キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる

外国為替入門

質問OK すべての方向け
35,100 (税込)
販売終了
3時間0分 詳細へ
終了
pcpFSLf1

イベント概要

 外国為替レートの動きは輸出入に伴う資金の受払だけではなく、外貨での借入、運用にも大きな影響を与えます。外国為替とはどのようなものなのか?どのように価格は決まるのか?市場の参加者の目的はなんなのか?等疑問は尽きません。特に為替変動に伴うリスクはビジネスに重大な影響を与えます。そのようなリスクをどのように把握し、管理したらよいのか?解決策を得るのは容易ではありません。外国為替レートの動きの予測と取引は、金融市場の中で最も難しいといっても過言ではありません。そのため普段から様々な疑問が生じます。本セミナーでは、このような疑問に答えるために幅広い話題を提供しています。

カリキュラム/プログラム

1.外国為替市場入門:インターバンク市場、市場参加者、多様性の影響など
2.為替レートの変動と為替リスク:短期・長期の特性の違い
3.為替市場:直物、先物/先渡し、為替スワップ、通貨スワップ、外為証拠金取引等
4.為替ヘッジ目的の金融商品:ベーシススワップ、クロス・カレンシースワップ、為替予約、為替スワップ
5.為替リスク回避の様々な方法:取引条件、資産負債の管理、輸出入のバランス
          
■本セミナーに参加して修得できること
外国為替取引の基本を学ぶことができます。普段からの疑問を質問し理解することができます。市場参加者の取引目的、利用方法が理解できます。クレジット市場と為替市場のつながりを理解できます。為替変動のリスクについて理解できます。一般に用いられる為替市場、為替商品の解説に使われる図やチャートが理解できるようになります。ヘッジに関してはフルヘッジを前提に説明をしていきます。

■受講対象者
業務経験が無い、これから担当する、疑問を持ちながら業務をこなしている等、外国為替について学びたい人であればどなたでも参加可能です。

参考文献:
入門外国為替のしくみ(日本実業出版社)
エクセルで外国為替入門
https://qiita.com/innovation1005/items/abb5c95a7bf5ab663332

関連セミナー
為替ヘッジ入門(EXCEL編)
為替ヘッジ:為替・クレジット市場の連動とヘッジ費用(EXCEL編)【2/25予定】
https://www.kinyu.co.jp/seminar_detail/?sc=k200340
為替ヘッジシミュレーション入門(EXCEL編)
ビジネスに必要な為替レートの予測(Excel編)【2/14予定】
https://www.kinyu.co.jp/seminar_detail/?sc=k200281

視聴期間/スケジュール

以下の期間でライブ配信と見逃し配信がスケジュールされています。
ライブ配信 : 2020/01/23 12:30 に終了
見逃し配信 : 2020/01/30 00:00 から2020/02/06 23:59 まで

詳細

受講対象者の職種/職位
業務経験が無い、これから担当する、疑問を持ちながら業務をこなしている等、外国為替について学びたい人であればどなたでも参加可能です。
受講レベル
すべての方向け
※受講レベルについて
受講における必須条件
【ご注意】
・本講座は、1ID 1名様の視聴となります。複数人でのご視聴はできません。
・録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。
受講についての補足
<オンライン受講>

■お手持ちのパソコン・スマートフォン等から「簡単受講」
■見逃し受講サービス付き(7日間)
■「講座テキスト」もPDFでご提供いたします。

■お申込みの前にインターネット環境をお確かめください。
ページ上部の「ご利用ガイド」で、テスト視聴ができます。
チャットで質問
できます(一部)
配布資料
  • 仮資料_当日までに本番用資料に差し替えます.pdf
修了証の発行
あり

講師のプロフィール

講師名
Quasars22 Private Limited(Singapore) Director,MBA,MBA,MSc, 中央大学商学研究科兼任講師 中央大学企業研究所客員研究員
森谷博之(もりやひろゆき)氏
経歴
Quasars22 Private Limited(Singapore),Director,MBA,MBA,MSc,中央大学商学研究科兼任講師、中央大学企業研究所客員研究員。主な論文に「金融市場の安定、多重性の増加、取引戦略の役割」企業研究第30号(2016年3月)、「シンガポールの金融ビジネスの可能性とそれを支えるシステム」企業研究第29号(2015年8月)がある。主な訳書に「シュワッガーのテクニカル分析」(1999、パンローリング)、「物理学者ウォール街を往く」(2005、東洋経済新報社)。