キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

問題解決における機械学習の活用~ものづくりにおけるSQCと機械学習のよりよい使い方~

~ものづくりにおけるSQCと機械学習のよりよい使い方~
すべての方向け
11,000 (税込)
1時間30分 詳細へ
2023/03/31 23:59 まで
ivnXt2xV

イベント概要

代表的な機械学習と問題解決における有効活用場面の紹介!

近年、情報システムの整備やIoTなどにより、品質管理分野 においても、より多くのデータが収集され、活用できる状況 になっています。 このような状況の中、より多くのデータから問題解決のための知見を得る手段として、「機械学習」が注目されています。
本講演では、代表的な機械学習の紹介と問題解決における 機械学習の有効な活用場面をご紹介します。 また、機械学習を活用する上でのポイントや機械学習を実行 するためのソフトウェアなども紹介いたします。
さらに後半では、ものづくりで幅広く使われる同じデータ分析である「SQC」との使い分けについて、トヨタ自動車で長年、問題解決の実践支援に携わってきた講師より紹介します。

 

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 15日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2021/03/19 00:00 提供開始、視聴開始から 30日間 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講についての補足
※ご利用期間は、視聴開始から30日間です。
※利用期間内であれば、何度でも繰り返し視聴が可能です。
※本セミナーは、1ID/1名様の視聴となります。複数人での受講はできません。
※本講演『J-Channel』は、日科技連がニューノーマル時代対応の新価値を提供するオンライン形式の講演シリーズです。
 日科技連が誇る、産・学一流の講師による、質の高い講演、様々な分野の講演をご用意しています。
 ライブ配信、オンデマンド配信の最新ラインアップは下記Webページでご確認ください。
  https://www.juse.jp/j-channel/?delivん。
チャットで質問
できません
配布資料
  • Jch25_犬伏講師、渡邉講師配付資料.pdf
修了証の発行
なし
収録日
2020/12/25

講師のプロフィール

講師名
株式会社日本科学技術研修 犬伏 秀生/トヨタ自動車株式会社
渡邉 克彦
経歴
株式会社日本科学技術研修所
データサイエンス部 部長
犬伏 秀生 氏

【プロフィール】
1997年3月 名古屋大学大学院多元数理科学研究科 修士課程修了
1997年4月株式会社日本科学技術研修所 入社
入社以来、主として統計解析パッケージの開発・サポート、 データ解析受託業務に従事


トヨタ自動車株式会社
業務品質改善部 グループ長
渡邉 克彦 氏

【プロフィール】
トヨタ自動車株式会社 第3電子技術部に入社、その後TQM推進部
現在はトヨタ自動車 業務品質改善部にてデータ分析の普及促進や実践活用の支援に従事
SQCにおいては社内応答曲面法コース、信頼性コース、品質工学、感性の評価セミナーなどの質向上に向けた取り組み、社内およびグループのSQC活動を推進・指導、活用アドバイザ
社内SQCセミナー講師、日本規格協会講師、中部品質管理協会講師
・2011年 日本品質管理学会 第1回Activity Acknowledgment賞
・2013年 第10回JUSE-StatWorks活用エキスパート賞
・2016年 書籍『開発・設計に必要な統計的品質管理』(共著)が日経品質管理文献賞に選出