キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
【緊急特別WEBセミナー】

緊急事態宣言を受けて- 新型コロナウイルス感染症と企業活動に関わる法的諸問題

~3密を回避した企業に法的責任はあるのか?~
初級者向け
13,200 (税込)
1時間46分 詳細へ
2021/03/31 00:00 まで
pcQBpIub

イベント概要

-緊急事態宣言を受けて- 新型コロナウイルス感染症と企業活動に関わる法的諸問題

カリキュラム/プログラム

1.新型コロナウイルスの経済への影響

2.企業の新型コロナウイルス対策とは

3.企業の新型コロナウイルス対策の根拠法令
 (1)新型インフルエンザ等対策特別措置法
 (2)感染症予防法 第4条(国民の責務)
 (3)労働契約法 第5条(労働者の安全への配慮)
  ・安全配慮義務とは?
 (4)民法644条(受任者の注意義務)
 (5)会社法 第362条(取締役会の権限等)
 (6)(1)~(5)の法令に基づきどのような対応が必要か?
  ・経営者が責任追及をされないためには?
  ・安易な判断(継続・中断)=「善管注意義務違反」と判断されないためには?

4.新型コロナウイルスと法的リスクマネジメント
 (1)新型コロナウイルスと従業員とのトラブル防止
 (2)新型コロナウイルスと取引先との関係
 (3)新型コロナウイルスと顧客との関係

5.労務管理の側面の法的問題
【Q&A形式で解説】

一例:
・使用者が、周囲の他の事業者においても新型コロナウイルス対策を特に構築していないので、大した問題ではないと考えて特に同対策を構築しないでいたところ、労働者が罹患してしまった(立証できた)、という場合は安全配慮義務違反になるのか?

・新型コロナウイルス対策の一環として政府や自治体が社会機能維持に関わる事業者を除く事業者に対して事業自粛、事業所閉鎖を要請し、事業者がそれに応じて閉鎖をした場合、会社は新型コロナウイルスに罹患していない労働者に給料を支払う義務があるか?

・継続業務に従事してほしい社員が、感染リスクを理由に出社を拒否した場合に、業務命令として出社を指示することは可能か?

・製造メーカー(A社)の工場が新型コロナウイルスが感染拡大したため工場を閉鎖せざるをえなくなり、その結果、製品が予定どおり製造できないこととなり、注文主(B社)より指定された納期までに納品できなかった。その場合のA社の責任はどうなるか。

6.まとめ

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 15日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2020/04/10 08:00 提供開始、視聴開始から 90日間 まで

詳細

受講レベル
チャットで質問
できません
配布資料
  • 新型コロナウイルス感染症と企業に関わる法的諸問題.pdf
修了証の発行
なし
収録日
2020/04/09

講師のプロフィール

講師名
丸の内総合法律事務所
日本弁護士連合会 災害復興支援委員会 前委員長
弁護士
中野明安 氏