キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

基礎からわかりやすく学ぶ 労働組合法 入門講座

昨年までの実地開催や10月23日のオンラインLIVEで提供した内容と比べ、一部コンパクトな内容になっております。
すべての方向け
13,200 (税込)
クーポンをお持ちの方
2時間47分 詳細へ
2021/03/30 23:45 まで
iv4Z62jb

イベント概要

・ 労働組合の存在意義や活動内容について、労働組合法を通して体系的にその理解を深めます。

・ 労働条件変更に関わるプロセスや留意点、 労働協約の効力などを学びます。

・ ユニオンショップやチェックオフなどの組合運営に関する法対応について学びます。

カリキュラム/プログラム

Ⅰ.労働組合の存在意義
 ・労働法の世界における労働組合の位置付け
 ・法の視点からみた労働組合の存在意義 ( 団体交渉が「権利」として保障される/組合員の労働条件を「労働協約」によって決定できる / 組合の活働(団体行動)を行うことが「権利」として保障される)
Ⅱ.労使関係の概要・労働組合
 ・労使関係(集団的労働関係)の基本的枠組み
 ・労働組合法の保護を受けるための要件
 ・組合運営に関する法律問題(「組合自治」、ユニオンショップ、チェックオフ、組合活働の便宜)
 ・労働組合の組織の変動(解散/組織変更(構成員の範囲の変更、単位組合から連合体への改組)/分裂/合同)
Ⅲ.団体交渉
 ・団体交渉 / 団体交渉義務 / 団交義務を負う使用者の範囲 
Ⅳ.労働協約
 ・労働協約とは何か/労働協約の効力/労働協約の終了/労働協約による労働条件の変更
Ⅴ.団体行動・不当労働行為
 ・団体行動(団体行動の正当性/争議行為(主にストライキ)に関する問題/争議行為の調整)/不当労働行為(不利益取扱い/団交拒否/支配介入)/不当労働行為の救済システム(行政救済、司法救済)

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 30日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2020/10/15 00:00 提供開始、視聴開始から 7日間 まで

詳細

受講対象者の職種/職位
労働組合役員、企業の人事労務担当者、社会保険労務士 他
身につく知識/スキル
・ 労働組合の存在意義や活動内容について、労働組合法を通して体系的にその理解を深めます。
・労働条件変更に関わるプロセスや留意点、労働協約の効力などを学びます。
・ユニオンショップやチェックオフなどの組合運営に関する法対応について学びます。
受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
チャットで質問
できません
配布資料
  • アーカイブ労働組合法入門講座レジュメ.pdf
修了証の発行
なし
収録日
2020/09/28

講師のプロフィール

講師名
成蹊大学法学部 
教授
原 昌登 氏(はら まさと)
経歴
専門分野・研究課題:労働法/労働組合のあり方と法の役割、労使関係法制の日独比較研究、「リストラ」に対する法規制のあり方、整理 解雇法理の再検討。 主な著書・論文等:著書・『コンパクト労働法』(単著)新世社,2014年・『有期雇用法制ベーシックス』(共著)有斐閣,2014年・『レッスン労働 法』(共著)有著書斐閣,2013年・『事例演習労働法(第2版)』(共著)有斐閣,2011年・『判例サムアップ労働法』(共著)弘文堂,2011年・『解雇規制の法と経済』(共著)日本評論社 2008年