キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
どのような争点が発生し、どのような判断がされるのか

IT契約の実務とリスクマネジメント

~裁判例を意識したシステム開発をめぐるトラブル対策~
初~中級者向け
28,600 (税込)
販売終了
3時間0分 詳細へ
終了
pctlZS3N

イベント概要

システム開発を巡って、ベンダとユーザとのトラブルが後を絶ちません。しかし、システム開発の紛争において問題となる争点は、必ずしも多くはありません。どのような争点が発生し、裁判所が各争点について、どのような判断をしているのかを把握しておくことが、法務・総務等の管理部門や、システム開発の現場で活動するプロジェクトマネージャにとって必須と言えます。

本セミナーでは、システム開発における主な争点を取り上げ、検討しておくべきトラブルの解決策、予防策を解説します。ベンダ側・ユーザ側、どちらの視点からでも、ご理解頂けるよう解説を進めます。

カリキュラム/プログラム

1.契約に関する前提知識   
  1)請負契約と準委任契約
  2)一括請負契約と多段階契約の対比
  3)多段階契約における総額の位置付け
  
2.仕事の完成をめぐる問題  
  1)なぜ「仕事」の「完成」が重要なのか
  2)「仕事」が「完成」しているか否かの判断基準
  3)最後の工程とは何を意味するのか  
  4)開発対象の特定と仕事の完成・未完成問題の関係

3.契約の解除をめぐる問題   
  1)新旧民法における要件の比較
  2)中途でプロジェクトが頓挫した場合
   (プロジェクトマネジメント義務および協力義務の問題を含む)
  3)成果物を引渡したが不具合が発生している場合

4.損害賠償請求に関する問題  
  1)損害賠償の対象となる項目
  2)多段階契約における損害賠償請求の考え方
  3)人件費に関する損害賠償請求の考え方

5.仕様変更等に伴う追加報酬請求をめぐる問題   
  1)ベンダの追加報酬が問題となる理由
  2)追加報酬請求権に関する裁判例

視聴期間/スケジュール

以下の期間でライブ配信と見逃し配信がスケジュールされています。
ライブ配信 : 2021/05/14 17:00 に終了
見逃し配信 : 2021/05/24 00:00 から2021/05/31 23:59 まで

詳細

受講対象者の職種/職位
総務・法務、内部監査、情報システム、購買部門等担当者
営業部門等担当者
身につく知識/スキル
◎情報システム開発における法的な諸問題を理解することができる
◎裁判例を意識した情報システム開発をめぐるトラブル対策を講じることができる


<参加者の声>

・法律的観点だけでなく現場の意見や実情を踏まえた留意点、コメントがあり良かった。
・ベンダー・ユーザー双方の目線から解説があった。
・実例を交えた説明が多く、身近なものに感じられた。
・IT法務にかかる基本的論点をほぼ網羅していた。
受講レベル
初~中級者向け
※受講レベルについて
受講についての補足
※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
1ID、1名様の受講をお願いいたします。複数名での受講はできません。

※開催2日前までに資料は、アップロードさせていただきます。
チャットで質問
できません
配布資料
  • 【テキスト】IT契約の実務とリスクマネジメント.pdf
  • 【テキスト】IT契約の実務とリスクマネジメント.pdf
修了証の発行
なし

講師のプロフィール

講師名
松島総合法律事務所 
弁護士
松島 淳也 氏
経歴
略歴:95年早稲田大学理工学部卒業。97年早稲田大学大学院理工学研究科修了。97年富士通株式会社、マイクロプロセッサの開発、電子商取引システムに関するシステム開発等に従事。06年弁護士登録。システム開発・システムの運用保守に関する訴訟・契約案件、特許権、著作権等の知的財産権に関する訴訟・契約案件等に従事。

著書:『システム開発紛争ハンドブック』(共著)(レクシスネクシス・ジャパン、2015)、『システム担当者の法律相談』(インプレスジャパン、2012)