セミナー事務局 お休みのお知らせ
2018年11月20日(火)は、電話回線工事及びサーバメンテナンスのため、セミナー事務局はお休みをいたします。
セミナーのお申込やお問合せは、24時間受け付けておりますが、事務局からの返事・回答等は、21日(水)以降に順次お返しいたします。
お電話はつながりにくくなっておりますので、あらかじめご了承ください。
ご迷惑をおかけいたしますが、お願い申し上げます。

トヨタの電動車普及への取り組み ~次世代電動車開発状況、新たな課題、開発の方向性~

1時間18分 視聴期限: 1日
提供期間: 終了
32,400 (税込)
ivTbEbHE

本セミナーは、2018年6月21日(木)15:00~16:30 会場:東京コンファレンスセンター・品川で開催されたセミナーを特別に期間限定で配信いたしております。

<公開期間> 2018年6月29日~7月27日まで

<受講方法> お手持ちのパソコンまたは、スマートフォンでWeb受講できます。

<受講期間> 受講開始から24時間

<注意>   1ID 1名様の受講となります。くれぐれも複数人での受講はお断りしております。

 

<セミナー概要>

 いまだ姿を現さないトヨタのEV。ハイブリッドで培った電動化技術と、全固体電池という強みを生かして、どのようなEVを目指すのか。そして、EV用電池の生産というフロンティアにどう挑むのか。6月21日のセミナーにトヨタ自動車 パワートレーンカンパニー 安部静生 常務理事が登壇します。

<セミナー内容>

自動車は電動化・知能化・情報化等、100年に一度の変革の時代を迎えている。その中で、トヨタは電動車の普及を促進するために、HVをPHEV・FCV・EVの様な次世代電動車開発に必要な全ての要素技術を含む「コア技術」として開発・展開してきた。そして、2017年にはHV累計1,100万台を達成するまでに至ったが、2050年を視野に入れるとPHEV・EV等の本来の電動車導入が急がれる。

今回の講演では、HVの展開の歴史とその技術を応用した次世代電動車開発の状況、新たな課題に対する取り組みについて紹介する。

 

1. 自動車を取り巻く環境

2. トヨタの車両電動化技術

3. トヨタの電動車両開発:電動化技術の展開・応用

4. 車両電動化の課題と開発の方向性

 

 

★セミナー申込前にインターネット環境をお確かめください。
 セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。
 以下のサンプル動画が閲覧できるか、事前にご確認の上お申し込みください。

■テスト視聴サイト

 https://deliveru.jp/pretest5/


 ID livetest55
 PW livetest55