キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
2021/03/11(木) 13:30 ON AIR

【オンライン】ニューノーマル時代の多様な働き方を前提とした労務管理のポイント

新型コロナウイルス感染症の拡大防止およびBCP対策として、企業規模に関わらず、多くの企業がテレワークを導入・実施しています。しかし、コロナ禍において急遽実施されたテレワークは、あくまで一時的措置に過ぎず、今後やってくるニューノーマル時代における、恒常的制度として実施・運用していくためには、テレワークを行い易い環境の整備や、社員の労務管理の在り方について、改めて見直すことが必要とされます。また、テレワークという働き方が広がるなかで、空いた時間を使って副業・兼業を行うことを希望する人も増えています。政府は、柔軟な働き方がしやすい環境整備を進める中で、昨年9月に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を改定し、副業・兼業に関する基本的な考え方や、副業・兼業で働く労働者の労働時間の管理をより簡便にするための「管理モデル」などを示しています。そこで、本セミナーでは、ニューノーマル時代において普及・拡大が想定されるテレワークや副業・兼業という働き方を前提とした労務管理のポイントについて解説します。
質問OK 中級者向け
38,500 (税込)
3時間0分 詳細へ
2021/03/10 09:00 まで
ivLWb7pb

イベント概要

-

カリキュラム/プログラム

Ⅰ ニューノーマル時代のテレワーク
 1 コロナ禍におけるテレワーク
 2 明らかになった課題
 3 継続的実施に向けたテレワーク環境の整備
 4 労務管理体制の見直し
 5 規程の整備
 6 運用上の課題と対策

Ⅱ 副業・兼業の労務管理上の留意点
 1 副業・兼業の現状
 2 副業・兼業のメリットと課題
 3 副業・兼業禁止の効力
 4 副業・兼業の促進に関するガイドライン
 5 労働時間の通算
 6 複数事業労働者の労働災害
 7 雇用保険・社会保険
 8 運用上の留意点

視聴期間/スケジュール

以下の期間でライブ配信を行ないます。
2021/03/11 13:30 から2021/03/11 16:30 まで

詳細

受講レベル
チャットで質問
できます
配布資料
なし
修了証の発行
なし

講師のプロフィール

講師名
フランテック社会保険労務士事務所 特定社会保険労務士 毎熊典子 氏 *2021年3月21日より事務所名を「毎熊社会保険労務士事務所」に変更予定。