量子ドット&マイクロLED 新技術のデバイスメーカー・部材メーカーへのインパクト ~SID2017 トピックス~

視聴期限: 3時間
提供期間: 05/07 12:00 -

ここでしか見られない専門情報をお届け!

5,400 (税込)
ivNnX6jd
ログインして購入

購入するにはログインが必要です。

ほしい物リストに追加 比較リストに追加

うかいやすひろのJudge Technology
「量子ドット&マイクロLED 新技術のデバイスメーカー・部材メーカーへのインパクト ~SID2017 トピックス~」
(2017/9/14開催)

(1)量子ドット(QD)の現状と展望
  ①量子ドットとは
  ②QDのTFT-LCDへの応用(広色再現範囲化)
  ③カラーフィルターの代替
  ④フォトルミネッセンスからエレクトロルミネッサンスへ
  ⑤実用化動向
(2)マイクロLEDの現状と展望
  ①マイクロLEDとは
  ②マイクロLEDの強みと弱み
  ③応用分野
  ④作製方法
  ⑤実用化動向

講師:矢野経済研究所 客員研究員 鵜飼 育弘氏
(元・ホシデン、ソニー等で長年ディスプレイの開発を手掛ける)

*************

※本商品は株式会社ファシオが提供するイベント配信プラットフォーム「Deliveru(デリバル)」で販売を行っております。
Deliveruからの購入方法、決済方法、その他、操作などに関するお問い合わせは以下のファシオ社 セミナー事務局で受付を行っておりますので、直接ご連絡ください。

<お問い合わせ>
株式会社ファシオ セミナー事務局 Deliveru担当
TEL:03-6304-0550
MAIL:bcs-info@vita-facio.jp
営業時間:平日10:00~17:00