キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

 「報道の裏側から学ぶ情報の見極め方」  読売テレビ放送 報道局 解説委員長 高岡 達之 氏(撰壇塾2022年度第1回)

国際情勢、社会経済、デジタルの第一人者から学び、激動の時代を生き抜く。
質問OK すべての方向け
3,850 (税込)
販売終了
1時間30分 詳細へ
終了
ivjTQvBD

イベント概要

「報道の裏側から学ぶ情報の見極め方」

関西報道界のオピニオンリーダーで、テレビで鋭いコメントを発する高岡達之氏。読売テレビ放送入社し、報道局へ配属後、1990年の西成暴動、神戸小学生連続殺傷事件(酒鬼薔薇事件)など全国を震撼させた関西の大事件を多数取材、東南アジア各国、欧米、アフリカと世界各国での豊富な取材経験を持つ。プロデューサー・記者として阪神大震災特番96年~3年間「ふるさと」ほか多数の番組を制作。 

自宅に居ながら膨大な情報が取れるようになった今、その活用の重要性が高まってきている。だがそれ以上に、溢れる情報の「見極め」こそが、活用の成否を分ける時代になってきた。そこで本講演では、同氏にこの「情報の見極め方」を豊富な経験を元にご示唆いただく。

視聴期間/スケジュール

ライブ配信は終了しました。
2022/09/29 20:30 に終了

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
チャットで質問
できます
配布資料
資料配布可能な場合は、事前に資料を配信いたします。
修了証の発行
なし
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
読売テレビ放送
報道局
解説委員長
高岡 達之
経歴
1963年12月7日生  大阪市出身          
1988年 関西学院大学法学部政治学科卒業 読売テレビ放送入社
1990年 報道局 大阪府警記者クラブ
1992年 カンボジア・プノンペン支局
1993年~96年フィリピン・マニラ支局長
1998年7月〜大阪府警キャップ
2000年7月〜東京報道部  2001年6月~神戸支局長
2002年7月〜報道局 取材総括デスク
2009年7月~編成局制作センター・チーフプロデューサー
2010年4月~報道局・チーフプロデューサー
2012年7月~報道局・解説委員
2018年4月~関西学院大学・講師(法学部)
2020年7月〜解説委員長〜現在

主な取材経験(国内)
西成暴動(1990年)、雲仙普賢岳火砕流、信楽列車事故、一連のオウム真理教事件・硫黄島など。神戸小学生連続殺傷事件(酒鬼薔薇事件)、和歌山毒入りカレー事件、日本初の脳死移植、明石歩道橋事故、尼崎JR事故など
(海外)フィリピン・タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・ブルネイ・シンガポール・カンボジア・ニュージーランド・オーストラリア・バヌアツ・パラオ・グアム・中国・台湾・大韓民国・朝鮮民主主義人民共和国・アメリカ・フランス・イタリア・オランダ・ケニア・ザイール・ルワンダ・南アフリカ・パキスタン・アフガニスタン・インド他

プロデューサー・記者としての制作番組
阪神大震災特番96年~3年間 「ふるさと」 
酒鬼薔薇事件特番「いのち」(98年)
児童虐待特番「まなざし」(04年)・阪神大震災10年特番「決断」(05年)
戦後60年特番「この国のいくさ“命どぅ宝」(05年)
JR福知山線事故1年報道特別番組「今日も明日もこれからも」
日本テレビ系列取材総合デスク・プロデューサー(06年)
「インサイド・ザ・フェンス」在日米軍・沖縄海兵隊の日常(07年)