キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
42% OFF
~年末特別企画第1弾!~ 山中健児弁護士、向井蘭弁護士と共に探る労働法最先端セミナー

【メルマガ会員限定LIVE】山中健児弁護士、向井蘭弁護士と共に探る労働法最先端セミナー

使用者側弁護士として活躍し、社労士の間でも人気の高い2人の先生を講師として迎え、労働法の最先端を大いに語っていただきます
すべての方向け
42% OFF
通常価格: 26,400 (税込)
15,400 (税込)
販売終了
8時間18分 詳細へ
終了
pcddt85b

イベント概要

●働き方改革、同一労働同一賃金も一段落しない中、令和4年9月、ニューヨーク証券取引所における岸田総理による発言は注目を集めました。そのキーワードは、ずばり「ジョブ型雇用」「職務給」「労働移動円滑化」です。この発言どおり政策が進むなら、来年6月までには、これらに関する政府指針が公表される予定です。さて、労働法はこれからどこへ向かうのでしょうか?

●このような大きな時代の動きの中、㈱リーガル・ステーション、そして3アカデミーは、使用者側弁護士として活躍し、社労士の間でも人気の高い2人の先生を講師として迎え、労働法の最先端を大いに語っていただくセミナーを企画いたしました。社会保険労務士のみならず、HRに携わる全ての人たちへの必聴のセミナーとなっております。

 

カリキュラム/プログラム

【岩﨑講師】
①新しい資本主義実現会議の審議状況について
【向井講師】
②労働条件通知書に係る法改正の動向
③配転等に係る判例の動向
④定額残業代の判例の動向
【山中講師】
⑤フリーランス保護法の動向
⑥無期転換等を含めた同一労働同一賃金の動向
⑦裁量労働制の改正
【パネルディスカッション】
※:上記内容は主なもので変更する可能性があります。

視聴期間/スケジュール

以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2022/12/01 14:00 から 2023/03/01 23:59 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講における必須条件
講義時間にて、双方向性である、
ディスカッションルームを使用します。
ご自身の視聴環境において、利用できるか事前にご確認のほど宜しくお願いいたします。

視聴テストサイトURLになります。
-------
https://deliveru.jp/pretests/discussionroom_top?rtlive=1
ユーザー名 livetest55
パスワード livetest55
受講についての補足
オンライン配信、会場参加のありのハイブリット形式で開催いたします。
会場は下記で開催します。
【リアル参加のご案内】
KFC Hall&Rooms Room115
所在地:〒130-0015 東京都墨田区横網1-6-1 国際ファッションセンタービル
最寄駅:都営地下鉄大江戸線 両国駅(A1出口)徒歩0分 / JR総武線 両国駅(東口・西口)徒歩約7分
アクセスマップ
https://www.tokyo-kfc.co.jp/access/

会場参加ご希望の方は、申し込み後に届くご案内メールからご連絡お願いいたします。
チャットで質問
できません
配布資料
  • 221126_労働法最先端 タイムテーブル&アンケート.pdf
  • 【Slide原本】221126_労働法最先端 岩崎.pptx
  • 【今回の配布用資料①】221126_労働法最先端 岩崎講師.pdf
  • 【今回の配布用資料②】221126_労働法最先端 向井講師.pdf
  • 【今回の配布用資料③】221126_労働法最先端 山中講師.pdf
  • パネル追加資料①:報告書に至るまでの過去の検討経緯.pptx
  • パネル追加資料②:職業安定法.pptx
  • 岩崎講義追加資料:人材版伊藤レポート サマリー.pdf
修了証の発行
なし
収録日
2022/11/26
提供方法
Deliveru配信

講師のプロフィール

講師名
岩崎仁弥、向井蘭弁護士、山中健児弁護士
経歴
<岩崎仁弥>
端的、明快、わかりやすさNo.1の「社労士の先生の先生」
年間セミナー100回以上、延べ3万人以上の以上の受講生、(株)リーガル・ステーション代表取締役、NAC社会保険労務士事務所主席コンサルタント、特定社会保険労務士、行政書士、職場マイスター®
「難しい制度も原理を押さえれば理解は簡単」と、制度趣旨や時代背景から説き起こす「納得させる」語り口が好評。法改正に関する説明には定評があり、主要法令の改正のつどセミナーは満席。情報収集に振り回されずに本来業務に専念したい先生方にとっては心強い味方。アンケート結果による「わかりやすさ度」は92.3%を超える。
3号業務を志向する社会保険労務士のためのオンラインサロン「3アカデミー」を主宰するほか、ISMSの知識を活かし中小企業でもすぐに導入できる「スモールdX」の推進、ジョブ型時代にぴったり「JOBルーブリック®評価制度」、「社内諸規程整備」などの企業実務でも実績を上げている。共著の『リスク回避型就業規則・諸規程作成マニュアル』(日本法令)は、日本で最も売れている就業規則本。
(URL) http://www.legal-station.jp/
(Facebook Page) http://www.facebook.com/legal.station
(メールマガジン)2025年の働き方を考える『職場マイスター』のメールマガジン(週1回程度)
http://legal-station.jp/mailmagazine/  からお申し込みできます。
<山中健児>
石嵜・山中総合法律事務所 
 平成10年弁護士登録(第一東京弁護士会)。
現在、石嵜・山中総合法律事務所代表弁護士、専修大学法科大学院客員教授。
 これまでに第一東京弁護士会副会長(平成29年度)、厚生労働省「転勤に関する雇用管理のポイント(仮称)」策定に向けた研究会委員(平成29年1月から3月まで)、厚生労働省・在宅就業者総合支援事業における検討会委員(平成30年6月から平成31年3月まで)、厚生労働省・仲介事業に関するルール検討委員会委員(令和元年7月から12月まで)、中央大学大学院戦略経営研究科(ビジネススクール)客員教授(平成24年4月から令和2年3月まで)、大阪大学大学院高等司法研究科招へい教授(平成26年4月から令和2年3月まで)などを務める。
 主に人事労務、会社法を中心とする企業法務を専門として顧問先企業のアドバイスや法廷活動などを行っているほか、企業等の社外取締役や各種公開セミナー、企業内研修の講師としても活躍中である。
<向井蘭>
2003年 弁護士登録(第一東京弁護士会)杜若経営法律事務所 パートナー弁護士
一貫して使用者側で労働事件に取り組み、団体交渉、ストライキ等労働組合対応から解雇未払い残業代等の個別労使紛争まで取り扱う。
近年、企業法務担当者向けの労働問題に関するセミナー講師を務める他、雑誌に寄稿し情報提供活動も盛んに行っている。
「時間外労働と、残業代請求をめぐる諸問題」(経営書院 共著)
「社長は労働法をこう使え!」(ダイヤモンド社)
「書式と就業規則はこう使え!」(労働調査会)
「ケースでわかる 実践型 職場のメンタルヘルス対応マニュアル」(中央経済社)