キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

不正の予防・早期発見のための事例でみる不正リスクの許容ライン

どこまでの不正リスクを許容するか、不正防止のための必要最小限の対策はどこまで講じるべきかを解説
初~中級者向け
36,300 (税込)
販売終了
2時間49分 詳細へ
終了
pcU539KI

イベント概要

不正の予防・早期発見のための事例でみる不正リスクの許容ライン

カリキュラム/プログラム

1.最近の会計不正をめぐる動向
(1) 公表されたデータから見る会計不正 
(2) 第三者委員会等の設置状況 
(3)証券取引等監視委員会「開示検査事例集」 
(4) 日本取引所自主規制法人「上場会社における不祥事予防のプリンシパル」

2.不正リスクの許容ライン
(1) 子会社不正            
(2) 中国企業との取引
(3) 再発する不正のリスク       
(4) 従業員による横領

3.不正防止対策の現状(早期発見策・再発防止策の検証)
(1) 変化する内部監査部門の位置づけ 
(2) 会計監査人のローテーション
(3) 内部通報制度の整備

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 15日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2020/08/04 00:00 提供開始、視聴開始から 45日間 まで

詳細

受講レベル
初~中級者向け
※受講レベルについて
チャットで質問
できません
配布資料
  • 20200731セミナー資料.pdf
修了証の発行
なし
収録日
2020/07/31

講師のプロフィール

講師名
米澤勝税理士事務所
税理士 公認不正検査士(CFE)
米澤 勝 氏