    - 株式会社マイソル 代表取締役 福澤 久 氏
    - 一般社団法人GrowAsPeople 代表理事 角間 惇一郎 氏

16:05 ●ゲストスピーチ②
    - アーティスト/東京藝術大学デザイン科准教授 スプツニ子! 氏

16:40 ●休憩

17:00 ●ゲストスピーチ③
    - SDGパートナーズ有限会社 代表取締役CEO 田瀬 和夫 氏

17:45 ●クロージングセッション

18:00 ●第一部終了


**************************************
 Forum第二部
**************************************

18:30 ●ご挨拶

18:35 ●ゲストスピーチ④『新しいエコシステムと新しい文明』
    - ノーベル平和賞受賞 ムハマド・ユヌス博士

19:30 ●ゲストスピーチ⑤『ユヌス・ソーシャル・ビジネスとは』
    - 九州大学SBRC 特任教授 岡田 昌治 氏

20:30 ●ゲストスピーチ⑥『なぜ、21世紀は、女性の時代なのか』
    - シンクタンク・ソフィアバンク 代表 田坂 広志 氏

21:25 ●閉会のご挨拶

21:30 ●第二部終了

視聴期間/スケジュール

以下の期間でライブ配信と見逃し配信がスケジュールされています。
ライブ配信 : 2019/11/20 15:00 から2019/11/20 21:30 まで
見逃し配信 : 2019/11/27 00:00 から2019/12/03 23:59 まで

詳細

受講対象者の職種/職位
▼こんな方に来てほしい
・今注目のソーシャル・ビジネスについて詳しく知りたい方
・起業のためのヒントを探している方
・意味のある時間やお金の使い方をしたい方
・身近な課題をビジネスで解決したい方
・社会課題やその解決法の具体的な事例について知りたい方
身につく知識/スキル
▼開催目的
「働く」=「社会の課題解決」という概念を知りそれぞれの生き生きとした『働き方』を発見する機会の創出。


▼テーマ
~ 持続可能な未来、女性だからこそのソーシャル・ビジネス~
受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
チャットで質問
できません
修了証の発行
なし

講師のプロフィール

講師名
ムハマド・ユヌス氏、田坂広志氏 他
経歴
田口 一成(たぐち・かずなり)

株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役社長

1980年生まれ。福岡県出身。大学2年時に、発展途上国で栄養失調に苦しむ子どもの映像を見て「これぞ自分が人生をかける価値がある」と決意。株式会社ミスミに入社後、25歳で独立しソーシャルビジネスしかやらない会社ボーダレス・ジャパンを創業。2019年5月現在、社会課題を解決するための24の事業を世界9カ国で展開している。2019年2月、日経ビジネスが選ぶ「世界を動かす日本人50」に選出。

--------------------
スプツニ子!(すぷつにこ)

アーティスト
東京藝術大学デザイン科准教授 

1985年生まれ。インペリアル・カレッジ・ロンドン数学科および情報工学科を卒業後、英国王立芸術学院(RCA)デザイン・インタラクションズ専攻修士課程を修了。在学中より、テクノロジーによって変化していく人間の在り方や社会を反映させた
映像インスタレーション作品を制作。最近の主な展覧会に、2019年「Cooper Hewitt デザイントリエンナーレ」(クーパーヒューイット、アメリカ)、「BROKEN NATURE」(第22回ミラノトリエンナーレ、伊)2017年「JAPANORAMA」(ポンピドゥーセンターメス、仏)2016年「第3回瀬戸内国際芸術祭」(常設作品「豊島八百万ラボ」)など。2013年よりマサチューセッツ工科大学(MIT) メディアラボ 助教に就任しDesign Fiction Group を率いた。現在は東京藝術大学デザイン科准教授。VOGUE JAPAN ウーマンオブザイヤー2013受賞。2014年FORBES JAPAN 「未来を創る日本の女性10人」選出。2016年 第11回「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本特別賞」受賞。2017年 世界経済フォーラム 「ヤンググローバルリーダーズ」、2019年TEDフェローに選出。著書に「はみだす力」。共著に「ネットで進化する人類」(伊藤穰一監修)など。

--------------------
田瀬 和夫(たせ・かずお)

SDGパートナーズ有限会社 代表取締役CEO

1967年福岡県福岡市生まれ。
東京大学工学部原子力工学科卒、同経済学部中退、ニューヨーク大学法学院客員研究員。1991年度外務公務員I種試験合格、92年外務省に入省し、国連政策課、人権難民課、アフリカ二課、国連行政課等を歴任。2001年より2年間は、緒方貞子氏の補佐官として「人間の安全保障委員会」事務局勤務。2005年11月外務省を退職、同月より国際連合事務局・人間の安全保障ユニット課長、2010年10月より3年間はパキスタンにて国連広報センター長。外務省での専門語学は英語、河野洋平外務大臣、田中真紀子外務大臣等の通訳を務めた。2014年同6月よりデロイトトーマツコンサルティングの執行役員に就任。同社CSR・SDGs推進室長として日本経済と国際機関・国際社会の「共創」をテーマに、企業の世界進出を支援、人権デュー・デリジェンス、SDGsとESG投資をはじめとするグローバル基準の標準化、企業のサステイナビリティ強化支援を手がけた。2017年9月にSDGパートナーズを設立。2004年より7,500人以上のメンバーを擁する「国連フォーラム」の共同代表も務める。

--------------------
ムハマド・ユヌス

グラミン銀行 創設者

1940年、バングラデシュ チッタゴン生まれ。チッタゴン・カレッジで講師を務めたのち、大学で経済学博士号を取得。1972年にバングラデシュに帰国後、1974年の大飢饉による貧しい人々の窮状を目の当たりにして以来、同国の貧困撲滅のための活動を開始。1983年に無担保小口融資(マイクロクレジット)を行うグラミン銀行を創設した。「貧しい者のための信用制度には、抵当も担保も必要ない」という、ユヌス博士によるグラミン銀行の中核となる理念のもと、農村部の貧しい人々の自立を支援し、低所得者層の自営業者、特に貧しい女性に小口の融資を行い、同国の貧困軽減に大きく貢献した。その功績が称えられ、2006年にグラミン銀行とともにノーベル平和賞を受賞。他、「アジアのノーベル賞」といわれるマグサイサイ賞、米国自由勲章、米国議会ゴールドメダル賞、世界食糧賞、日経アジア賞、福岡アジア文化大賞など世界各国、各地域より100以上の賞を授与されるほか、世界中の大学より40以上の名誉ある称号(名誉博士号など)を授与されている。ビジネスの手法で貧困撲滅を目指すユヌス博士は、教育、医療、エネルギー、情報通信などの様々な社会課題を解決する50社以上のグラミン関連企業(グラミン・ファミリー)を経営。バングラデシュにおける地場産業の振興、通信技術の普及、再生可能エネルギーの利用などのソーシャル・ビジネスを展開・推進するとともに、国連や多国籍企業、大学などともパートナーシップを組み、日々世界中でソーシャル・ビジネスを実践し続けている。

--------------------
岡田 昌治(おかだ まさはる)

九州大学 SBRC 特任教授

東京大学法学部卒業後、79年電電公社に入社。
NTTグループ、特に米国子会社のNTTアメリカ(NY)、インターネット・ビジネスのNTTーXなどにおいて国際法務を中心に幅広くNTTの国際ビジネスを担当。
ワシントン大学(シアトル)経営学修士号(85)・ニューヨーク州弁護士資格(95)取得。
2001年NTT退職後、2002年10月より九州大学法科大学院にて「契約実務」、「インターネットと法」、「国際企業法務」等の講座を担当するとともに、知的財産本部において産学官連携の推進に携わる。
2008年より、ノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌス博士とソーシャル・ビジネス推進のための国内外のプロジェクトを担当する。
2015年4月より現職。

--------------------

田坂 広志(たさか・ひろし)

多摩大学大学院 名誉教授
グロービス経営大学院 特別顧問・特任教授
田坂塾 塾長
シンクタンク・ソフィアバンク 代表

74年東京大学卒業。81年同大学院修了。工学博士(原子力工学)。
民間企業を経て、87年米国シンクタンクBattelle Memorial Institute客員研究員。
90年日本総合研究所の設立に参画、取締役等を歴任。
2000年多摩大学大学院教授に就任。現在、名誉教授。同年シンクタンク・ソフィアバンクを設立、代表に就任。
05年米国Japan SocietyよりUS-Japan Innovatorsに選ばれる。
08年世界経済フォーラム(ダボス会議)のGlobal Agenda Councilメンバーに就任。
10年世界賢人会議Club of Budapestの日本代表に就任。
11年東日本大震災に伴い内閣官房参与に就任。
13年「21世紀の変革リーダー」への成長をめざす学びの場、「田坂塾」を開塾。
著書は、国内外で80冊余。


=====================================
<事例企業>パネルディスカッション
=====================================

兒玉久実(こだま・くみ) <ファシリテーター>

一般社団法人グラミン日本 理事

銀行勤務を経て、青年海外協力隊に参加しミクロネシア連邦に赴任。帰国後は予備校生活を送り、公認会計士試験合格を機に(現)有限責任監査法人トーマツに入所。2013年デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーに転籍し、企業再編再生業務に携わった後、国際開発アドバイザリー部門でODA等の業務に従事。途上国の潜在可能性を感じるとともに、弊害や社会課題に直面した。そのような時に、グラミン銀行が日本にやってくる!と聞き、グラミン日本の立上げにボランティアスタッフとして参画。
2018年一般社団法人グラミン日本の監事に就任し、翌年より現職。

--------------------
福寿満希(ふくじゅ・みづき)

株式会社LORANS.代表取締役 

1989年石川県生まれ。大学卒業後、プロスポーツ選手マネジメント会社で野球選手の社会貢献活動の企画運営などの経験を経て、2013年に株式会社LORANS.を設立。花のビジネスを開始。ホテルロビーの装飾やイベントのフラワーデザインなどを担当。現在都内に3つの店舗及びギフトスタジオがあり、フラワーギフトなどの花や緑の仕事を通じた障害者雇用に積極的に取り組んでいる。3拠点のうち原宿にある店舗は日本財団との共同プロジェクトとして2017年にオープンし、全体で約60名のスタッフのうち75%の障がいと向き合うスタッフと共にお花屋さんを運営している。

--------------------
福澤 久(ふくざわ・ひさし)

株式会社マイソル 代表取締役 

1978年生まれ。福岡県出身。洗足学園音楽大学に入学後、東京にてジャズミュージシャンとして活動。2004年に㈱もしもしホットライン(現りらいあコミュニケーションズ㈱)に入社。2010年に福岡地場の人材教育・派遣会社における新規事業の責任者として、働く女性の就労支援を中心としたアウトソーシングコールセンターの立ち上げを行う。同時に身近な人からのセクシュアリティに関するカミングアウトや障がい者雇用等の自身の経験を通じて、社会的マイノリティの方々か抱える働きづらさを解消するための人材サービス会社「㈱マイソル」を設立し、現在に至る。

--------------------
角間 惇一郎(かくま・じゅんいちろう)

一般社団法人GrowAsPeople 代表理事

元NPO代表、現建築会社役員。ゼネコン→設計→夜の世界に関連したNPO創業を経て今。専門は非営利組織経営/建築/一応夜の世界関連。著作に『風俗嬢の見えない孤立(光文社)』等。1983年、佐渡島生まれ。