キーワード
動画種別


チャットで質問


開催日/収録日






日から 日まで
受講レベル






配布資料


カテゴリー
閉じる
講師:福崎 剛志 氏 日比谷タックス&ロー弁護士法人 代表弁護士

最新の税務判例から考える事業承継対策のポイント

20,000 (税込)
販売終了
1時間60分 詳細へ
終了
ivG4fIQb

イベント概要

※2020年9月15日に収録しました。

講師:福崎 剛志 氏 日比谷タックス&ロー弁護士法人 代表弁護士

~ 法務・税務・ファイナンス・不動産の4つの視点からの判断 ~

 中小企業の事業承継対策として、持株会社や不動産を活用した対策を実施されている企業も多いと思います。そのような中、東京地方裁判所は、令和元年8月27日、時価と相続税評価額が大きく乖離する不動産を活用した相続税対策を税務当局が評価通達6項により否認した事案について税務当局の判断を是認する判決を出しています。この判決は持株会社を活用した事業承継対策についても適用され得る判断であり、今後の事業承継対策を安定的に進めるためにはこれらの税務判例のポイントを理解することが重要となります。 そこで今回は、上記東京地裁の判決例を含めた最新の税務重要判例を紹介した上で、今後の事業承継の留意点について解説いたします。

 

<講座内容>

税務判例から考える事業承継対策【実践編】

1. 持株会社を使った事業承継対策

 (1) 持株会社体制への移行の手続選択と留意点

 (2) 持株会社での不動産の活用時の留意点

2. 新事業承継税制を使った事業承継対策

 (1) 新事業承継税制の活用の意義

 (2) 新事業承継税制のスケジュール管理のポイント・留意点

3. 安定的な事業承継対策のポイント

 

視聴期間/スケジュール

この商品は購入後 5日 以内に視聴を開始してください。
以下の期間でアーカイブ配信を行ないます。
2020/11/01 00:00 提供開始、視聴開始から 7日間 まで

詳細

チャットで質問
できません
配布資料
  • 200915_1730テキスト.pdf
修了証の発行
なし

講師のプロフィール

講師名
日比谷タックス&ロー弁護士法人
代表弁護士
福崎 剛志 氏