キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
2022/10/17(月) 13:30 ON AIR

経営に資する内部監査の指摘と改善提案の進め方

経営に資する内部監査の価値は、監査の結果報告と併せて提示される指摘事項・改善提案の出来栄えによって決まる部分が大きいと思われます。この価値を高めるには、こうした個々の指摘・提案事項の捉え方や書き方を工夫することが重要です。但し監査報告書におけるこれら記載項目の位置づけや表し方も留意すべきと考えられます。またリスクベースの監査によって問題を指摘するのは当然としても、海外監査では国内の事業とはリスク環境が異なるため、指摘すべき項目の違いやリスクの大きさにも国内の監査とは違いが出てくることも理解すべきです。更に、伝統的な準拠性監査に比べると合否の判定が難しい経営監査領域の指摘やソフトコントロールを含んだ統制環境における指摘や改善提案の捉え方にも検討が必要です。こうした観点から、内部監査が経営に貢献するために望ましい指摘・提案のあり方と書き方について、標準となる進め方を紹介すると共に、具体的な事例によって実務上の問題やその対応方法を解説いたします。
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
3時間30分 詳細へ
2022/10/18 00:00 まで
ivQZpGKF

イベント概要

-

カリキュラム/プログラム

1.経営に資する内部監査の捉え方と監査の指摘と改善提案の位置づけ
・保証機能に限定された内部監査の問題事例と組織に付加価値を与える監査の改善のあり方
・IIAの基準や指針における内部監査の指摘事項と改善提案に関する規定
・アシュアランス型監査報告書における指摘事項の位置づけと要約の表し方
・専門家にふさわしい問題の取り上げ方と被監査部署との関係 

2.内部統制の核心にせまる監査の指摘と提案を導くロジックの組み立てと記載内容
・ダメ出しに終わらない、内部監査のプロが捉えるコントロールの不全
・改善提案の 3 つのパターン、指摘事項に説得力を与える構成要素、 リスクの記載要領など

3.事例から感じ取る指摘と改善提案の勘どころ
・ケーススタディによる論点の確認と良い例・悪い例の検討
・監査報告書に使われる言葉の言い回しや慣用句の留意点

4.リスク環境によって異なるリスクベースの指摘と提案の検討課題
・海外監査で見られる国内では見かけない指摘項目の紹介と事例の解説
・準拠性監査では限界がある経営監査や統制環境の監査における指摘のあり方

5.まとめ:内部監査を高度化させる要点
・経営層にインパクトのある監査報告書の書き方
・改善提案のパターンごとの留意点 

視聴期間/スケジュール

以下の期間でライブ配信を行ないます。
2022/10/17 13:30 から 2022/10/17 17:00 まで

詳細

受講レベル
初~中級者向け
※受講レベルについて
チャットで質問
できます
配布資料
なし
修了証の発行
なし
提供方法
Zoom配信

講師のプロフィール

講師名
藤井範彰公認会計士事務所 公認会計士・公認内部監査人 米国公認会計士(現在inactive) 藤井範彰 氏