キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
2022/11/07(月) 13:00 ON AIR

海外子会社におけるリスクマネジメントへの具体的実践策

海外子会社における違法・不正行為のリスクは「機密情報・個人情報の漏えい」「現地子会社における差別的取扱い」「現地公務員との癒着・贈賄」「現地同業者とのカルテル行為」など多岐にわたっており、海外子会社ひいては日本の親会社の利益を守るためには、適用される法規制の要点を押さえたうえでケースに応じた実践的なアプローチを適切に行うことが重要となります。本セミナーでは、グループ・ガバナンスの強化に関する近時の動向を踏まえ、リスクベース・アプローチの考え方を活かして海外子会社管理を維持・向上させ、グループ・ガバナンスを強化するための実践策を、法務面・労務面から豊富な事例を交えて分かりやすく解説致します。
質問OK 初~中級者向け
38,500 (税込)
4時間0分 詳細へ
2022/11/08 00:00 まで
iv4bkxgc

イベント概要

-

カリキュラム/プログラム

1.海外子会社管理の重要性を再確認
(1)現在海外で問題となっている法務リスク   
(2)違法・不正行為のインパクト

2.海外子会社管理の基本となる考え方
(1)子会社管理と親会社の責任~内部統制体制構築義務~
 ①子会社を含む内部統制システムの構築
 ②グループ内部統制の考え方
  ・「内部統制システムを整備すること」の意味
  ・「整備」の水準―子会社ごとに一律、均一か
  ・コーポレートガバナンス・コードなどの改正
(2)海外子会社管理のための実践的アプローチ
 ①「リスクベース・アプローチ」の考え方
 ②「リスクベース・アプローチ」の実践方法

3.海外子会社管理で問題となる法務リスク(具体的事例をもとに)
(1)営業秘密・個人情報の管理
 ①営業秘密の漏えい・持出し等の法務リスク 
 ②個人情報に関わるグローバル規制の強化
 ③情報管理上の法務リスクへの対策のポイント
(2)労務問題(その法務リスク)
 ①日・米・英での法務リスクの相違 
 ②「日本と異なる」法務リスクへの対策のポイント
(3)贈収賄・腐敗行為防止法
 ①主要国(米・英・中・日)の規制法の概要
 ②贈収賄リスク(商業賄賂を含む)への対策のポイント
(4)競争法上の規制 ― 国際カルテル
 ①国際カルテル規制の概要      
 ②国際カルテル規制の違反リスクへの対策のポイント

4.海外子会社管理の維持・向上のための方策
(1)海外の法律・規制をどう学ぶか
(2)グループ・ガバナンスの強化のために
 ①まずは海外子会社管理の実態を把握   
 ②「3線ディフェンス」の理解と意識浸透
 ③グローバル共通指針・規程の策定 
 ④教育・研修 
 ⑤内部通報制度   
 ⑥内部監査・セルフチェック
 ⑦監査役などの役割と留意点
  ・監査権限の適切な行使
  ・コロナ禍における監査権限の行使
(3)企業買収時の対応・留意点       
(4)「想定外」の事態への対処方法

5.おわりに 

視聴期間/スケジュール

以下の期間でライブ配信を行ないます。
2022/11/07 13:00 から 2022/11/07 17:00 まで

詳細

受講レベル
初~中級者向け
※受講レベルについて
チャットで質問
できます
配布資料
なし
修了証の発行
なし
提供方法
Zoom配信

講師のプロフィール

講師名
山下総合法律事務所 弁護士 ニューヨーク州弁護士 山下聖志 氏