キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

~GDPR類似、来年5月27日施行~

タイの個人情報保護法制への対応

・本セミナーにつきましては、法律事務所等ご所属の方はお申込みをご遠慮願います。
すべての方向け
35,100 (税込)
クーポンをお持ちの方
3時間0分 詳細へ
2019/12/12 23:59 まで
pcckEwdb

イベント概要

欧州一般データ保護規則(GDPR)の影響を受け、世界各国で個人情報保護法制が導入され、又は厳格化されており、タイでも本年5月28日に個人情報保護法が成立し、1年の猶予期間を経て来年5月27日に施行されることになりました。GDPR類似の適用スコープを持つため、日本企業も適用の対象になり得るほか、タイには多くの日系企業が進出しており、日本企業への影響は大きいといえます。

タイの個人情報保護法は、GDPRの影響を強く受けている一方で、タイの実務に合った調整がなされているという特徴を有しており、GDPR対応を経験した日本企業にとっては、GDPRとの違いを意識することで理解しやすい面もあります。本セミナーではGDPRとの異同も意識しながらそれぞれの項目について説明する予定です。

カリキュラム/プログラム

1 個人データの定義
2 適用スコープ・代理人
3 センシティブデータ
4 透明性、同意の取得
5 管理者の義務
6 処理者の義務
7 データブリーチの際の対応
8 国外移転
9 罰則
10 日本企業としての実務対応

視聴期間/スケジュール

以下の期間でライブ配信と見逃し配信がスケジュールされています。
ライブ配信 : 2019/12/12 17:00 に終了
見逃し配信 : 2019/12/19 00:00 から2019/12/26 23:59 まで

詳細

受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講における必須条件
【ご注意】
・本セミナーにつきましては、法律事務所等ご所属の方はお申込みをご遠慮願います。また、個人のお申し込みはお断りする場合がございます。ご了承ください。
・本セミナーは、1ID 1名様の視聴となります。複数人でのご視聴はできません。
・録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。
受講についての補足
<オンライン受講>

■お手持ちのパソコン・スマートフォンから「簡単受講」
■見逃し受講サービス付き(7日間)
■ご質問はセミナー終了後に講師宛のメールでお受けいたします。
■「講座テキスト」もPDFでご提供いたします。

■お申込みの前にインターネット環境をお確かめください。
ページ上部の「ご利用ガイド」で、テスト視聴ができます。
チャットで質問
できません
配布資料
  • 12122019 EN Personal Data Protection Act B.E. 2562 (2019).pdf
  • 12122019 タイの個人情報保護法制と実務対応_NA191022.pdf
修了証の発行
あり

講師のプロフィール

講師名
西村あさひ法律事務所
パートナー 弁護士 ニューヨーク州弁護士
石川智也(いしかわのりや)氏
経歴
西村あさひ法律事務所パートナー。弁護士、ニューヨーク州弁護士、CIPP/E。
2005年東京大学法学部第一類卒業、2006年弁護士登録(第一東京弁護士会)、2015年バージニア大学ロースクール卒業(LL.M.)、2016年ミュンヘン知的財産法センター修了(LL.M.)、同年Noerr法律事務所ミュンヘンオフィス(IP・メディア部門)。知的財産制度・競争法、GDPRをはじめとするグローバルベースでのデータ規制について詳しい。
講師提供の情報サイト:Data Protection Lawの研究室(https://noriyaishikawa.com/

【主な著書・論文】『個人情報保護法制と実務対応』(商事法務、共著、2017)、『秘密保持契約の実務(第2版)』(中央経済社、共著、2019)等、多数。その他、GDPRとグローバルでのプライバシー法制に関して多くの情報を公表している。