キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

【緊急開催】法改正の解説なら随一の「社労士マスター」岩崎仁弥氏が就業規則作成・診断のノウハウを徹底解説!

~分かっているようで分かっていない!就業規則の考え方~ リスク回避型就業規則徹底解説講座 権利と義務・服務規定編

日本で一番売れている就業規則本(リスク回避型就業規則・諸規程作成マニュアル)のモデル規定を徹底解説いたします。
すべての方向け
25,300 (税込)
販売終了
クーポンをお持ちの方
1時間56分 詳細へ
終了
pcfvPHo9

イベント概要

【権利と義務・服務規定編】

就業規則は、労働基準法の要請どおりに作ればよいというわけではありません。なぜならば、労働基準法は、労働者(社員)の権利はうたわれていますが、使用者(会社)の権利には触れられていません。逆にいえば、会社には義務を課しますが、社員には義務を課さないのです。

 

ご存じのとおり、会社と社員の関係は「労働契約」です。契約とは本来お互いの「権利」と「義務」の相対であるべきです。しかしながら、労働基準法が社員の義務を規定していない以上、会社における社員の義務は何で規定すればよいのでしょうか?

 

それは「就業規則」の中の「服務規定」において定めるのです。今回はそんな観点から就業規則をみてみたいと思います。

カリキュラム/プログラム

2020年3月28日10:30~13:00
1 労働基準法が求める就業規則と会社が求める就業規則
2 休暇と休職の違いがわかりますか?
3 社員に伝わりやすい服務規定のポイント
4 労使の権利と義務のバランスが取れた就業規則とは?
5 正しい誓約書の取り方は? 等

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 30日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2020/05/01 10:00 提供開始、視聴開始から 90日間 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講についての補足
■お手持ちのパソコン・スマートフォンから「簡単受講」
■ライブ受講と見逃しフォローのアーカイブ版視聴(4/4~4/10の1週間)
※アーカイブ版は、収録セミナー編集作業後のご提供となります。
■「講座テキスト」はPDFでご提供いたします。
チャットで質問
できません
配布資料
  • !!200425_就業規則2:権利と義務・服務規定編(モデル就業規則).doc
  • !200425_就業規則2:権利と義務・服務規定編 .pptx
  • #200425_就業規則2:権利と義務・服務規定編.pdf
修了証の発行
なし
収録日
2020/03/28

講師のプロフィール

講師名
岩﨑 仁弥
経歴
調和ある働き方と共鳴する職場作りを目指す日本で最初の職場マイスター
(株)リーガル・ステーション代表取締役、NAC社会保険労務士事務所主席コンサルタント、特定社会保険労務士、行政書士
 関西大学社会学部(産業心理学専攻)を卒業。人事・総務部門で10年間勤務した後、セミナー講師として独立。平成16年より『ビジネスガイド』『SR』『社労士V』(いずれも日本法令)の3誌で執筆を開始。実務家から開業社会保険労務士まで幅広いファンを獲得する。
  「働き方改革」 時代に先駆け、「難しい制度も原理を押さえれば理解は簡単」をモットーに労働時間管理や就業規則をビジュアルにわかりやすく解説する。制度の趣旨や時代背景から説き起こす「納得させる」語り口で、法改正に関する説明には定評があり、主要法令の改正のつどセミナーは満席となり、アンケート結果による「わかりやすさ度」は93%を超える。
 同一労働同一賃金をいち早く見据え、「多様な正社員対応就業規則」、「パートナー社員就業規則」を開発し、仕事基準の人事評価制度や社内諸規程の整備といった企業コンサルでも実績を上げている。著書の『(7訂版)リスク回避型就業規則・諸規程作成マニュアル』(日本法令・共著)は、日本で最も売れている就業規則書籍である。
 その他の主な著書として、『よくわかる「多様な正社員制度」と就業規則見直しのポイント』、『(3訂版)社内諸規程作成・見直しマニュアル』、『実務家のための改正労働基準法育児・介護休業法完全対応マニュアル』(以上、日本法令・主著)、『(5訂版)労働時間管理完全実務ハンドブック)』、『就業規則診断ツール(CD-ROM)』(以上、日本法令・共著)がある。
(URL) http://www.legal-station.jp/
(Facebook Page) http://www.facebook.com/legal.station
(メールマガジン)2025年の働き方を考える『職場マイスター』のメールマガジン(週1回程度)
         http://legal-station.jp/mailmagazine/  からお申し込みできます。