キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

テレワークを巡るリスクマネジメント

新型コロナウイルスの感染拡大により、テレワークを導入し、実際に運用をしている企業が増えており、今後もテレワークによる勤務は恒常的に続いていくことが想定されています。このセミナーでは、テレワークを巡るリスクマネジメントについて、①労務管理、②ハラスメント対策、③情報管理・サイバーセキュリティ―という、3つの視点から、説明をしていきます。① テレワークの導入に必要となる労働法上の対応について、就業規則の変更など対応が必要となります。② ハラスメント問題については、Web会議時に問題となるいわゆるリモハラについて、パワーハラスメント、セクシャルハラスメント、プライバシー侵害に分けて、説明します。③ 情報管理に関するリスクについては、サイバーセキュリティに関する注意事項を中心に説明します。さらに、テレワーク中でも出社する必要が生じてしまうという押印の問題についても、電子署名法の観点から説明をしていきます。
初~中級者向け
13,200 (税込)
2時間2分 詳細へ
終了予定なし
pcMG8sqL

イベント概要

テレワークを巡るリスクマネジメント

カリキュラム/プログラム

第1 テレワークの導入
1 テレワーク導入の要否
2 労務管理上必要となる対応
(1) 労働条件の明示
(2) 労働時間制度の適用と留意点
(3) 休憩時間の取扱い、時間外・休日労働の労働時間管理
(4) 長時間労働対策
(5) 通信費、情報通信機器等の費用負担
(6) 従業員の私物PC、携帯端末等の利用を許可する場合(BYOD)
(7) 労働安全衛生法上の適用
(8) 労働災害への対応
3 テレワーク導入以外の対応手段
第2 テレワークとハラスメント
1 パワーハラスメント
2 セクシャルハラスメント
3 プライバシー侵害
第3 テレワークと情報管理、サイバーセキュリティ―
1 経営者、システム管理者、勤務者の役割
2 想定される脅威の内容
3 テレワーク実施者が注意すべき事項
4 テレワーク環境に関する注意
第4 テレワークと契約締結:電子契約・電子署名

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 15日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2020/09/03 00:00 提供開始、視聴開始から 21日間 まで

詳細

受講レベル
初~中級者向け
※受講レベルについて
チャットで質問
できません
配布資料
  • 企業研究会様セミナー 「テレワークを巡るリスクマネジメント」 .pdf
修了証の発行
なし
収録日
2020/08/28

講師のプロフィール

講師名
光和総合法律事務所
弁護士
渡邊 涼介 氏